2級建築士解答速報2017

1級建築士 TOP

採点結果をメールでお知らせ WEB採点サービス 終了しました

WEB採点サービスは、
2017年7月28日(金)
18時をもって終了致しました。

学科本試験 検証

検証動画

2017年 1級建築士学科「本試験検証」第1弾 どこよりも早く鈴木先生が本試験を斬る!

公開中

総評

各科目とも過去に出題された内容であっても、表現や論点を少し変えて技術者としての判断力を問うような出題が昨年同様、顕著であった。

計画においては、発展的な問題が例年以上に出題された。
環境・設備では、昨年同様、古い建築士試験における図の問題が復活してきた。
法規においては、建築基準法で改正に関する出題や新法である建築物省エネ法からの出題があり、難しく感じた受験者が多かったと思われる。
構造力学においては、ほぼ全ての問題が過去のリニューアル問題であり、難しくなかった。
施工は、新規の選択枝が例年以上に出題されたため、選択枝の正誤の判断がつけられる学習の質と量が求められた内容といえる。

難易度は科目ごとでは差があるものの、昨年よりもやや難しいレベルと予想される。

各科目の難易度

計画

特徴的な内容としては、「医療・福祉等の用語:NO.16」、「図書館の実例:NO.17」で、初めて出題された事項を複数含まれ難易度が高い。
実例、都市理論に関する実例の問題も相変わらず多く、建築史も含めると7問も出題された。
また、今年も新規の用語が多数出題され、全体的な難易度としては、やや難しいと思われる。

環境・設備

建築環境工学10問、建築設備10問の出題であった。
特徴的な内容としては、以前建築士の試験ではよく出題されていた問題が久しぶりに出題されたことが挙げられる。
また、新規の用語も随所に見られたが、過去問題からの出題も多く、難易度としては例年よりやや難しい程度と思われる。

法規

問題構成は、建築基準法20問、関係法令10問の出題で例年と同じだが、建築士法が単独問題で3問、融合問題で1問、職業倫理での出題も含めると合計5問の出題で、例年同様に関係法令では、最も重要な分野である。
昨年6月に施行された改正建築基準法から、定期報告制度(法12条)、昨年4月に新たに施行された「建築物省エネ法」からの出題や昨年に引き続き、平成27年施行の改正法令から特殊建築物の防火規定や建築士法の書面による契約締結の義務化など近年の法改正の知識を問われる出題が多かった。
難易度は、建築基準法は例年より易しく、関係法令は例年並みの問題であった。

構造

問題構成は昨年とほぼ同じである。構造力学は過去問ベースの問題が出題され、比較的容易に正解を導き出せたと思われる。
また、一般構造においては、RC造・S造・基礎構造を中心に、新規問題として比較的実務的な内容が多く、悩まされる問題が多かったが、解答枝については難しくなく導き出せたと思われる。
最後に建築材料においては、構造力学同様過去問題ベースで、易しかった。
したがって、全体として、難易度は低く、易しかったと思われる。

施工

例年に比べ新規問題、発展的な問題が多かった。
3枝以上新規枝を含む問題が多数あり、過去、類似の設問枝が正解枝となっている問題について、確実に得点できないと合格基準点をクリアできないというレベルで、例年より、若干難しいと思われる。

徹底検証ガイダンス

平成29年 本試験内容をいち早くチェック!

どこよりも早く今年の試験問題を日建学院が分析します。映像講義を使ってよりわかりやすく!より理解しやすい講義になっています。何がポイントだったか?何を知っておけばよかったか?など、受験された皆様の問題解消には最適です。是非最寄りの日建学院(直営校)へお越し下さい。

詳しい開催日程や、お申込みについては最寄りの日建学院(直営校)へお問い合わせください。
≫全国学校案内(直営校)はコチラ ≫全国学校案内(直営校)はコチラ

日時 2017年8月9日(水)より開催。詳しい日程は、最寄りの日建学院(直営校)へお問い合わせください。
場所 日建学院各校(直営校)
※公認スクール及び認定校では実施しておりません。
参加費 無料

