HOME >日建学院 講座受講申込規定

日建学院 講座受講申込規定

 この規程は、日建学院(株式会社建築資料研究社、以下「本学院」といいます)が開講している通学、通信およびインターネット上での講座の受講について定めるものです。日建学院の講座にお申し込みの方は、この規程の内容と条件にご同意の上、お申し込み下さい。

第1条(受講契約の成立等)

受講契約の成立時期については以下のとおりといたします。

1 お客様が本学院所定の受講申込書に署名の上、申し込みを行い、本学院がこれを受諾した時に、受講申込書記
  載の講座の受講契約が成立するものといたします。ただし、通信およびインターネット上で開講する講座にお
  いて、インターネット上で申し込みをされた場合には本学院がお客様からの入金を確認した上で入金確認メー
  ルを送信した時、または教材等を発送した時のいずれか早い時に受講契約が成立するものといたします。

2 前項にかかわらず、受講料のお支払いにクレジットをご利用になる場合は、利用審査によりクレジット契約が
  有効に成立した時に受講契約が成立するものといたします。

3 資格試験の受験にあたり受験資格がある場合は、ご自身の責任において受験資格をご確認の上お申し込み下さ
  い。後日、受験資格が無いことが判明した場合でも、受講契約は成立したものとし、本学院は一切の責任を負
  いません。

4 資格試験の受験にあたり受験申し込みをする場合は、ご自身の責任においてお申し込み下さい。受験申し込み
  をご自身で行わなかった場合でも、受講契約は成立したものとし、本学院は一切の責任を負いません。

第2条(解約、返金、クーリング・オフ)

 講座受講契約後における解約・返金についてのお取扱いは下記のとおりといたします。

1 講座開始前の解約・返金について
講座開始前であれば、理由の如何を問わずお客様からのお申し出により解約を受付け、受講料を返金いたします。(通信講座の場合は、本学院から教材を発送する前)
(1)お支払い済みの受講料の全額を返金いたしますが、事務手数料として1万円を申し受けます。
(2)お受取りになった教材類は、返金時までに全てご返却下さい。
なお、紛失等により返却いただけない場合には、1冊1万円を申し受けます。

2 講座開始後の解約・返金について
 講座開始後、(通信講座の場合は、本学院から教材を発送した後)講座受講を継続することができない合理的な理由が発生した場合は、「解約申請書」(学校事務局にございます。)をご提出下さい。その際は、当該事由が客観的に確認できる資料をご提出いただく場合もございます。
(1)解約申請書類提出時の講座受講を継続することができない合理的な理由の例について
   本人の死亡、重大な心身の疾病、妊娠・出産、勤務先の倒産、長期に渡る  海外転勤・海外留学、遠隔地
   への転勤、ご家族の介護等により著しく環境が変わった場合等。ただし、この事由以外での解約を制限する
   ものではありません。
(2)インターネット上での講座(Web講座)については、講座の配信開始後の解約・返金はできませんのでご
   注意下さい。なお通学講座とWeb講座のセット契約については、通学講座の解約時点でWeb講座閲覧権
   限も消滅いたします。

3 講座開始後の返金額
(1)お支払済みの受講料より以下の金額を控除し返金いたします。
  ①全受講料を提供回数で按分した額に提供済回数を乗じた額、または全受講料を提供期間の日数で按分した額
  に提供済期間の日数を乗じた額のうち、多い方の額(以下、提供済受講料と呼ぶ)
  ②お支払済みの受講料から提供済受講料を減じた金額の20%に相当する金額(上限5万円)。
  ③事務手数料1万円(税込)
(2)講座の提供済回数または提供済期間の日数を算定する最終日は「解約申請書」提出日(本学院の受領日)と
   します。郵送の場合は「解約申請書」を発信した時(郵便消印日付)を最終日とします。

4 クーリング・オフ
クーリング・オフについては、後述(赤文字囲い表示)のとおりといたします。

第3条(著作権等)

1 本学院が提供する教材、講義、インターネット上で提供する情報の知的財産権(特許権、実用新案権、意匠
  権、商標権、著作権等)は全て本学院に帰属します。これらを無断で受講契約の目的外で使用、複製、録画
  、録音ダウンロード、譲渡をすることは固く禁じます。

2 講座の受講に必要なID・パスワードを第三者に開示し譲渡あるいは貸与することはできません。(本学院
  へのお問い合わせの際にID・パスワードの開示をお願いする場合があります)

3 お客様が前2項に違反した場合、本学院はお客様に対し本学院が被った損害のすべての賠償を請求するとと
  もに、刑事告訴を行うことがあります。

第4条(個人情報保護)

 個人情報保護方針については、後述(赤枠囲い表示)のとおりとします。


第5条(不可抗力)

 地震、火災、その他の天変地異等により教室が利用できず講座を開講できない場合、通信機器や回線の障害または本学院のコンピュータの障害、メンテナンス等により講義を一時的に停止または中止されることがあります。その場合でも利用できなかったことにより被った損害等について本学院は責任を負いかねます。


第6条(合意管轄)

 受講契約に関する一切の紛争については、訴額に応じ東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


第7条(その他)

1 本規程に定めのないものについては、本学院ホームページ、各種パンフレット、その他本学院が定める諸規定
  によるものとします。
2 受講校を変更する場合は、手数料3千円(税込)が掛かります。
3 本規程は、予告なく内容を変更することがあります。
4 本規程は、2015年10月1日をもって発効します。

