HOME > 講座一覧 > コンクリート主任技士/コンクリート技士 TOP > コンクリート技士試験のポイント

コンクリート主任技士/コンクリート技士

コンクリート技士試験のポイント

出題について

  • 現在、多数の方々が資格を取得され、コンクリートの製造、施工等の第一線において活躍し、各方面から高い評価を得ておられます。また、コンクリート技士、主任技士の資格を取得されますと、コンクリート診断士試験受験の際には、コンクリートの基礎知識に関する試験が免除されます。近年コンクリート技士受験者数は1万人前後で推移しており、うち、合格者数は毎年おおよそ2700人~2800人程度です。合格率は30%前後。
    出題傾向については、本試験の目的がコンクリートの基礎知識を試すものであることから、毎年内容に大差はありません。

  • 選考基準

    選考の基準は、技士および主任技士ともに、土木学会コンクリート標準示方書(ただし、構造性能照査編および耐震性能照査編が除く)および日本建築学会建築工事標準仕様書JASS5(鉄筋コンクリート工事)の本文についての知識の理解力が求められると共に、コンクリート標準示方書並びに建築工事標準仕様書以外からも、例えば、JISに規定されている試験についての実施能力と結果の判定能力、コンクリート構造物に関する基礎的な知識と理解力、配合修正の必要性とその修正方法等が出題されます。

  • 合格基準点

    公表されていないので、具体的な数字は出ませんが、これまでの受験生による聞き取り調査では、70点以上ではないかと推測されます。また、70点以上得点していた場合でも、不合格になるケースもあるようです。
    技士試験の場合は、四肢択一問題と○×問題の2種類があり、両方で7割以上の得点ができていないと難しいでしょう。
    さらに、○×問題は間違った解答をした場合に減点されてしまうため、細心の注意をはらって答える必要があります。

  • 具体的な出題傾向について

    ◎=毎年出題 ○=ほぼ毎年出題

    出題項目 平均出題数 出題頻度
    コンクリート用材料    
    セメント 1~2問
    骨材 3~4問
    混和材料 3~4問
    1問
    鋼材 1~2問
    コンクリートの性質    
    フレッシュコンクリート 3~5問
    硬化コンクリート 5~6問
    コンクリートの耐久性 5問
    配(調)合設計    
    基本事項 3問
    計算問題 1~2問
    製造    
    コンクリートの製造 1~2問
    レディーミクストコンクリートの製造 2~3問
    品質管理および検査 1~2問
    コンクリートの施工 7~8問
    特殊な施工を要するコンクリートの施工 各項目から満遍なく出題。複合問題として出題される。
    コンクリート製品 1問
    コンクリート構造の設計 3問

  • 学習の進め方

    毎年の出題の傾向から、出題頻度の高い箇所を中心に(点数を稼ぎやすいため)学習を進めてください。
    各項目について単独で問われる問題は少なく、総合問題として各項目のそれぞれの理解度が試されるため、まず一通りテキストを通読することが何よりも大切です。
    奇をてらう問題はなく、あくまでも基本に忠実に確実に得点していく学習の仕方が望ましいです。

    当校の映像教材で大まかに各項目の概要と、キーワードをつかみ、その後テキストで、同項目が書かれている範囲を読み込んだ上で、演習問題、確認テスト、問題集に取り組むとより効果的です。

無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

無料資料請求

日建学院コールセンター 0120-241-229

法定講習・継続学習

  • 資格者証取得・更新予定の皆様へ 監理技術者講習
  • 技術者教育に取り組む皆様へ CPDS認定 土木施工監理継続学習講座

日建学院情報

  • 日本全国祝賀会 合格者ムービー

ページTOP▲