HOME > 講座一覧 > 土地家屋調査士 TOP > 他資格から調査士へ > 測量士・測量士補から土地家屋調査士を目指す方へ

土地家屋調査士

他資格から調査士へ

測量士・測量士補から土地家屋調査士を目指す方へ

規模は小規模であっても独立開業が望める資格です。測量士又は測量士補の取得者にとっては、ご自分の測量知識・技術をさらに活かすことができ、また不動産の表示に関する登記の専門家として、全てのスキルを大幅に押し上げてくれる資格です。 是非、お持ちの知識を活かし、この資格に挑んでみることをお勧めします。

筆記試験の午前の部の試験が免除になります

測量の知識を活かし、資格取得に有利な立場に立つことが可能です。
測量士又は測量士補の取得者は、土地家屋調査士の筆記試験のうち午前の部の試験が免除となります。このチャンスを活かさない手はありません。
また、土地家屋調査士試験においては、多肢択一問題の他に、土地と建物の書式問題が出題されます。特に土地の書式問題においては、測量の専門的知識を必要とする問題が出題されています。従って、測量を専門分野とされる皆様は、試験の中でも重点的な項目である土地の書式問題についてスムーズに理解し、かつ問題を攻略していく上で有利な立場にあると言えます。

測量の知識・技術のプロのあなたを「不動産と法律の総合プロフェッショナル」へと押し上げてくれる資格です。

土地家屋調査士の資格を取得すれば、公共測量から民間の不動産登記の測量まで、測量業務をこなすことができるようになります。
さらに、不動産登記についての法律的な専門家として、近年頻発している境界紛争に関する業務についても業務を広げることができ、不動産の境界立会いや境界確定の立会いなどについても、より一層社会的ニーズが高まっている資格であるともいえます。

「自分は、学者を目指しているのではなく、一日も早く土地家屋調査士試験に合格して、実務家として活躍するのだ。」という目標を明確に持って取り組むこと!~斎木講師が受験生へ熱く語る~

無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

無料資料請求

日建学院コールセンター 0120-241-229

プレゼント

  • 土地家屋調査士プレゼント

日建学院情報

  • 平成22年度1級建築士設計製図試験 合格占有率 50.1% No.1
  • 日本全国祝賀会 合格者ムービー

購入

  • Webマート
  • 日建の建築士本

ページTOP▲