会社概要

沿革

1969

1969年
株式会社建築資料研究社設立

1970

1970年
原図資料集発売
1972年
  • 出版部新設。雑誌「庭」・「積算ポケット手帳」を創刊
  • コンピューターによる建築構造計算システムを開発
1973年
カセットによる建築士養成講座発売
1974年
工匠辞典(さしがね編)発売
1975年
雑誌「住宅建築」、基本建築基準法関係法令集(オレンジ本)創刊
1976年
日建学院開設 東京校(1・2級建築士学科・設計コース)
1977年
日建学院 映像講座制作の為、本社内にスタジオ・編集室設置
1978年
宅地建物取引主任者・土地家屋調査士講座開講
1979年
「日建新聞」創刊

1980

1980年
  • 日建学院50校目開校
  • 建築関連ソフト開発部署として「システム開発部」発足
1981年
コンピューターによる見積りソフト完成・販売
1982年
建築専門学校「東京日建工科専門学校」開校
1983年
シリーズ書籍「建築設計資料」創刊
1985年
  • 1・2級建築施工管理技士講座開講
  • 日建CADシステム完成・発売
1986年
第2日建短期集中講座(1・2級土木、1・2級造園、2級管工事、測量士補)募集開始
1988年
造園CADシステム完成・発売
1989年
  • カナダ・バンクーバー市にカナダB.C.州政府認定専門学校
  • サテライト「工務店チャンネル」衛星放送開始
  • 日建学院100校目開校

1990

1990年
土木コンピューターシステム完成・発売
1991年
インテリア雑誌「コンフォルト」創刊
1992年
エリート(2年制)コース開講
日建学院130校目開校
1995年
  • (社)全国建設業協会と提携し(株)建設産業振興センター設立に参加
  • 通信衛星によるテレビ講座2級経理事務士講座開講
1996年
  • 短期集中講座1級管工事施工管理技士開講
  • 通信衛星によるテレビ講座1級土木施工管理技士講座開講
  • ニッケンイタリアデザイン科(IED)創設
1998年
2級福祉住環境コーディネーター講座開講
1999年
  • 給水装置工事主任者講座開講
  • ファイナンシャルプランナー(AFP)講座開講

2000

2001年
  • コンピュータースクール開講
  • マンション管理士講座開講
  • 管理業務主任者講座開講
2002年
  • 1-2級エクステリアプランナー講座開講
  • 1級福祉住環境コーディネーター講座開講
  • 短期集中講座1-2級舗装施工管理技術者開講
  • Webオンライン学習システム 「ニッケンbbスクール」 スタート
  • 「日建ウッドシステムズ」設立、健康住宅「ウッドハウスの会」 運営
2004年
  • 実施協力機関として「監理技術者テレビ講習」を開講
  • 現役学生向け2級建築士講座開講
  • 確認申請講座開講
  • 技術士補講座開講
2005年
  • 登録講習機関として許可を受け「宅建登録講習」を開講
  • コンクリート主任技士講座開講
  • コンクリート技士講座開講
  • 1級電気工事施工管理技士講座開講
  • 第二種電気工事士講座開講
2006年
  • 国土交通大臣の登録をうけた実施機関として「宅建実務講習」を開講
  • 実施協力機関として「マンション管理士法定講習」を開講
  • 1・2級建築士、宅建、個別指導システムスタート
2007年
  • 実務講座建築構造計算講座開講
  • 建築設備士学科講座開講
  • 建築構造士講座開講
  • 宅建通信講座開講
  • 環境社会検定試験eco検定講座開講
2008年
日建学院教室内「個別ブース」学習スタイルスタート
2009年
  • (社)全国土木施工管理技士会連合会の継続学習制度(CPDS)認定講習を開始
  • 建築士や土木講座を扱う日建学院認定校を展開
2010年
  • 厚生労働省雇用対策緊急人材育成支援事業による「基金訓練」建築・不動産・パソコン・簿記養成講座を開始
  • 不動産・パソコン・簿記養成講座を開始
2011年
  • 個別講座を扱う日建学院公認スクールを全国500校で展開
  • 求職者支援訓練、都道府県委託訓練を全国で展開
2012年
スマートフォン・タブレットでも講義視聴が可能となる配信システムを構築
2013年
経済産業大臣の指定を受け、第一種電気工事士定期講習を開始
2014年
8月に創立45周年となる