• FAQ
  • 受講生専用
  • サイトマップ

HOME > 講座一覧 > 1級建築士TOP > 合格への道 > 試験のポイント

試験のポイント

2017年 1級建築士学科 速報:試験分析

昨年の合格基準点90点!さあどうなる今年の合格基準点?

昨年の合格基準点は、計画11/20点、環境・設備11/20点、法規16/30点、構造16/30点、施工13/25点、総合90/125点で、総得点は得点率で72.0%、『合格率16.1%』という結果でした。

過去5年間の合格基準点と合格率
年度 計画(点) 法規(点) 構造(点) 施工(点) 総得点(点) 合格率
計画 環境設備
24年 11/20 11/20 16/30 16/30 13/25 94/125 18.2%
25年 11/20 11/20 16/30 16/30 13/25 92/125 19.0%
26年 11/20 11/20 16/30 16/30 13/25 90/125 18.3%
27年 11/20 10/20 16/30 16/30 13/25 92/125 18.6%
28年 11/20 11/20 16/30 16/30 13/25 90/125 16.1%

さあ今年の試験は、『概ね90点(得点率72%)程度を基本的な水準』となったのでしょうか。
採点サービスで集計した一般受験者のデータ、本試験の出題傾向、出題難易度から分析した今年の検証結果速報をお届けしましょう。

総評

出題傾向:実務に携わる上での啓蒙的な出題

各科目とも過去に出題された内容であっても、表現や論点を少し変えて技術者としての判断力を問うような出題が昨年同様、顕著であった。

計画においては、発展的な問題が例年以上に出題された。

環境・設備では、昨年同様、古い建築士試験の問題が復活してきた。

法規においては、例年と同様に、近年の法改正や新しい法律に関する出題があり、最新の法令による学習が求められた。

構造においては、解答を出すにあたり、難しくはないものの、新規問題が比較的多く、悩まされる問題が目立った。

施工は、新規の選択枝が例年以上に出題されたため、選択枝の正誤の判断がつけられる学習の質と量が求められた内容といえる。

難易度は科目ごとでは差があるものの、昨年よりもやや難しいレベルと予想される。

難易度(合格基準点)

  • ・正答率が70%以上の問題をランク〔A〕やさしい問題、
  • ・正答率が50%以上、70%未満の問題をランク〔B〕標準問題、
  • ・正答率50%未満の問題をランク〔C〕難しい問題、

として、今年の難易度を昨年結果と比較してみた。

問題の難易度の内訳
科目 問数 Aランク
(70%以上)
Bランク
(50%以上70%未満)
Cランク
(50%未満)
2016年(問) 2017年(問) 2016年(問) 2017年(問) 2016年(問) 2017年(問)
計画 20 5 9 8 7 7 4
環境・設備 20 8 4 9 9 4 7
法規 30 8 11 13 13 9 6
構造 30 10 7 11 18 9 9
施工 25 8 7 8 9 9 10
合計 125 39 37 48 56 38 32

全体では125問中、標準的なBランクの問題が昨年よりも5問増え、Cランクの問題が5問減少した。各科目の得点状況であるが、

計画は、Aランクが増え、Cランクが減少したことで、昨年より上がると思われる。

環境・設備については、Aランク問題が4問減り、Cランク問題が3問増加したことで、平均点は下がる。

法規はAランク問題が3問増加、Cランク問題が3問減少したことにより、平均点が上がる。

構造は、Bランク問題が7問増加、Cランク問題が4問減少したことにより平均点が上がる。

施工は、Aランク問題が2問減少したことで、若干、昨年より下がると思われる。

また、各科目基準点については、各科目とも基本水準どおり、過半の得点になる見込みである。

  • 計画
  • 環境・設備
  • 法規
  • 構造
  • 施工
  • 5科目合計

合格率の見込み:低合格率の予測

合格基準ラインは、90点と予想される。

各科目分析

学科Ⅰ 計画(20問)

