VEC お申込み

《ビジュアルライセンス学院 VEC会員規約》

  • 第1条(会員規約)
    1. この規約は、株式会社建築資料研究社/日建学院(以下「VEC本部」といいます。)がビジュアルライセンス学院としてインターネットを通じて提供する映像による学習講座のビデオオンデマンドサービス(以下「本サービス」といいます。)を、会員が利用する際の一切に適用します。
  • 第2条(契約の申込)
    1. 1. 本サービスの利用を希望する者は、VEC本部所定の方法により、契約の申込みを行うものとします。
    2. 2. 契約の申込みをした者(以下「会員」といいます。)は、申込みを行った時点で、この規約を承諾したものとみなします。
  • 第3条(契約の成立)
    1. VEC本部は、契約の申込みに対し、視聴料の入金確認を経た後にこれを承諾します。VEC本部が会員に対しこの承諾の通知を行った時点で、本契約が成立するものとします。
  • 第4条(IDの発行等)
    1. 1.VEC本部は、会員契約が成立した後、10日間程度で本サービスを利用するためのID・パスワードを発行します。
    2. 2.1つのID・パスワ-ドで視聴できる講座は1つとなります。
    3. 3.会員は、視聴する講座を変更する場合には、VEC本部所定の講座変更の申し出を行い、VEC本部はその申し出から3日以内に講座を変更します。
  • 第5条(譲渡禁止等)
    1. 会員は、本契約に基づいて本サービスの提供を受ける権利を、第三者(家族等を含みます。以下同じ。)に譲渡、売買、名義変更、その他の担保に供するなどの行為はできないものとします。
  • 第6条(変更の届出)
    1. 1. 会員は、住所、氏名、メールアドレスあるいはクレジットカードの番号もしくは有効期限、その他の届出内容に変更があった場合には、速やかにVEC本部所定の方法(書面の提出、オンライン上の送信)で変更の届出をするものとします。
    2. 2. 前項の届出がなかったことで会員が不利益を被ったとしても、VEC本部は一切責任を負いません。
  • 第7条(契約の期間)
    1. 本契約の有効期間は、契約成立日より1ヶ月間とし、次条に定める方法による会員からの事前の通知がない限り、1カ月間自動的に更新され、以降も同様となります。
  • 第8条(解約)
    1. 1会員は、本契約を解約する場合は、所定の方法(書面の提出、オンライン上の送信等)にてVEC本部に届け出ることで本契約を解約できます。なお、VEC本部は、既に受領した対価の払い戻し等は一切行いません。
  • 第9条(利用環境の整備)
    1. 会員は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア等を自己の費用と責任において準備し、本サービスが利用可能な状態にするものとします。また、自己の費用と責任で、インターネットに接続するものとします。
  • 第10条(個人認証情報の管理)
    1. 1. 会員は、自己のID・パスワード等(以下「個人認証情報」という。)を失念した場合は直ちにVEC本部に申し出るものとし、VEC本部の指示に従うものとします。
    2. 2. 会員は、自己の個人認証情報および個人認証を条件とする本サービスを利用する権利を、第三者に使用させず、第三者と共有あるいは第三者に許諾してはならないものとします。
    3. 3. 会員は、自己の個人認証情報の不正利用の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を持つものとします。VEC本部は、会員の個人認証情報が第三者に利用または変更されたことによって当該会員が被った損害については、会員の故意過失の有無にかかわらず一切責任を負いません。
  • 第11条(自己責任の原則)
    1. 1. 会員は、本サービスの利用とその結果について一切の責任を負います。
    2. 2. 会員は、自己の本サービスの利用及びこれに伴う行為に関して、問合せ、クレーム等が通知された場合及び紛争が発生した場合は、自己の責任と費用をもってこれらを処理解決するものとします。
  • 第12条(著作権の保護)
    1. 会員は、VEC本部が承諾した場合を除き、本サービスを利用して入手したVEC本部または他の著作権者が著作権を有するいかなるデータ、情報、文章、発言、ソフトウェア、画像、音声等(以下、併せて「データ等」といいます。)も、著作権法で認められた私的使用の範囲内でのみ利用するものとします。
