HOME > 講座一覧 > 1級建築士 TOP > 1級建築士 資格・試験ガイド

1級建築士

1級建築士 資格・試験ガイド

1級建築士について

 建築士は、建築士法によって定められている設計から工事監理までをすべてにわたって行う専門家で、1級建築士、2級建築士、木造建築士があります。1級と2級は建物の規模と構造の差で区別されています。

 木造の建築物の場合、
1級建築士でなければならないものは、
・延べ面積が1,000m2を超え、
          かつ2階以上のもの
・高さが13mを超えるもの
・軒の高さが9mを超えるもの

1級建築士または、2級建築士でなければならないものは、
・延べ面積が300m2を超えるもの
・3階以上のもの

1級建築士・2級建築士・木造建築士でなければならないものは、
・延べ面積が100m2を超えるもの

とされています。学校や病院、百貨店などの大型建築物で延べ面積が500m2を超えるものは1級建築士でなければなりません。

 建築士の主な仕事は、建築物の設計と工事監理。その他、建築の確認申請や建築物の調査鑑定など、建築に関するさまざまな業務があります。

 建築士の多くは、建築設計事務所や建設会社に勤務しており、おもに設計業務や工事監理あるいは現場監督などの仕事に従事しています。そうした会社勤務の場合、資格手当などがつくなど収入面で優遇されています。独立して設計事務所を経営する場合は、設計報酬はだいたい総工事費の10%弱となっています。


【建設業法の一部改正について】

平成18年12月20日に公布された「建築士法等の一部を改正する法律」(法律第114号)により建設業法の一部が改正され、監理技術者資格者証及び監理技術者講習の受講(講習修了証)が必要な工事が拡大されました。

詳細はこちら

将来性とメリット

建築士は、建築関係資格の頂点に立つハイグレードなライセンス。社会的なステータスも非常に高く、職業的にも極めて安定しています。建築物の大規模化・機能設備の複雑化に伴い、活躍の場は今後もますます広がっていくと思われます。実力次第では高収入も期待できます。

また1級、2級いずれの場合も、土地家屋調査士や技能士といった他の建築関係資格を取得する際に、試験の一部免除などの優遇措置が受けられます。

平成29年 1級建築士 試験情報

実施要項

願書
配布
受付場所における
受験申込書の配布
平成29年4月7日(金)~5月15日(月)
申込
受付
インターネット受験申込 平成29年4月10日(月)午前10時~4月17日(月)午後4時
郵送による受付 平成29年4月17日(月)~5月1日(月)
受付場所における
受験申込
平成29年5月11日(木)~5月15日(月)
学科
試験
試験日 平成29年7月23日(日)
合格発表日 平成29年9月5日(火)
設計製図
試験
課題発表 平成29年7月21日(金)
試験日 平成29年10月8日(日)
合格発表 平成29年12月21日(木)
受験手数料 19,700円

「実務経歴書」及び「実務経歴証明書」の様式の変更について
平成28年試験より、受験申込書の「実務経歴書」及び「実務経歴証明書」が勤務先ごとに記入する様式に変わりました。以下の詳細内容を確認し、受験申込書の提出に向けて準備を進めて下さい。

詳細内容はこちら⇒ 公益財団法人 建築技術教育普及センター


受験資格


建築士法の改正(平成20年11月28日施行)に伴い、受験資格における「学歴要件」と「実務経験要件」が変更されました。

「学歴要件」については、従来の「所定の課程を修めて卒業」から「国土交通大臣が指定する建築に関する科目(指定科目)を修めて卒業」に変更され、学校の入学年度により、平成20年度以前入学の場合には「従来の学歴要件」が、平成21年度以降入学の場合には新しい「学歴要件」が適用されます。

「実務経験要件」については、従来の「建築に関する実務」という幅広い要件から、「建築に関する実務として国土交通省令で定めるものである設計・工事監理に必要な知識・能力を得られる実務」に限定した要件に変更され、平成20年11月27日までは「従来の要件」、平成20年11月28日からは「法改正後の要件」が適用されます。