※第7条の諸規程について
(講義出席及びテスト受験〉
1 講義の出席及び成績(テスト得点)は、学院管理システムにより適正に管理します。
2 登校及び下校の時刻は所定の方法でご自身の責任において登録して下さい。講義時間表に記載された講義開始
  時刻から講義終了時刻までが受講時間となります。講義開始時刻後の登校は遅刻、講義終了時刻前の下校は早
  退といたします。なお、遅刻及び早退は3回で1回の講義欠席といたします。
3 テストは、解答用紙による解答提出となります。マークシート等の提出がない場合は、テスト及び見直し学習
  は未実施扱いといたします。



個人情報保護方針


個人情報保護方針

 株式会社建築資料研究社/日建学院(以下「当社」といいます)では、お客様の個人情報を大切に取り扱うことが何よりも重要な責務であると考えております。そのために、当社では個人情報について管理責任者を設置し、厳重かつ大切に保管するとともに、個人情報保護方針を制定し、グループ各社を含めその徹底に努めてまいります。その内容は以下の通りです。

【1.利用目的】
 当社ではお客様の個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
  ①契約の履行(商品・サービスの提供等)
  ②当社及びグループ各社が取り扱う商品・サービスに関するご案内
  ③当社及びグループ各社が開催(主催・共催・協賛・後援)するセミナー・展示会等に関するご案内
  ④お客様からのお問合わせ、またはご依頼等への対応
  ⑤顧客満足度等のアンケートの依頼
  ⑥業務上の連絡
  ⑦その他、お客様に事前にお知らせし、ご同意いただいた目的

  ※グループ各社とは、(株)KSK、(株)日建学院、(株)ニッケン・キャリア・ステーション、日建ウッ
   ドシステムズ(株)、(株)中部建築資料研究社、(株)セイブコーポレーションをさします。

【2.個人情報の正確性と安全性の確保】
 当社は、個人情報を利用目的の達成に必要な範囲内で正確かつ最新の内容に保ち、安全管理のために必要かつ適切な措置を講じるように配慮して厳重に管理いたします。また、業務の一部または全部を外部に委託する場合は、守秘義務契約を締結するとともに、適切な管理、監督をいたします。

【3.個人情報の第三者への提供禁止について】
 当社は、上記2.に記載した外部に委託する場合及び以下の場合を除き、個人情報をいかなる第三者にも提供いたしません。
  ①上記1.に記載した利用目的達成のため、当社が業務を委託した認定校や公認スクールなどに提供する場合
  ②お客様の同意がある場合
  ③個人情報保護法16条第3項に基づく場合

【4.未成年者の個人情報の取り扱いについて】
 16歳未満の未成年者の個人情報については、必ず保護者の方の同意の下に提供していただきますようお願いいたします。

【5.個人情報の開示・訂正・利用停止等の申出について】
 ①個人情報に関し、ご本人様から開示を求められたときには、法令に基づきその求めに応じます。なお、開示を
  する際には、所定の手数料を申し受けます。
 ②個人情報の内容に事実と反する記載があり、その内容の訂正、追加または削除(以下この条において「訂正等
  」という)を求められた場合には、その目的の達成に必要な範囲内において、必要な調査を行い、その結果に
  基づき、当該個人情報の内容の訂正等を行います。
 ③個人情報に関し、開示、訂正、利用停止等のご要望については、この用紙表面に記載のお問合せ窓口にご連絡
  下さい。請求者がご本人様であることを確認の上必要な手続きについてご案内いたします。なお、個人情報に
  関するその他のお問い合わせについても同窓口をご利用ください。



クーリング・オフについて


クーリング・オフについて

1 お客様が訪問販売、または電話勧誘販売により本学院の講座にお申し込みをした場合、受講申込書の記載日を
  含む8日間は、書面により無条件に受講契約のお申し込みの撤回、または受講契約の解除を行うことができま
  す(これを「クーリング・オフ」といいます)。
  ※ Web上でのお申し込みの場合は適用除外となります。

2 クーリング・オフの効力は、お客様が受講契約書を受領後8日以内に、受講契約のお申し込みの撤回または受
  講契約の解除をする旨の書面を発信した時(郵便消印日付)に生じます。

3 クーリング・オフがなされた場合のお取扱いは以下のとおりです。
 (1)お客様は違約金、損害賠償を支払う必要はありません。
 (2)講義を既に受講されている場合でも、既受講分の対価を支払う必要はありません。また既にお渡しした教
    材等がある場合、その返還に要する費用も本学院が負担いたします。
 (3)既に受講料の全部または一部を支払っている場合には、全額返金いたします。
 (4)返金に関する全ての費用(銀行振込手数料等)は本学院が負担いたします。

4 受講契約の撤回に関する事項につき本学院が不実のことを告げる行為をしたことにより、告げられた内容が事
  実であるとの誤認をし、または威迫したことにより困惑したために、お客様がクーリング・オフ期間を経過す
  るまでにお申し込みの撤回を行わなかった場合には、本学院が経済産業省令で定めるところにより、受講契約
  の撤回等を行うことができる旨を記載して交付した書面を受領した日から起算して8日を経過するまでは書面
  によりクーリング・オフすることができます。

無料資料請求

日建学院コールセンター 0120-241-229

解答速報

  • 解答速報

合格実績

  • 平成22年度1級建築士設計製図試験 合格占有率 50.1% No.1

法定講習・継続学習

  • 建築士の皆様へ 建築士定期講習
  • 宅建事業に従事する皆様へ 宅建登録講習
  • 宅建試験に合格した皆様へ 宅建実務講習
  • 資格者証取得・更新予定の皆様へ 監理技術者講習
  • 技術者教育に取り組む皆様へ [CPDS認定]土木施工監理 継続学習講座

法人のお客様

  • 人材育成ご担当者様へ 「公認スクール」のご案内

メルマガ

  • NIKKENNEWS
  • 給水装置受験対策メールマガジン

ページTOP▲