介護福祉士実務者研修

☛ 介護職員初任者研修はこちら

介護福祉士実務者研修とは

 「介護福祉士実務者研修」では、より質の高い介護サービスを提供するために、実践的な知識と技術の習得を目的としています。
 介護職員として働くうえで必要な介護過程の展開や介護計画書作成等について学ぶことができ、介護の専門家として生涯働き続けるためのスキルを磨くことができます。
 介護系資格や介護経験は必要ありません。未経験の方から、介護福祉士受験を控える方まで幅広い層が受講対象となる資格です。

 2013年度から旧ホームヘルパー2級は「介護職員初任者研修」へ移行し、介護職員基礎研修及びホームヘルパー1級は「実務者研修」へ一本化され、新しいキャリアパスでは2016年度(2017年1月)の介護福祉士国家試験から、受験資格として実務経験3年に加えて、実務者研修の修了が義務づけられました。


介護人材のキャリアパス




介護福祉士実務者研修の特徴

1.【介護福祉士国家試験】の受験には、実務者研修が必須です

 2016年度の「介護福祉士国家試験」から受験資格として、実務経験3年以上に加え『実務者研修』の修了が必須となりました。


2.サービス提供責任者になれる

 指定(介護予防)訪問介護事業所で必ず配置される「サービス提供責任者」になるためには、実務者研修の修了か介護福祉士の資格が必要となります。
 2013年4月より「ホームヘルパー2級を修了し3年以上の実務経験を得ることでサービス提供責任者と認められた方」は、訪問介護事業所に配置しても介護報酬(介護事務所の売上)から10%も減額されてしまうため、実務者研修の修了者は現場からも求められています。


☛ サービス提供責任者とは

 ケアマネージャーや介護職員との連絡・調整など、業務全般に携わります。主に、ケアマネージャーの作成したケアプランに従い、より具体的な訪問介護サービスの計画書を作成するほか、介護職員の指導・育成といった訪問介護サービスに伴う管理業務を担います。


3.たん吸引と経管栄養が学べる

 原則として医師や看護師以外には認められていなかったたん吸引や経管栄養の基礎知識を学ぶことができます。




まとめ

 介護福祉士実務者研修は、介護職員初任者研修の内容を網羅しつつ、より実務に則した知識と技術を身に付けるための上位資格です。基本的な介護の知識や技術、介護を行う上での考え方の他に、医療行為などのより専門的な事柄についても習得します。修了後は介護福祉施設や、民間の介護サービス事業所などで業務に携わります。仕事の内容は介護職員初任者研修と似ていますが、学習内容から実務者研修はより上級の資格としてみなされます。

 介護職員をはじめ、現場の医療職や他の職種との連携を進めていくうえで、介護現場に欠かせない人材として注目されています。




開講教室

詳細は各開催教室の要綱をご確認ください。


関東地区

   東京都 池袋校
   埼玉県 大宮校