出題分野:各論11問、建築史2問、都市計画3問、設計・工事監理2問、積算1問、マネジメント1問

難易度は全体的に例年並みで、昨年と比べて、Aランク問題で4問増、Bランク問題で1問減、Cランク問題で3問減と、やさしい問題が増え、標準的な問題、難しい問題が減るという結果となった。

都市計画・まちづくり関係の問題が3問出題され、この分野の重要性を再認識させられる問題構成であった。 建築物の設計・工事監理等に関する問題やプロジェクトマネジメントに関する問題等は、実務的な内容のものが多く、受験生が日頃から建設業界を取り巻く情勢や社会的動向等にも注意を傾けているかどうかが問われている内容であることが伺える。

一方、計画各論においては、全般的に過去問題からの出題も多く、比較的解答を見つけやすかったと思われる。今回は建築史も含め建築物や都市に関する理論や実例の問題が7問と非常に多かった上に、新規の内容も含まれており、解答を見つけるのに苦労した受験生も多かったと思われる。

出題項目と難易度ランク
NO 2017年 2016年
問題項目 難易度 問題項目 難易度
1 技術者倫理 A 技術者倫理 A
2 建築物の再生:実例 B 建築物の再生:実例 C
3 西洋建築史 B 西洋建築史 B
4 都市計画:著書 B 細部計画 B
5 周辺環境 A 周辺環境 B
6 各部寸法 A 計画一般(パッシブデザイン) B
7 各部寸法 A 各部寸法(駐車場) B
8 高齢者等に配慮した計画(屋内階段) A 各部寸法 A
9 高齢者等に配慮した計画(便所・洗面所) B 計画一般(客席・観覧席) A
10 都市計画 C 都市計画:実例 C
11 都市計画 B まちづくり C
12 住宅:実例 B 住宅:実例 C
13 住宅:実例 A 集合住宅:実例 B
14 事務所ビル B 事務所ビル C
15 災害に関連した建築物等の整備 A 公共建築(博物館・劇場) A
16 医療・福祉施設(用語) C 病院 A
17 図書館:実例 C 細部計画 B
18 工事監理 C 工事監理 B
19 積算 A 積算 B
20 プロジェクトマネジメント A プロジェクトマネジメント B
特徴的な出題
NO.1:技術者倫理等の用語に関する問題

建築士の試験としては4つとも新規の出題内容であるが、そのうちいくつかは日頃よく耳にする聞き慣れた用語である。冷静に考えれば解答を見つけるのは決して難しいことではない。

NO.15:災害に関連した建築物等の整備に関する問題

近年、我が国における自然災害の多発を受けてか、このような問題が単独で出題されたのは初めてである。日頃、新聞やニュースなどを通じて見聞きする用語についての問題なので、冷静に対処できた受験生は解答を見つけることができたのではないか。

NO.19: 積算に関する問題

積算の問題は例年文章問題であったが、昨年に引き続き、今年も図をもとにした問題として出題された。内容的には文章問題を図にしただけなので極めてやさしい問題だったが、一瞬戸惑った受験生もいたのではないかと分析している。

学科Ⅱ 環境・設備(20問)

出題分野:建築環境工学10問、建築設備10問

難易度については、昨年と比べると、Aランク問題が4問減、Bランク問題が1問増、Cランク問題が3問増であることから、やや難しくなったといえる。

昨年同様、省エネルギーや環境負荷低減等を意識した問題が散見された。これは社会環境を取り巻く情勢に対し、建築を通じ1級建築士としてどのような対応が求められているかを予見させる内容ともとれる。