  • 第13条(本サービス内容等の変更)
    1. 1. VEC本部は、会員への事前の通知なくして本サービスの内容、名称または仕様を変更することがあります。
    2. 2. VEC本部は、前項の変更に関し一切責任を負いません。
  • 第14条(提携サービス)
    1. 1. 会員は、本サービスを経由して、提携サービスを利用することができます。提携サービスの利用に係る契約は会員と提携先の間で成立するものとします。
    2. 2. 会員は、提携サービスの提供主体は、VEC本部ではなく提携先であることを認識し、提携先が定める当該提携サービスの利用条件を遵守する他、提携先から指示を受けた場合は、これを遵守するものとします。なお、会員が当該利用条件または提携先の指示に従わなかった場合は本規約に違反したものとみなします。
    3. 3. VEC本部は、提携サービスの利用により発生した損害(第三者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます。)、及び提携サービスを利用できなかったことにより発生した損害に関し、一切責任を負いません。
    4. 4. VEC本部が、提携先からの委託を受け、提携サービスの利用料金の徴収を行う場合は、会員はVEC本部に対して、当該利用料金を支払うものとします。
  • 第15条(利用料金)
    1. 本サービスの利用料金、算定方法等は、VEC本部が別途定めるとおりとします。
  • 第16条(決済方法)
    1. 会員は、利用料金を、VEC本部が承認した以下のいずれかの方法で支払うものとします。なお、特定のサービスによっては決済手段が限定される場合があります。また、VEC本部が決済方法を指定した場合または変更を求めた場合、会員はこれに応じるものとします。
    2. (1) クレジットカードによる支払い
      VEC本部が承認したクレジットカード会社の発行するクレジットカードにより、クレジットカード会社の規約に基づき支払う方法。
    3. (2) 立替代行業者による支払い
      VEC本部の指定する立替代行業者との立替払契約に基づき支払う方法
    4. (3) 預貯金口座振替
      会員が指定する金融機関の預貯金口座からの引き落としにより支払う方法
    5. (5) 請求書による支払い
      VEC本部が発行する請求書に基づき、金融機関またはコンビニエンスストアにおいて支払う方法
    6. (6) その他VEC本部が定める方法による支払い
  • 第17条(決済)
    1. 1. クレジットカードまたは立替代行業者による利用料金の支払いは、当該クレジットカード会社の規約または立替払契約で定められた支払条件に従うものとします。
    2. 2. 預貯金口座振替による利用料金の支払いは、収納代行会社が定める期日(当日が金融機関の休業日の場合は翌営業日)に会員指定の口座から引き落されることにより行なわれるものとします。
    3. 3. 会員は、利用料金の支払いに伴い手数料が発生する場合、これを負担するものとします。
    4. 4. 会員は、利用料金の支払いを行う場合は、前条各号の決済方法の関係先(クレジットカード会社、立替代行業者、金融機関等。以下、併せて「決済関係先」といいます。)が定める利用条件を遵守するものとします。
    5. 5. 会員は、利用料金の支払いを巡って決済関係先との間で紛争が発生した場合、自己の責任で当該紛争を解決するものとし、VEC本部は一切責任を負いません。
  • 第18条(利用制限)
    1. 1. VEC本部は、会員が以下のいずれかに該当する場合は、当該会員の承諾を得ることなく、当該会員の本サービスの利用を制限することがあります。
    2. (1) 利用状況、VEC本部に寄せられた苦情等から、当該会員の個人認証情報が第三者に無断で利用されたと推測される場合。
      (2) 電話、FAX、電子メール等による連絡がとれない場合。
      (3) 会員宛てに発送した郵便物がVEC本部に返送された場合。
      (4) 上記各号の他、VEC本部が緊急性が高いと認めた場合。
  • 第19条(一時的な中断)
    1. 1. VEC本部は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、会員に事前に通知することなく、一時的に本サービスの全部または一部の提供を中断することがあります。
