2級建築施工管理技士[学科試験] 採点結果をメールでお知らせ WEB採点サービス

即日WEB採点サービスは
終了しました

総評

昨年と同様に、学科試験の種別を廃止し共通の試験として実施されました。
問題数は、昨年と同様に、50問、解答数は40問。
(四肢択一式・マークシート方式)

難易度について、全体としては昨年6月試験と同程度と思われます。

【本試験日】
2019年 6月9日(日)  試験時間:10:15 ~ 12:45 (2時間30分)

学科試験

【建築学/共通/施工(躯体工事・仕上工事)】

「建築学」は選択問題ですが、やや難しい。
「共通」は全問必須問題で、難易度は昨年の6月試験と同程度。
「施工(躯体工事・仕上工事)」は選択問題ですが、選択幅が少なくなっているので、やや難しい。基本問題を中心に落ち着いて問題を選択すれば、選択解答数の範囲内で解答できたと思われます。

施工管理法/法規

「施工管理法」は必須問題、「法規」は選択問題形式ですが、基本問題を中心に落ち着いて問題を選択すれば、選択解答数の範囲内で解答できたと思われます。

種別 分野 出題数/解答数 難易度(昨年6月試験比較)
学科試験前期
建築学 14問題 (選択解答数)9問題 同程度かやや難しい
共通 3問題 必須解答数」3問題 同程度
施工 15問題 (選択解答数)12問題 問題数変更によりやや難しい
施工管理法 10問題 必須解答数」10問題 同程度かやや易しい
法規 8問題 (選択解答数)6問題 同程度
合計 50問題 解答数40問 同程度

合格発表日

2019年 7月5日(金)合格発表

正答番号について

 試験問題及び正答番号は、6月10日(月)より試験機関:(一般財団法人)建設業振興基金のホームページに掲載されます。

学科試験日(後期)/ 実地試験日

2019年11月10日(日)

試験データ

受験者数と合格率の推移

平成29年度より学科試験は年2回になりました。

前期試験 受験者数 合格者数 合格者率
平成30年度 5,993人 2,377人 39.7%

学科試験

実地試験

実地試験対策

無料! 実地試験「施工経験記述」ポイント講習会

日建学院では、実地受験対策"第一歩"として「施工経験記述」のポイントをいかに押さえ簡潔にまとめられるか! その"書き方のポイント"解説講習会を、下記内容にて開催いたします。

参加者プレゼント

ガイダンス参加者には、2級建築施工管理技士 実地試験対策資料をプレゼント!

内容

実地試験『施工経験記述』書き方のポイントを解説します。

  • 記載上の注意事項
  • 記載内容のヒント
  • 記述のポイント及び全問題の合格対策について

※映像講義(43分)

開催日時

日建学院各校で開催いたします。
全国学校案内

※一部開催しない校があります。

開催日時・開催校についてはこちらでご確認ください。
開催日程一覧(PDF:119KB)

参加費 無料
  • ・講習会の受講を希望される方は、下記のボタンよりお申込みください。

お申込み


実地試験問題・解答参考例(学科試験正答肢付)プレゼント

日建学院オリジナルの平成30年度「実地試験問題・解答参考例 (学科試験正答肢付)」をご希望の方にもれなくプレゼント。

ご希望の方全員にもれなく差し上げます!

実地試験問題・解答参考例(学科試験正答肢付)

  • ・プレゼントを希望される方は、下記のボタンよりお申込みください。

お申込み



過年度「施工経験記述」出題項目

年度 施工経験記述出題項目
30年度

あなたが担当した工手において、品質を確保するためにあなたが防ごうとした不具合とその不具合を発生させる要因、その不具合の発生を防ぐためにあなたが実際に行ったことを、工種名を上げて3つ具体的に記述

29年度

あなたが担当した工種において、工期に遅れることのないよう工程を管理するうえで、次の①から③の各項目の手配や配置をする際、あなたがどのようなことに留意したのか、留意した内容着目した理由を、工種名をあげてそれぞれ具体的に記述

  1. ① 材料(本工事材料、仮設材料)
  2. ② 工事用機械・器具・設備
  3. ③ 作業員(交通誘導警備員は除く)
28年度

あなたが担当した工種において、次の項目の中から異なる項目を3つ選び、施工にあたり事前に検討したことその結果行ったこと、何故そうしたのかその理由を、工種名をあげて具体的に記述

  • ・「施工方法又は作業方法
  • ・「資材の搬入又は荷揚げの方法」
  • ・「資材の保管又は仮置きの方法」
  • ・「作業床又は足場の設置」
  • ・「施工中又は施工後の養生の方法」(安全に関する養生は除く)
27年度

あなたが実際に担当した工種において、その工事を施工するにあたり、施工の品質低下を防止するため、特に留意したことと何故それに留意したのかその理由及びあなたが実際に行った対策を、工種名をあげて3つ具体的に記述

26年度

あなたが担当した工種において、与えられた工期内にその工事を完成させるため、工事の着手前に着目した工期を遅延させる要因とその理由、及び遅延させないために実施した内容工種名とともに3つ、それぞれ具体的に記述

25年度

あなたが担当した工種において、施工にあたり事前に検討したことを次の項目の中から3つ選び、事前に検討し実際に行ったことと何故そうしたのかその理由を、工種名をあげて、それぞれについて具体的に記述

  • ・「施工方法」
  • ・「資材の搬入又は仮置きの方法」
  • ・「資材の揚重の方法」
  • ・「作業床又は足場の設置」
  • ・「施工中又は施工後の養生の方法」(労働者の安全に関する養生を除く。)
  • ・「試験又は検査の方法と実施の時期」
  • ・「他の関連工事との調整」
日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)