例年、建築設備に関しては専門化した内容のものも出題される傾向があり、今回は空調、給排水衛生、電気それぞれに1枝くらいずつ出題されていた。

出題項目と難易度ランク
NO 2017年 2016年
問題項目 難易度 問題項目 難易度
1 環境工学融合(用語) C 環境工学融合(用語) A
2 温熱・空気環境 B 結露 A
3 換気 B 換気(計算) A
4 伝熱(図) C 伝熱 A
5 防火・防災 B 防火・防災 B
6 日射 B 日影 A
7 昼光・照明 C 昼光・照明 A
8 色彩 C 色彩 A
9 音響 B 音響 C
10 遮音・吸音 C 遮音・吸音 B
11 空調・換気設備 B 空気調和設備(冷凍機) B
12 空気調和設備 A 空気調和設備 A
13 空気調和設備 A 換気設備・排煙設備 C
14 給排水衛生設備 A 給排水設備 C
15 給排水衛生設備 C 給排水設備 A
16 電気設備 A 照明設備 C
17 照明設備 B 電気設備 B
18 防災設備 C 防災設備 B
19 エレベーター B 設備融合 C
20 環境・設備融合 B 環境・設備融合 A
特徴的な出題
No.4:伝熱に関する図の問題。

この種の問題は数年に一度の割合で出題されるが、近年の出題では断熱材など4種類程度の材料で構成された図が一般的だが、今年の問題のように2つの材料で構成された図での出題は、平成8年の出題以来であり、かなり久しぶりである。
しかし、伝熱の基本を理解している受験生にとってはやさしい問題だったのではないか。

No.5:防火・防災に関する問題。

火災時の煙制御に関して、1級建築士試験では初出題の内容が多々含まれていた。各種排煙方式の原理を理解しているとともにその違いについての知識がないと正解を見つけるのは難しかったのではないか。

No.20:環境・設備融合に関する問題。

省エネルギー基準に関する内容として今年も啓蒙的な意味で出題されたと考えられる。解答は、過去問題を理解している受験生にとっては比較的やさしかったのではないかと分析している。

学科Ⅲ 法規(30問)

出題分野:建築基準法20問、建築士法3問、都市計画法1問、消防法1問、バリアフリー法1問、職業倫理(建築士法)1問、融合問題3問(建築基準法・建築士法・都市計画法・品確法・長期優良住宅法・建設リサイクル法・建築物省エネ法・宅地造成等規制法・水道法・土砂災害防止法)

昨年と比べAランク問題が3問増えたことにより、平均点としては1点以上アップとなりそうである。
建築士法は、単独で3問、職業倫理や融合問題も含めると5問の出題があり、今年も関係法令で最も重要な分野となった。

時事的な問題としては、昨年改正された法令として、建築基準法から「定期報告制度の強化」や新法である建築物省エネ法から「省エネ性能向上計画の認定」の出題があった。
また、平成27年施行の改正建築基準法や改正建築士法からの出題もあった。

出題項目と難易度ランク
NO 2017年 2016年
問題項目 難易度 問題項目 難易度
1 用語の定義 A 用語の定義 A
2 面積・高さ・階数 A 面積・高さ・階数 B
3 手続き(確認済証の交付) B 手続き(確認済証の交付) B
4 手続き融合 A 手続き融合 C
5 一般構造 A 一般構造 C
6 防火・避難 B 防火区画等 B
7 内装制限 A 耐火建築物等 C
8 避難施設 C 防火・避難 B
9 防火・避難 A 防火・避難 B
10 建築設備 B 建築設備 B
11 構造計算 B 構造強度(申請書類) B
12 木造軸組計算 C 構造強度 C
13 構造強度 A 構造強度 A
14 道路等 B 道路等 A
15 用途制限 A 容積率 B
16 容積率・建蔽率 B 高さの制限(計算問題) B
17 高さの制限(計算問題) C 用途制限 A
18 防火・準防火地域内 B 防火・準防火地域内 A
19 地区計画等・建築協定 C 地区計画等 C
20 建築基準法融合 C 建築基準法融合 B
21 建築士法 B 建築士法 B
22 建築士法 A 建築士法 A
23 建築士法 B 建築士法 A
24 都市計画法 C 建築士法 C
25 消防法 B 都市計画法 C
26 バリアフリー法 B 消防法 B
27 関係法令融合 B 耐震改修促進法 C
28 職業倫理(建築士法) A 法規融合 C
29 関係法令融合 B 関係法令融合 B
30 法規融合 A 関係法令融合 B
特徴的な出題 (改正法令が解答枝となった主な問題)
No.8:避難施設

