HOME > 講座一覧 > 2級建築士 TOP > 2級建築士設計製図本試験課題検証

2級建築士

2014年 2級建築士設計製図試験

2級建築士本試験課題検証!!
参考答案例無料プレゼント

平成26年度 二級建築士設計製図 今年度試験の総評

【課題】
「介護が必要な親(車椅子使用者)と同居する専用住宅(木造2階建)」

■課題のテーマ■

 試験制度が改正されて4回目の試験では、初めて矩計図に変わり「部分詳細図」「仕上表」が出題されました。

 テーマとなった「介護が必要な親(車椅子使用者)」についての要求を正確に読み取り、計画を進めることが重要な課題でした。

 下記に今年度課題のポイントとなる指定とその考え方を列記しました。

■今年の試験のポイント■

【プランニング】
① 「祖母(車椅子使用者)」に配慮した屋内外の設計等がテーマ!

② 南側道路において、1階に要求された主要室である「玄関」・「居間・食事室・台所」・「祖母室」・「夫婦寝室」の配置計画やアプローチ計画がポイント!
 ● 居間・食事室・台所 ⇒ 1室又は2室にまとめてもよい。
 ● 夫婦寝室 ⇒ ベッド(計2台)及びウォークインクロゼット(4m2以上)を設ける
 ● 祖母室  ⇒ ベッド、介助スペース、専用便所及び収納を設ける
※床面積の適宜指定及び付帯設備の条件をクリアして、適切に計画できたか?

③ 玄関の計画
     ⇒ 床面積が任意設定における規模の設定をどうするか?
     ⇒ 玄関の土間部分のレベルが任意設定のなかどのように設定するか?


【玄関等における設計条件】
● 祖母の外出時には家族の介助が必要
● 玄関ポーチまでの屋外スロープの計画
● 1階における20mmを超える段差にはスロープを設ける
● 心々1,500mmx1,500mm以上のスペース確保

★玄関ポーチまでのレベル設定により、屋外スロープの長さ及び屋内スロープの有無などがポイントになってくる!
★主要な要求室の床面積が適宜であり、自由度が高まった課題の中で、設計者が独自に判断する必要がある!

 これら「設計条件」と併せて、「主要室」の付属条件などの機能・要求などの多さ、また、要求図書における「特記事項」の多さは、例年同様、問題の読解力そして計画力・作図力が必要な課題であった。

そこで

当学院では、本試験直後に「本試験課題検証」にて減点ポイントをお伝えし
個別クリニック」では無料添削にてあなたのプランをトータルチェック"いたします。


答案プラン例 No.1  答案プラン例 No.2

※答案プラン例は日建学院講師作成の参考解答例であり、試験実施機関とは一切関係がありません。

閲覧に必要な
ソフトウェア

AdobeReader答案プラン例をご覧になるためには、AdobeReaderが必要です。AdobeReadeをお持ちでない方は、右のアイコンからダウンロードしてください。

無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

無料資料請求

日建学院コールセンター 0120-241-229

お役立ちコンテンツ

  • 合格への道2014

    建築士試験合格するためのノウハウと建築士に関する試験情報を発信中!

  • 建築士一問一答

    スキマ時間活用応援ツール
    1級・2級建築士学科試験対策問題を「携帯」に「メール」配信!

キャンペーン&プレゼント

プレゼント

  • 2級建築士 設計製図対策課題 プレゼント!
  • 施工管理技士 受験資格緩和 マンガ小冊子 プレゼント

    資格要件緩和に伴い、その要点をマンガでわかりやすく解説したものです。企業での国家資格取得の手引きとしてご活用ください。

ページTOP▲