1級土木施工管理技士[学科試験] 採点結果をメールでお知らせ WEB採点サービス

WEB採点サービスは
終了しました

学科本試験 総評

学科試験は四肢択一のマークシート形式で出題され、午前の問題Aは出題61問中30問の選択解答、午後の問題Bは出題35問全問必須解答と、例年通りの出題数と解答数が求められました。前年試験と出題配分(下表参照)に変更はありませんでしたが、全体としては過去問ベースのアレンジ問題が目立つ試験でした。

表 問題A出題配分

分野 項目 出題数 備考
H30 H29
土木一般 土工 5 5 12問を選択解答
コンクリート工 6 6
基礎工 4 4
専門土木 コンクリート構造物・鋼構造物 5 5 10問を選択解答
河川・砂防 6 6
道路 6 6
ダム・トンネル 4 4
海岸・港湾 4 4
鉄道 3 3
上下水道・地下構造物 6 6
法規 労働基準法 2 2 8問を選択解答
労働安全衛生法 2 2
建設業法 1 1
火薬類取締法 1 1
道路法 1 1
河川法 1 1
建築基準法 1 1
騒音・振動規制法 2 2
港則法 1 1
合計 61 61 30

表 問題B出題配分

分野 項目 出題数 備考
H30 H29
共通工学 測量 4 4 全問必須解答
契約・設計図書
機械・電気
施工管理 施工計画 5 5 全問必須解答
工程管理 4 4
安全管理 11 11
品質管理 7 7
建設環境(弊社講座は施工計画に含む) 4 4
合計 35 35 35

土木一般分野(No.1~No.15)

土木一般分野(No.1~No.15)は、過去問のアレンジ問題の出題割合が高く、やや難しい出題内容でした。特に【No.4】【No.9】【No.10】【No.14】辺りでは、答えを2つまで絞れてもそこからの判断に悩まれたのではないでしょうか。例えば【No.9】の「暑中コンクリート」の問題は、(3)の設問文中"最高気温"が適当でなく、正しくは"日平均気温"となりますが、"最高気温"との表現を使った出題は過去になく、見慣れない言葉の登場が戸惑を誘い判断ミスにつながったようでした。出題頻度が高い設問内容でありながら、得点できなかった方が案外多く、習熟度と冷静な判断が求められる問題でした。また【No.12】では定番問題ともいえる「コンクリートの側圧」に関して出題されましたが、側圧分布の模式図について判断を問われたのは初めてでしたので、選択を回避された方も多くいらしたようでした。一方で【No.2】【No.5】【No.8】は素直な出題内容でしたので、ここはしっかり得点しておきたいところでした。

専門土木分野(No.16~No.49)

専門土木分野(No.16~No.49)では、【No.41】鉄道で「鉄道路盤改良における噴泥対策工」について新規内容が出題されましたが、他の多くの問題は繰り返し出題されている定番問題とその周辺知識を問うものでした。各々専門性の高い内容でしたが、34問中10問の解答と選択幅が広いことから、土木一般分野に比べて解答しやすかったのではないかと推察します。

法規分野(No.50~No.61)

法規分野(No.50~No.61)については、労働基準法、労働安全衛生法が各2問出題、その他の法令から各1問という出題構成でした。H28年6月に建設業法の一部が改正されて以降、建設業法の出題が2題から1題に減り、そのぶん火薬類取締法が1題出題されるパターンが今年で3年連続となりました。全体的に問い方に工夫が見られ、過去問そのままの素直な出題は少ない印象ですが、基礎知識がしっかり定着していれば正誤の判断は十分可能と思われます。

問題B

問題Bは、過去問題と過去問のアレンジ問題で全体の8割近くを占める出題配分となりました。安全管理の【No.14】は3年連続で同じ図を使った類似問題だったため、しっかり得点したいところでしたが、正解率は意外と低いようです。「注文者としての安全措置義務」と「事業者としての必要措置」の整理線引きが難しく、理解度の差が表れた問題でした。品質管理の出題はアレンジと新規問題で構成されていましたので、施工計画、工程管理、安全管理に比べて難易度が高い印象です。品質管理の定義などについて問われた【No.25】、鉄筋の継手について専門土木レベルの知識が問われた【No.30】は難問でした。

学科試験の合格発表日は平成30年8月17日(金)です。合格基準は得点が60%以上(39点以上)と公表されていますが、試験の実施状況を踏まえ変更される可能性もあります。

平成29年度が39/65点(正解率60.0%)、平成28年度から平成26年度が37/65点(正解率56.9%)でした。基準点をクリアされた方は、早めの実地試験準備をお願いします。

出題分野 難易度
問題A 土木一般 昨年同等~やや難
専門土木 昨年同等
法規 昨年同等
問題B 共通工学、施工管理 昨年同等

実地試験対策

1級土木施工管理技士 実地ポイント講習会

環境への配慮、品質の確保など、近年、公共工事に求められる内容が多様化しており、1級土木の実地試験も幅広い分野から出題されるようになりました。これに伴い、実地試験の難易度も高くなってきています。そこで、日建学院では合格への鍵となる実地試験ポイント講習会を無料にて全国で開催します。是非ともこの機会にお申込み下さい。

1級土木実地試験問題分析資料 プレゼント

参加された方には「1級土木実地試験問題分析資料」をプレゼント!

内容

実地試験のポイントを解説 
※解説時間(約55分)

  • 実地試験の出題傾向
  • 実地試験出題形式
  • 実地試験の学習の仕方
  • 経験記述と記述式問題の分析
開催日時
受講料 無料 ※実地試験対策を網羅した小冊子付

平成30年度の講習会は終了しました

平成30年度試験対策

  概要

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座

実地本科コース

スキルアップ講義と実地試験対策講座の「2段階学習」で難関試験突破を目指す!

実地スキルアップ講座と実地試験対策講座の2段構えで、難関試験に対応できる技量と知識を身に付けます。

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座
  • 教育訓練給付金適用

実地本科Webコース

スキルアップ講義と実地試験対策講座の「2段階自宅Web学習」で難関試験突破を目指す!

記述解答のベースとなるスキル(技量)を向上させるためのテクニックを学ぶ「実地スキルアップ講義」と「実地試験対策講座」の2段構えで、難関試験に対応。

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座

実地試験対策コース

短期間の効率学習で、実地試験合格を目指す!

過去20年間の本試験問題を徹底分析。重要ポイントを整理し試験のツボを押さえます。

1級土木施工管理技士 コース一覧

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)