    2. (1) 本サービス用設備等の保守を定期的にまたは緊急に行う場合。
      (2) 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合。
      (3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合。
      (4) 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合。
      (5) その他、運用上または技術上VEC本部が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合。
    3. 2. VEC本部は、前項各号のいずれか、またはその他の事由により本サービスの全部または一部の提供に遅延または中断が発生しても、これに起因する会員または第三者が被った損害に関し、一切責任を負いません。
  • 第20条(本サービス提供の終了)
    1. 1. VEC本部はオンライン上に事前通知をした上で、本サービスの一部または全部の提供を終了することがあります。
    2. 2. VEC本部が本サービスの提供を終了する際、前項の手続きを経ることで、終了に伴う責任を免れるものとします。
  • 第21条(規約違反等への対処)
    1. 1. VEC本部は、会員が本規約に違反した場合もしくはそのおそれのある場合、あるいは会員による本サービスの利用に関してVEC本部にクレーム・請求等が寄せられ、かつVEC本部が必要と認めた場合、またはその他の理由でVEC本部が必要と判断した場合は、当該会員に対し、以下のいずれかまたはこれらを組み合わせた措置を講ずることがあります。
    2. (1) 本規約に違反する行為またはそのおそれのある行為を止めること、及び同様の行為を繰り返さないことの指導。
      (2) ID・パスワードの使用の一時停止、または強制退会処分(本契約の解約を意味し、以下同様とします。)。
    3. 2. 会員は、前項の措置がVEC本部により事前に通知なく行われる場合があることを承諾します。
  • 第22条(VEC本部からの解約)
    1. 1. 前条(会員規約違反等への対処)第1項の他、会員が以下のいずれかに該当する場合は、VEC本部は当該会員に事前に何等の通知または催告することなく、ID・パスワードの使用を一時停止し、または強制退会処分をすることができるものとします。
    2. (1) 利用料金その他の債務の履行を遅滞し、または支払いを拒否した場合。
      (2) クレジットカード会社、立替代行業者等により会員の指定したクレジットカードや支払口座の利用が停止させられた場合、または決済関係先との間で紛争が生じた場合。
      (3) 会員に対する破産の申立があった場合、または会員が成年後見開始の審判を受けた場合。
      (4) VEC本部から前条(会員規約違反等への対処)第1項のいずれかの要求を受けたにもかかわらず、要求に応じない場合。
      (5) その他VEC本部が会員として不適当と判断した場合。
  • 第23条(返金)
    1. VEC本部は、契約の解約、本サービスの停止、強制退会の場合でも既に会員から受領した対価を返金しません。
  • 第24条(個人情報)
    1. VEC本部では、会員の個人情報を大切に取り扱うことが何よりも重要な責務であると考えております。 そのために、VEC本部では個人情報について管理責任者を設置し、厳重かつ大切に保管するとともに、個人情報保護方針を制定し、グループ各社を含めその徹底に努めます。その内容は以下の通りです。
    2. 1. 利用目的
      ・VEC本部では会員の個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
      ① 契約の履行(商品・サービスの提供等)
      ② VEC本部及びグループ各社が取り扱う商品・サービスに関するご案内
      ③ VEC本部及びグループ各社が開催(主催・共催・協賛・後援)するセミナー・展示会等に関するご案内
      ④ 会員からのお問合せ、またはご依頼等への対応
      ⑤ 顧客満足度等のアンケートの依頼
      ⑥ 業務上の連絡
      ⑦ その他、会員に事前にお知らせし、ご同意いただいた目的
