HOME > 講座一覧 > 造園施工管理技士 TOP > 資格・試験ガイド

造園施工管理技士

資格・試験ガイド

造園施工管理技士について

造園施工管理技士は、公園や緑地、遊園地などの造園工事における責任者として、施工計画の作成や現場の工程管理、資材や工事物の品質管理、作業の安全管理などを行う造園技術のエキスパートです。「造園」といっても一般家庭にあるような庭の作業を行うだけではなく、公園やビルとビルの間のレストスペースなど を作り出すことも仕事です。

1級造園施工管理技士は、造園工事業の許可に際して営業所ごとに置かなければならない専任の技術者並びに工事現場ごとに置かなければならない主任技術者、または監理技術者となることが認められています。

また、特定建設業に係る造園工事業(指定建設業)については、国土交通大臣が定める国家資格を有する者として、営業所の専任技術者及び工事現場の監理技術者となることが認められています。

2級造園施工管理技士は、建設業法に定められた一般建設業の許可を受けている建設業者の営業所における「専任技術者」および工事現場における「主任技術者」となることが認められています。

将来性とメリット

「発注者から直接建設工事を請け負った特定建設業者は、当該建設工事を施工するために締結した下請契約の請負代金の額が一定以上になる場合は、当該工事現場に監理技術者の設置義務があり、1級造園施工管理技士はこの監理技術者となることができます。したがって造園業者からの評価は高く、有資格者に対して手当を支給するところもあります。また、都会を中心に急速に自然が失われ、世界的にも環境保護に強い関心が向けられている現在、この仕事の持つ社会的な意義は大きい。造園施工管理技士は、いわば緑を創造する技術者であり、そうした意味でも健康的でやりがいのある職業でしょう。

無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

無料資料請求

日建学院コールセンター 0120-241-229

お役立ちコンテンツ

  • 過去問にチャレンジ

    過去問に挑戦! Web上で自動採点ができます。

法定講習・継続学習

  • 資格者証取得・更新予定の皆様へ 監理技術者講習
  • 技術者教育に取り組む皆様へ CPDS認定 土木施工監理継続学習講座

日建学院情報

  • 日本全国祝賀会 合格者ムービー

ページTOP▲