HOME > 講座一覧 > 管工事施工管理技士 TOP > 資格・試験ガイド

管工事施工管理技士

資格・試験ガイド

管工事施工管理技士について

管工事施工管理技士とは、冷暖房設備工事、下水道配管工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事など、建設工事のなかでも大きな比重を占める配管設備工事全般を取り扱う専門家です。そうした工事において施工計画を作成したり、自ら現場で作業したり、安全管理をするのが仕事です。

1級管工事施工管理技士は、建設業法に定められた管工事業の許可に際して営業所ごとに置かなければならない専任の技術者並びに工事現場ごとに置かなければならない主任技術者及び監理技術者となることが認められています。

2級管工事施工管理技士は、建設業法に定められた一般建設業の許可を受けている建設業者の営業所における「専任技術者」及び工事現場における「主任技術者」となることが認められています。

将来性・メリット

一般住宅やビルの管工事では、給排水管や各種ダクトなど、その内部を通る物質の性質を把握したうえで適切な施工計画や監督を行える有資格者は欠かせません。また、一定予算額以上の工事を請け負う場合は1級の有資格者を配置する必要があり、入札に際しても、会社に所属する有資格者の人数が大きく影響します。こうした理由などから、管工事会社をはじめとする建設業での評価は高くなっています。

無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

無料資料請求

日建学院コールセンター 0120-241-229

プレゼント

  • 1級・2級管工事施工管理技士実地試験解答試案

    自己採点の目安にぜひご活用ください。

お役立ちコンテンツ

  • 過去問にチャレンジ

    過去問に挑戦! Web上で自動採点ができます。

法定講習・継続学習

  • 資格者証取得・更新予定の皆様へ 監理技術者講習
  • 技術者教育に取り組む皆様へ CPDS認定 土木施工監理継続学習講座

日建学院情報

  • 日本全国祝賀会 合格者ムービー

ページTOP▲