HOME > 講座一覧 > 管工事施工管理技士 TOP > 2級管工事施工管理技士 試験情報

管工事施工管理技士

2級管工事施工管理技士 試験情報

平成29年度 2級管工事施工管理技士 試験情報

実施要項

平成29年度試験
学科・実地 学科のみ 実地のみ
試験日 平成29年11月19日(日)
申込書配布開始 平成29年4月17日(月)~
受験申込書受付 平成29年5月8日(月)~5月22日(月)
合格発表 平成30年2月23日(金)
受験手数料 8,500円 4,250円 4,250円

受験資格

学歴
学歴または資格 実務経験年数
指定学科 指定学科以外
大学卒業後 1年以上 1年6ヶ月以上
短期大学または
高等専門学校卒業後
2年以上 3年以上
高等学校卒業後 3年以上 4年6ヶ月以上
その他(最終学歴を問わず) 8年以上

※学科試験のみ及び実地試験のみの受験資格についての詳細は、下記よりご確認ください。
財団法人 全国建設研修センター 管工事試験課

■職業能力開発促進法第44条による技能検定合格者
  • ※一級の配管または二級の配管に合格した方
  • ※管工事施工に関して4年以上の実務経験を有する方
■実務経験

実務経験年数とは、管工事の施工に関する技術上の職務経験を合計した年数をいいます。

■指定学科

土木工学、都市工学、衛生工学、電気工学、機械工学又は建築学に関する学科をいいます。

※詳細は平成26年度「受験の手引」を参照してください。

受験地

札幌、青森、仙台、東京、新潟、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇の13地区

試験時間

学科試験 10:30~12:40
実地試験 13:40~15:40

試験内容

●学科試験

一般基礎、電気・建築、空調設備・衛生設備、建築設備一般、施工管理、法規

●実地試験

経験記述、施工全般・法規・工程

※詳細はこちらから

試験形式

●学科試験

四肢択一方式で、出題合計数52問、必要解答数40問です。

●実地試験

すべて記述式で、記述式問題(5問中3問選択[必須1問・選択2問])、経験記述(必須1問)からなっています。

試験実施機関

〒187-8540 東京都小平市喜平町2-1-2 
TEL:042-300-6855
一般財団法人 全国建設研修センター

試験データ

年度 種別 受験者数 合格者数 合格率 学科のみ
合格者数
28年度 学科 12,886人 8,528人 66.2% 3,805人
実地 13,775人 6,136人 44.5% -
27年度 学科 12,291人 7,120人 57.9% 2,790人
実地 14,108人 6,474人 45.9% -
26年度 学科 11,951人 7,151人 59.8% 3,598人
実地 12,724人 4,633人 36.4% -
25年度 学科 11,735人 5,884人 50.1% 2,289人
実地 12,680人 4,804人 37.9% -
24年度 学科 11,659人 5,909人 50.7% 2,468人
実地 12,504人 4,645人 37.1% -
23年度 学科 11,240人 5,318人 47.3% 2,332人
実地 12,278人 3,972人 32.4% -

ページTOP▲

無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

無料資料請求

日建学院コールセンター 0120-241-229

プレゼント

  • 1級・2級管工事施工管理技士実地試験解答試案

    自己採点の目安にぜひご活用ください。

お役立ちコンテンツ

  • 過去問にチャレンジ

    過去問に挑戦! Web上で自動採点ができます。

法定講習・継続学習

  • 資格者証取得・更新予定の皆様へ 監理技術者講習
  • 技術者教育に取り組む皆様へ CPDS認定 土木施工監理継続学習講座

日建学院情報

  • 日本全国祝賀会 合格者ムービー

ページTOP▲