HOME > 講座一覧 > 土木施工管理技士 TOP > 平成26年度1級土木施工管理技士学科試験 合格発表

土木施工管理技士

平成26年度 1級土木施工管理技士学科試験 総評

総評

 学科試験は四肢択一のマークシート形式で出題され、午前の問題Aは出題61問中30問の選択解答、午後の問題Bは出題35問全問必須解答と、例年通りの出題数と解答数が求められました。前年試験と比べ、出題配分も大きな変更はありませんでした(下表参照)。

表 問題A出題配分

分野 項目 出題数 備考
H26 H25
土木一般 土工
コンクリート工
基礎工
5
6
4
5
6
4
12問を選択解答
専門土木 コンクリート構造物・鋼構造物
河川・砂防
道路
ダム・トンネル
海岸・港湾
鉄道
上下水道・地下構造物
6
6
6
4
4
3
5
6
6
6
4
4
3
5
10問を選択解答
法規 労働基準法
労働安全衛生法
建設業法
道路法
河川法
建築基準法
騒音・振動規制法
港則法
2
2
2
1
1
1
2
1
2
2
2
1
1
1
2
1
8問を選択解答
合計 61 61 30

表 問題B出題配分

分野 項目 出題数 備考
H26 H25
共通工学 機械・電気
契約・設計図書
測量
4 4 全問必須解答
施工管理 施工計画
工程管理
安全管理
品質管理
建設環境(弊社講座は施工計画に含む)
5
4
11
7
4
5
4
11
7
4
全問必須解答
合計 35 35 35

 試験全般としては昨年度と同様,過去問そのままの出題が少なく,新傾向問題と過去問のアレンジ問題が中心の内容でした。特にこの傾向が強かったのが,午前の試験開始直後に真っ先に目にする土木一般分野(No.1~No.15)です。例えば問題A【No.2】では“まさ土”“しらす”といった土の分類表現が使われていましたが,過去の1級土木の試験では,土の分類は概ね礫・砂・シルト・粘土の組合せで表現されてきましたので,普段の現場でまさ土やしらすを扱って(知って)いなければ対処困難だったといえます。他問題についても過去問アレンジ肢が出題の中心でしたので,確信をもって「これが正解」といえる解答は少なかったかもしれません。とはいえアレンジ問題は過去問ベースとなりますので,やはり過去問題の習熟度が得点差として現れるものと考えられます。
 専門土木分野(No.16~No.49)は,コンクリート構造物・鋼構造物が6題,河川・砂防が6題,道路が6題,ダム・トンネルが4題,海岸・港湾が4題,鉄道が3題,上下水道・地下構造物が5題とほぼ均等配分の出題でした(昨年同様)。設問の題目は,コンクリート構造物では「構造物の劣化機構と劣化現象」,砂防では「地すべり防止工」,道路では「アスファルト舗装の補修工法」等であり,どれも過去の本試験で問われてきたことと一緒で目新しい題目はありませんでした。34問中10問の解答と選択幅が広いことからも,土木一般分野に比べて解答しやすかったと思います。
 法規分野(No.50~No.61)については,労働基準法,労働安全衛生法,建設業法が各2問出題,他が各1問出題という傾向が今年も続き,これで3年連続となりました。建設業法の出題が増えたぶん,火薬類取締法の出題がなくなった格好です。昨年に比べて素直な出題は減りましたが,全体的には解きやすく感じますので,必要解答数8問の全問正解も狙えたと思います。
 問題Bは過去問の類似問題が多く出題されていたため,過去問対策を十分積んできた方はそれなりに手応えがあったと思います。問題Aが難しかったぶん,問題Bで“得点できる問題を取りこぼしなく得点できたか”が合否結果を左右することになりそうです。
 学科試験の合格発表日は平成26年8月20日(水)です。合格基準は得点が60%以上(39点以上)と公表されていますが,試験の実施状況を踏まえ変更される可能性もあります。
 平成25年度と平成24年度が39/65点(正解率60.0%),平成23年度が36/65点(正解率55.4%)でした。基準点をクリアされた方は,早めの実地試験準備をお願いします。

  出題分野 難易度
問題A 土木一般、専門土木、法規 やや難しい
問題B 共通工学、施工管理 例年並み

実地本科コースのご案内

>> 1級土木施工管理技士 実地本科コース

スキルアップ講義・実地試験対策講座で万全の実地試験対策
「実地スキルアップ講義」と、「実地試験対策講座」の2段構えで実施し、難関試験に対応できる技量と知識を身につけます。

受講料 70,000円 +消費税(教材費を含む)
※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。
開講日 本講義:平成26年7月下旬より
※各校によって日程や通学日が異なりますので、詳細は日建学院各校へお問合せください。
無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

お役立ちコンテンツ

  • 過去問にチャレンジ

    過去問に挑戦! Web上で自動採点ができます。

ページTOP▲