      *グループ各社とはVEC本部が資本関係を有する会社をいいます。
      2.個人情報の正確性と安全性の確保
      VEC本部は、個人情報を利用目的の達成に必要な範囲内で正確かつ最新の内容に保ち、安全管理のために必要かつ適切な措置を講じるように配慮して厳重に管理します。また、業務の一部または全部を外部に委託する場合は、守秘義務契約を締結するとともに、適切な管理、監督をします。
      3. 個人情報の第三者への提供禁止について
      VEC本部は、以下の場合を除き、個人情報をいかなる第三者にも提供しません。
      ① 上記1.に記載した利用目的達成のため、サービスの案内や会員の募集、サービスの決済業務、サービスの提供業務などを委託する場合
      ② 会員本人の同意がある場合
      ③ 個人情報保護法第16条第3項に基づく場合
      4. 未成年者の個人情報の取り扱いについて
      16歳未満の未成年者の個人情報については、必ず保護者の方の同意の下に提供していただきますようお願いします。
      5. 個人情報の開示・訂正・利用停止等の申出について
      ① 個人情報に関し、会員から開示を求められたときには、法令に基づきその求めに応じます。なお、開示をする際には、所定の手数料を申し受けます。
      ② 個人情報の内容に事実と反する記載があり、その内容の訂正、追加または削除(以下この条において「訂正等」という)を求められた場合には、その目的の達成に必要な範囲内において、必要な調査を行い、その結果に基づき、当該個人情報の内容の訂正等を行います。
      ③ 個人情報に関し、開示、訂正、利用停止等のご要望については、下記のお問合せ窓口にご連絡下さい。請求者がご本人様であることを確認の上必要な手続きについてご案内いたします。なお個人情報に関するその他のお問い合わせについても下記窓口をご利用下さい。
      株式会社建築資料研究社/日建学院
      〒171-0014 東京都豊島区池袋2-50-1
      電話番号:03-3980-3209
  • 第25条(合意管轄裁判所)
    1. 会員とVEC本部との間で発生した紛争については、訴額に応じ、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  • 第26条(準拠法)
    1. この会員規約に関する準拠法は、日本法とします。
    2. 【クーリング・オフについて】
      1.お客様は、訪問販売または電話勧誘販売によりVEC会員にお申込をされた場合、会員契約書を交付した日を含む8日間は、書面により無条件で会員契約のお申込の撤回、または会員契約の解除を行うことができます(これを「クーリング・オフ」といいます)。
      2.クーリング・オフの効力は、お客様が会員契約書を受領後8日間以内に、会員契約のお申込の撤回または会員契約の解除をする旨の書面を発信した時(郵便消印日付)に生じます。
      3.クーリング・オフされた場合の取扱いは以下のとおりです。
      (1) お客様は違約金、損害賠償を支払う必要はありません。
      (2) 講義を既に視聴されている場合でも、既に視聴済の対価を支払う必要はありません。
      また、既にお渡しした教材等がある場合、その返還に要する費用もVEC本部が負担いたします。
      (3) 既に対価の全部または一部を支払われている場合には、全額返金いたします。
      (4) 返金に関する全ての費用(銀行振込手数料)はVEC本部が負担いたします。
      4.会員契約の解除に関する事項につきVEC本部が不実のことを告げる行為をしたことにより、告げられた内容が事実であるとの誤認をし、または威迫したことにより困惑した為に、お客様がクーリング・オフ期間を経過するまでにお申込の撤回を行わなかった場合には、VEC本部が受講契約の撤回等を行うことができる旨を記載して交付した書面を受領した日から起算して8日間を経過するまでは書面によりクーリング・オフすることができます。

個人情報保護について

このサイトでは、運営主体である(株)建築資料研究社の実在性を証明するとともに、お客様のプライバシー保護のため、デジタルIDを導入し、「個人情報入力ページ等」においてSSL暗号化通信(https://www.~)を実現しています。

ページTOP

日建学院グループ