「2以上の直通階段」の単独問題が、10年振りに出題された。過去の解答は、用途による制限がほとんどであるため、解答枝3.の1,000m2の物販店は「2直階段が不要」と判断した受験生が多かった。しかし、令121条1項6号ロにより、用途に関係なく2階居室が500m2のものは「2直階段が必要」である。

No.12:木造軸組計算

2級建築士の定番問題である「木造の軸組計算」が初めて出題された。軸組計算に不慣れなため、床面から1.35m以下の見付面積を除かずに計算した受験生が多かった。このため、法規のなかで1番正答率の低い設問となった。

No.20:建築基準法融合

解答枝2.の「一団地認定制度の特例対象規定」が9年振りに出題された。一般の受験生には見慣れない設問だったため、超過去問である枝3.「絶対高さ制限(平成11年出題)」を誤りとした受験生が多かった。

学科Ⅳ 構造(30問)

出題分野:力学問題6問、一般構造21問、建築材料3問

問題構成は昨年とほぼ同じで、計算問題は過去問ベースの問題が出題され、比較的容易に正解を導き出せたと思われる。
次に、文章問題では、一般構造・建築材料とも、解答枝は過去問題ベースでの出題が中心であったため、全体としては例年に比べてやさしくなったといえる。

出題項目と難易度ランク
NO 2017年 2016年
問題項目 難易度 問題項目 難易度
1 組合せ応力度 A 全塑性モーメント B
2 梁の変形 B 梁の変形 A
3 静定ラーメンの応力 A 不静定ラーメン C
4 崩壊荷重 B 崩壊荷重 C
5 静定トラスの応力 B 静定トラスの応力 B
6 弾性座屈荷重 B 固有周期 C
7 地震力 B 荷重・外力融合 A
8 荷重・外力融合 C 弾性座屈荷重 B
9 木質構造(各部構造) A 木質構造(各部構造) A
10 木質構造(構造計算) A 木質構造(構造計算) B
11 RC造(ひび割れ) B RC造(各部設計) B
12 RC造(各部設計) C RC造(配筋) B
13 RC造(各部設計) B RC造(構造設計) C
14 RC造(構造設計) B RC造(耐震計算) B
15 S造(各部設計) B S造(溶接) C
16 S造(各部設計) C S造(各部設計) C
17 S造(耐震設計) B S造(各部設計) A
18 S造(各部設計) B S造(耐震設計) C
19 土質・地盤 B 基礎構造(杭基礎) B
20 基礎構造(杭基礎) C 基礎構造 A
21 基礎構造・地盤 A 土質・地盤 C
22 各種建築構造 B コンクリート系構造 C
23 各種建築構造 B 各種建築構造 A
24 RC造(構造設計) C 耐震計算 A
25 各種構造設計 B 免震・制振構造 B
26 免震構造 B 構造計画 A
27 木質材料 A 木質材料 A
28 コンクリート B コンクリート B
29 金属材料 B 鋼材 B
30 各種構造設計 A 構造計画 A
特徴的な出題 (※正答率の低かった問題について)
No.6:弾性座屈荷重に関する問題。

公式及び座屈長さの理論値を把握していれば難しくない。公式の要素より、座屈長さが長くなると、弾性座屈荷重Peは小さくなる。座屈長さの理論値は、Aが2倍、Bが1倍、Cが0.5倍となる。これを図に示された柱の長さに掛け合わせれば、座屈長さの大小関係を求めることができる。ただし、求めるのは弾性座屈荷重の大小関係なので、最後に座屈長さの不等号を逆転させるのがポイント。

No.16:鉄骨構造の柱脚の設計に関する問題。

新規問題である枝2.「根巻形式柱脚の応力」と枝4.「埋込形式柱脚の剛性」で大きく選択が別れた問題。まず、解答枝である4.の剛性の算定位置について、基礎コンクリートの上端ではなく、上端から柱幅の1.5倍下がった位置である。続いて、2.の応力については、鉄骨部及び鉄筋コンクリート部におけるせん断力の大小関係だが、正しい記述となる。