ページTOP▲

設計製図課題対策

「1級建築士 設計製図 「設計資料集」参考課題 特別価格販売!」



1級建築士設計製図 課題対策説明会

本年の課題から想定される設計上の「注意事項・攻略法」をご紹介

予告編より全国の日建学院各校で開催される「課題対策説明会」では本年の課題から想定される設計上の注意事項・攻略法を紹介致します。ぜひ製図試験対策にご活用ください。

詳しい開催日程や、お申込みについては最寄りの日建学院(直営校)へお問い合わせください。
≫全国学校案内(直営校)はコチラ ≫全国学校案内(直営校)はコチラ

日時 2017年7月24日(月)より開催。詳しい日程は、最寄りの日建学院(直営校)へお問い合わせください。
場所 日建学院各校(直営校)
※公認スクール及び認定校では実施しておりません。
参加費 無料

内容

課題について
  • ・今年の課題テーマにおける施設概要は?
  • ・どのような所要室が想定されるか?
  • ・計画における注意すべきポイントは?
  • ・課題は、どのような形式で出題されるのか?
法規チェック
  • ・形態制限の考え方
  • ・バリアフリー法 等
  • ・避難規定と防火関係規定
プランニング
  • ・設計条件の考え方
  • ・アプローチ計画~ゾーニング計画
  • ・動線計画
  • ・グリッド計画
合格判定基準
  • ・近年の採点ポイント
  • ・採点区分について

参加者全員プレゼント

  • 1級早期対策課題(1)課題文

    本試験課題に即して考えられた上記「早期対策課題」です。日建学院の長年のノウハウを駆使した対策課題です。

  • 1級早期対策課題(1)答案例

    早期対策課題(1)の問題に即した答案例。作図練習やエスキス練習には最適の練習課題です。

  • 答案用紙

    参考答案例を本試験と同様の形式の答案用紙でまずは練習してみましょう。

  • 記述問題答案用紙

    記述問題に対応するための練習用紙。

1級建築士設計製図 受験準備講座

図面に不慣れな方でも、試験図面の知識と書き方を完全マスター

一般の方にも公開!! 驚きの[日建式スピードアップ製図法]
これを知ったら、みるみるうちに作図スピードが上がっていく!

詳しい開催日程や、お申込みについては最寄りの日建学院(直営校)へお問い合わせください。
≫全国学校案内(直営校)はコチラ ≫全国学校案内(直営校)はコチラ

日時 2017年7月30日(日)より開催。詳しい日程は、最寄りの日建学院へお問い合わせください。
場所 日建学院各校(直営校)
※公認スクール及び認定校では実施しておりません。
参加費 無料

内容

1. 3時間以内作図完成法

設計製図の合格には、エスキス力と作図力が必要になります。作図手順をしっかりおさえて3時間以内に書く事をマスターしましょう。

2. 受験準備講義『法規編』

採光や防火区画など、法的にチェックしておかなければならない項目がたくさんあります。この講義を受けて法的漏れがないようにしましょう。

3. エスキスの進め方

課題の読み取り、グリッドの想定及び決定等、早期対策課題2を用いて、エスキス手順をしっかり学べます。

参加者全員プレゼント

早期対策課題(2)を配布

2色刷りの読み取りポイントがついた「早期対策課題(2)」! エスキスのポイントやセオリーが満載の課題です。

  • おススメ書籍

    平成29年 1級建築士 設計製図試験
    課題対策集

    • 「計画の要点」対策も万全!
    • 厳選「4課題」付き
      ※原寸大答案例と答案用紙(A2)4枚
      ※3課題は、本書オリジナルの課題
    • 購入者特典!
      申込者全員に未収録「早期対策課題2」とエスキス手順解説「DVD&動画視聴URL』を進呈
      DVDでは、本誌収録課題とは別の1課題を解説

  • 合格アイテムプレゼント

    応募者全員に、「1級建築士設計製図早期対策課題1」(課題文・答案用紙・答案例「図面」・答案例「記述」)4点セットをプレゼント!

    申込み

ページTOP▲

ページTOP▲