一級建築士試験の受験資格に関する詳細は、公益財団法人 建築技術教育普及センターにて必ずご確認ください。

受験地

受験は、全国47都道府県の指定された試験会場となります。

試験時間

受験は、全国47都道府県の指定された試験会場となります。

学科試験 学科I(計画)・学科II(環境・設備) 9:45~11:45
学科III(法規) 12:55~14:40
学科IV(構造)・学科V(施工) 15:10~17:55
設計製図試験 11:00~17:30

試験内容

●学科試験
  • 学科I (建築計画、建築積算等)
  • 学科II (環境工学、建築設備(設備機器の概要を含む。)等)
  • 学科III (建築法規等)
  • 学科IV (構造力学、建築一般構造、建築材料等)
  • 学科V (建築施工等)
●設計製図試験
  1. 与えられた内容及び条件を充たす建築物を計画し、設計する知識及び技能について、設計図書の作成を求めて行う。
  2. 設計製図の課題は、あらかじめ公表する。
  3. 構造設計及び設備設計の基本的な能力について、記述、図的表現等を求めて行う。

(注)試験の内容については、中央建築士審査会の審議結果によっては、変更される場合があります。

試験形式

●学科試験
  • 学科I(計画):20問
  • 学科II(環境・設備):20問
  • 学科III(法規):30問
  • 学科IV(構造):30問
  • 学科V(施工):25問

4枝択一マークシート方式

●設計製図試験

従来の設計課題に加え、記述・図的表現などの手段により、構造設計や設備設計の基本的な能力を確認する出題を行います。

●「学科の試験」の免除

平成21年以降の「学科の試験」の合格者は、申請により、「学科の試験」に合格した一級建築士試験に引き続いて行われる次の2回(従来は1回)に限り、「学科の試験」が免除されます。したがって、平成27年及び平成28年の「学科の試験」の合格者は、申請により、 平成29年の「学科の試験」は免除されます。

試験実施機関

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-6 紀尾井町パークビル3F TEL:03-6261-3310

公益財団法人 建築技術教育普及センター

試験データ

申込受付 種別 受験者数 合格者数 合格率
28年 学科 26,096人 4,213人 16.1%
製図 8,653人 3,673人 42.4%
27年 学科 25,804人 4,806人 18.6
製図 9,308人 3,774人 40.5%
26年 学科 25,395人 4,653人 18.3%
製図 9,362人 3,793人 40.5%
25年 学科 26,801人 5,103人 19.0%
製図 9,830人 4,014人 40.8%
24年 学科 29,484人 5,361人 18.2%
製図 10,242人 4,276人 41.7%

備考

一級建築士試験は、「学科の試験」と「設計製図の試験」について行われますが、「設計製図の試験」は、「学科の試験」に合格しなければ受験することができません。
また、一級建築士試験において「学科の試験」に合格した者は、本人の申請により、翌々年まで本年の試験における「学科の試験」が免除されます。したがって、「学科の試験」からの受験と、「設計製図の試験」のみの受験があり、それぞれ受験申込み手続きが異なり、別々の受験申込書が定められていますので注意してください。

無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

無料資料請求

日建学院コールセンター 0120-241-229

お役立ちコンテンツ

  • 合格への道2014

    建築士試験合格するためのノウハウと建築士に関する試験情報を発信中!

  • 建築士一問一答

    スキマ時間活用応援ツール
    1級・2級建築士学科試験対策問題を「携帯」に「メール」配信!

キャンペーン&プレゼント

プレゼント

  • 施工管理技士 受験資格緩和 マンガ小冊子 プレゼント

    資格要件緩和に伴い、その要点をマンガでわかりやすく解説したものです。企業での国家資格取得の手引きとしてご活用ください。

ページTOP▲