HOME > 講座一覧 > FP(ファイナンシャルプランナー) TOP > 試験のポイント

FP(ファイナンシャル・プランナー)

試験のポイント

FP3級、FP2級の本試験には、「学科試験」と「実技試験」があり、試験科目は、金融資産運用、不動産、ライフプランニングと資金計画、リスク管理、タックスプランニング、相続・事業承継の6科目を学習します。 出題科目と範囲は広範囲に渡りますが、お金に関する知識を広く浅く学習します。FPの学習で学ぶ内容の多くは、私たちが仕事や暮らしのなかで関わっているものが多いので、「学習を始めると楽しくなってきた」という方は多くいます。保険や税金など、誰でもある程度は知っていることを学ぶことで、マイホーム取得のための資金計画や、老後に備えられる力が身に付きます。
また、FP3級では、FP資格の基礎レベルを学習しますので、“おかね”に関する夢の実現や目標達成のためには、どのような事が必要なのかを知ることができます。
試験の内容については、以下のとおりです。

出題科目と試験の内容

【学科】

【FP3級・FP2級共通】
科目 試験の内容
金融資産運用設計 ・マーケット環境の理解・預貯金金融類似商品・投資信託・株式・債券投資・外貨建・商品保険・ポートフォリオ運用・金融商品と税金・関連法規・金融資産運用の最新の動向等
不動産 ・不動産の見方、取引・不動産に関する法令上の規制・不動産の取得、保有に係る税金・不動産の譲渡に係る税金・不動産の証券化等
ライフプランニングと資金計画 ・ファイナンシャル・プランニングと倫理や関係法規・ライフプランニングの考え方・手法・社会保険・公的年金、企業年金、個人年金・ライフプラン策定上の資金計画等
リスク管理 ・リスクマネジメント・保険制度金融・生命保険・損害保険・リスク管理と保険等
タックスプランニング ・わが国の税制・所得税の仕組み・各種所得の内容・所得・税額控除・所得税の申告と納付・個人、法人住民税・消費税等
相続・事業承継 ・贈与と法律、税金・相続と法律、税金・相続財産の評価(不動産)(不動産以外)・不動産の相続対策・事業承継対策・事業と経営等

【実技】

<FP3級>
日建学院では、資産設計提案業務(日本FP協会実施)を学習します。
試験の内容
  • 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
  • ファイナンシャル・プランニングのプロセス
  • 顧客のファイナンス状況の分析と評価

<FP2級>
試験の内容
  • 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
  • ファイナンシャル・プランニングのプロセス
  • 顧客のファイナンス状況の分析と評価
  • プランの検討・作成を提示
無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

無料資料請求

日建学院コールセンター 0120-241-229

プレゼント

  • ファイナンシャルプランナー講座 プレゼント

    「金融商品何でも百科」をもれなくプレゼント!

  • 講師紹介

    日建学院のFP講座では科目ごとに担当講師が講義をしています。

日建学院情報

  • 平成22年度1級建築士設計製図試験 合格占有率 50.1% No.1
  • 日本全国祝賀会 合格者ムービー

購入

  • Webマート
  • BOOKS&MAGAZIES

ページTOP▲