No.20:杭基礎に関する問題。

新規問題である解答枝の1.「杭の抵抗要素」と過去問題である4.「地盤の許容応力度を求める場合のN値」で大きく選択が別れた。まず、4.は過去問題である。地盤調査でのN値は最大50だが、杭基礎におけるN値の最大値は60である。平成20年以来の出題であったが、あいまいな記憶から40%を超える誤選択があった。1.について、鉛直荷重が作用する杭の抵抗要素だが、そもそも沈下を想定する杭基礎計画はなく、仮に沈下を想定したとしても、周面摩擦抵抗は、杭の沈下の増加前から杭先端抵抗とともに発揮している。

学科Ⅴ 施工(25問)

出題分野:施工業務4問、各部工事20問、請負契約1問

Aランクが2問減り、B、Cランクが増えたことで、若干、平均点は下がると思われる。

例年になく新規問題が多く、3枝以上新規枝を含む問題がNO.1、NO.17、NO.18、NO.19、NO.20、NO.21と複数あった。

正解枝が過去、類似の問題が10問程度あったので、これらの問題で取りこぼさないような学習、つまり、設問文の丸暗記ではなく、テキスト、問題集の解説、さらに表の内容を理解するような学習が求められているといえる。

出題項目と難易度ランク
NO 2017年 2016年
問題項目 難易度 問題項目 難易度
1 監理業務 B 施工計画 A
2 材料管理 C 現場管理 C
3 工事現場管理 A 材料管理 C
4 渉外諸手続き B 渉外諸手続き B
5 地盤調査・仮設工事 B 仮設工事 C
6 土工事・山留め工事 A 土工事・山留め工事 B
7 杭地業工事 B 地業工事 A
8 鉄筋工事 B 鉄筋工事 B
9 型枠工事 C 型枠工事 C
10 コンクリート工事(調合) B コンクリート工事(融合) B
11 コンクリート工事(施工) A コンクリート工事(施工) B
12 プレキャスト鉄筋コンクリート工事 B プレキャスト鉄筋コンクリート工事 B
13 鉄骨工事(接合) A 木工事(接合金物) A
14 鉄骨工事(融合) A 鉄骨工事(溶接) C
15 木工事(木造軸組工法) C 鉄骨工事(接合) C
16 防水工事 B 防水工事 A
17 左官・石張り・タイル工事 B 張り石・タイル工事 C
18 金属工事・ガラス工事 A 金属工事・ガラス工事 A
19 内外装工事 C 内外装工事 A
20 設備工事 C 設備工事 C
21 各種工事融合 C 各種工事融合 A
22 耐震改修工事 C 各種改修工事 B
23 各種改修工事 C 耐震改修工事 B
24 鉄骨工事(溶接) C 用語(検査器具) C
25 監理業務委託契約・請負契約 C 監理業務委託契約・請負契約 C
特徴的な出題

特徴のある問題、正答率較差の付いた問題。

NO.5:地盤調査・仮設工事

正解枝の「吊り足場の吊りワイヤロープの安全係数」は、超過去問(H14出題)のため、正答率較差が29.4%ついた問題。差のついた要因としては、公開模擬③で実施したことが考えられる。古い内容も取り入れた教材で学習することが必要といえる。

NO.10:コンクリート工事

細骨材率の定義(調合)に関する設問。正答率較差が28.1%と大きくついた設問であるが、論点は、「細骨材率」が質量ではなく絶対容積で求められるという基本的内容を把握できているかを問う内容。実務上も求められる内容である。

NO.16:防水工事

正答率較差が21.4%ついた問題。正解枝の「下地の形状」については、テキスト、講義で整理法を提示していたことが差を付けた要因と考えられる。

NO.25:監理業務委託契約・工事請負契約約款

監理業務委託契約に関する新規2枝を含む、最も正答率較差(43.3%)がついた問題。正解は工事請負契約に関する枝4で、過去問題であり、必勝テストで実施している。

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)