HOME > 講座一覧 > 土木施工管理技士 TOP > 平成25年度1級土木施工管理技士学科試験 合格発表

土木施工管理技士

平成25年度1級土木施工管理技士学科試験 合格発表

総評

 今年度の学科試験全国合格率は,前年対比プラス5.2ポイントの60.0%と,過去10カ年で2番目に高い合格率となりました。 合格基準は必要解答数65問中39問以上の正解(正解率60%以上)と昨年同様でしたが,受験者数が32,639人と前年マイナス5,064人であったことから, 合格者数も19,568人と前年を1,106人下回る結果となりました。
なお,出題ミスのあった問題A【No.6】は,当初(4)を正答として発表しましたが(1)も正答と改め,(1)(4)のいずれも正解として採点となりました。

  受験者数 合格者数 合格率 合格基準
平成25年度 32,639人 19,568人 60.0% 39問以上/ 65問
平成24年度 37,703人 20,674人 54.8% 39問以上/ 65問
較差 ▲5,064 ▲1,106 5.2%  

学科試験問題を①過去問題②過去問アレンジ問題③新傾向問題に大別してみると, 近年は②③の出題配分が増えています。今年度の学科試験問題もこの傾向が強く出ていたといえるでしょう。

過去問題はそっくりそのままの出題はほとんどなく,過去問ベースの知識が生かせる程度に表現を変えて出題されました。 習熟度の甘いところは取りこぼしもあったのではないかと思います。

過去問アレンジ問題の選択肢には,問題A(午前:選択問題),問題B(午後:必須問題)とも新傾向の内容が多く含まれていました。 特に問題Aは2肢に絞り込むことができても,そこから正解肢を選択することが難しい問題が多く見られましたが, 反対に問題Bでは,正解肢を絞りやすい問題が多かったため得点しやすかったと思います。

新傾向問題は出題総数96問のうち25%程度でしたが,これは昨年度とほぼ同等の割合でしたので, ①②の得点力が合格率アップに寄与したものと考えられます。

実地試験は10月6日(日)です。今度はマークシート式ではなく文章を記述して解答することになりますので, 学科試験で不確実だった知識は実地試験で確実な実力として発揮できるよう早期の準備をお願いします。

実地試験対策講座のご案内

>> 1級土木施工管理技士 実地試験対策コース

約1ヶ月の短期間に実地試験の合格力を養成!
過去20年間の本試験問題を徹底分析。重要ポイントを整理し試験のツボを押さえます。

受講料 60,000円 +消費税(教材費を含む)
※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。
開講日 本講義:平成25年9月上旬より
※各校によって日程や通学日が異なりますので、詳細は日建学院各校へお問合せください。

プレゼント!~実地試験対策~

1級土木施工管理技士実地試験問題分析資料

1級土木施工管理技士実地試験問題分析資料

実地試験対策を網羅した小冊子をプレゼントいたします。
ご希望の方は「お申込みボタン」よりお申込み画面にお進みください。

お申し込み

プレゼント

 

お役立ちコンテンツ

  • 過去問にチャレンジ

    過去問に挑戦! Web上で自動採点ができます。

ページTOP▲