HOME > 講座一覧 > 1級建築施工管理技士TOP > 合格への道 > 試験のポイント

試験のポイント

出題傾向と学習方法

学科試験

近年の全国合格率は、約25%から60%となっており、その年度の問題の難易度により、大きく変動しています。それは、1級建築施工管理技士試験が、一定以上の得点者を合格させるという「基準点試験」である為です。したがって、基本をしっかりと理解しなければならない厳しい試験です。

午前の部(2時間20分)
分野 出題数 解答数
建築学 15問 12問(選択)
共通 5問 5問(必須)
施工(躯体工事) 13問 5問(選択)
施工(仕上工事) 12問 5問(選択)
合計 45問 27問
午後の部(2時間10分)
分野 出題数 解答数
施工管理法 25問 25問(必須)
法規 12問 8問(選択)
合計 37問 33問

実地試験

経験記述・施工・躯体・仕上げ工事・施工管理法・法規について解答はすべて記述式となります。テキスト(仕様書)的なことで答えるより自分の経験(文書表現)をいかに、第三者にアピールするかが重要です。それには、記述慣れし、誤字・脱字や誤った用法をその都度、確認していく必要があります。

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)