HOME > 講座一覧 > 土地家屋調査士 TOP > 資格・試験ガイド

土地家屋調査士

試験日程、受験案内、過去試験データ

試験情報

実施要項 2017年度試験

受験申請書等の用紙の交付 2017年5月1日(金)~2017年6月9日(金)各法務局及び地方法務局において交付
受験申請受付期間 2017年5月29日(月)~2017年6月9日(金)
  • ※土曜日及び日曜日を除く
  • ※午前8時30分から正午まで、午後1時から午後5時15分まで
  • ※郵送(書留郵便)は6月9日消印まで有効
受験手数料 8,300円
筆記試験 2017年8月20日(日)
筆記試験の結果発表 2017年11月8日(水)午後4時
口述試験 2017年11月16日(木)
最終合格者の発表

2017年12月8日(金)午後4時

※2018年1月5日(金)官報において最終合格者の受験番号及び氏名を公告

受験資格

年齢、性別、学歴などに関係なく誰でも受験することができます。

【筆記試験一部免除者】筆記試験のうち、測量の試験が免除されます。
1.測量士、測量士補、一級建築士、二級建築士となる資格を有する方
2.測量の試験について筆記試験に合格した者と同等以上の知識及び技能を有するものとして法務大臣が認定した方(筆記試験合格者を除く。「認定者」という)。
3.前々回以前の筆記試験合格者
【筆記試験免除申請者】
2015年度の土地家屋調査士試験の筆記試験合格者については、免除申請により今年度の土地家屋調査士試験の筆記試験が免除されます。

受験地

筆記試験は法務局または地方法務局が指定した場所。
口述試験は管区法務局ごとにそれぞれが指定した場所。

試験時間

【筆記試験 午前の部】

集合:午前9時
試験時間:午前9時30分から11時30分まで

【筆記試験 午後の部】

集合:午後0時30分
試験時間:午後1時00分から午後3時30分まで

【口述試験】

口述試験受験票に記載されます。

試験内容

【筆記試験】3:午前の部、1・2・4:午後の部

不動産の表示に関する登記につき必要と認められる事項であって次に掲げるもの

  1. 民法に関する知識
  2. 登記の申請手続及び審査請求の手続に関する知識
  3. 土地及び家屋の調査及び測量に関する知識及び技能であって次に掲げる事項
    ア.平面測量 イ.作図
  4. その他土地家屋調査士法第3条第1項第1号から第6号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力
【口述試験】

筆記試験に合格した者につき、上記の2、4に掲げる事項について行う。

試験形式

午前の部(測量の試験)、午後の部(表示に関する登記の試験)ともに試験は多肢択一式と記述式により実施。測量の試験・表示に関する登記の試験とも、多肢択一式問題又は記述式問題の各成績のいずれかがそれぞれ一定の基準に達しない場合には、それだけで不合格となります。

試験実施機関

法務省

試験データ

年度 受験者数 合格者数 合格率
2016年度 最終結果 4,506人 402人 8.92%
2015年度 最終結果 4,568人 403人 8.82%
2014年度 最終結果 4,617人 407人 8.81%
2013年度 最終結果 4,700人 412人 8.76%
2012年度 最終結果 4,986人 418人 8.38%
無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

無料資料請求

日建学院コールセンター 0120-241-229

プレゼント

  • 土地家屋調査士プレゼント

日建学院情報

  • 平成22年度1級建築士設計製図試験 合格占有率 50.1% No.1
  • 日本全国祝賀会 合格者ムービー

購入

  • Webマート
  • 日建の建築士本

ページTOP▲