• FAQ
  • 受講生専用
  • サイトマップ

HOME > 講座一覧 > 土地家屋調査士TOP > 講座の特長

講座の特長

Point1試験のポイントがわかる
理解しやすい「映像講義」

「資格を目指す人たちを応援したい」と、資格講座を開講してから40年余。様々な研究・分析、試行錯誤を重ねてきた日建学院の映像講義は、長年にわたって蓄積されてきた試験攻略のノウハウやポイントが詰まった「合格のための講義」です。

日建学院の映像講義のクオリティの高さと教材の完成度は、多くの企業、法人、大学等からも高い評価を受け、国土交通省登録の法定講習をはじめ、様々な講義への制作協力もしています。

実物映像や図解だから理解が早い

合格するためのポイントを効果的に学べる。

映像講義は、全て一流講師陣をはじめとするプロ集団が制作。試験のポイントがわかりやすく、要点を掴みやすい講義です。

理解度・想起度が高い図表や動画を使用。

視覚と聴覚を同時に刺激する映像講義。理解度・想起度・記憶度を抜群に高める学習方法として、高い評価と厚い信頼を得ています。講義の流れに合わせて図表などを用いて解説するため、高い理解度が得られます。

全国どこで受けても変わらないクオリティ。

急な出張などで講義を受講できない場合は、最寄りの日建学院の教室で講義を受講することができます。全国共通で、常に安定した同一内容の講義を受講していただけます。(事前に確認・予約してください)

※一部開講していない校があります。詳細はご希望の日建学院までお問合せください。

Point2出題傾向を徹底分析、
わかりやすい
「オリジナルテキスト」

日建学院のテキストは、試験を熟知した講師陣が試験の出題内容を分析し、見やすさや使いやすさに配慮して編集しています。
重要項目をわかりやすく解説していますので、復習でさらに理解度を高めることができます。

理論編確認テスト 理論編

一見、何の変哲もない各回の小テスト。しかしその中身は…択一の実力を一気に押し上げる革新的内容です。

本講義サブノート 理論編

難解な不動産登記法関係法令を体系的にまとめた受験生必携の書。複雑な手続も図解の多用でスッキリ解決します。

答練講義

本試験を忠実に再現した本格派問題冊子。重厚な解説冊子も付属し、上級者の方も納得の本試験シミュレートが行えます。全受験生のマストアイテムです。
※全土地書式問題にツールボックスが挿入されています。

自己解答図面 + チェックシート

模擬試験等の書式問題の図面をチェックするためのシートです。 作成した図面の正誤を瞬時に判断できるので、自分の実力を素早く正確に判断でき、弱点の把握に役立ちます。自分で考えながら作図力をアップさせるためにピッタリなツールです。

透明シートを自己解答に重ねることで、正しく解答できていない部分が一目でわかります。

基礎力 養成テキスト

齊木講師着任後、最新の本試験出題傾向に合わせて、新規に書きおろしました。 調査士試験合格に必須となる基礎的事項を、図解を交えて簡潔にまとめています。学習が進んだ時期の基本の確認にも役立ちます。

調査士のための民法・調査士法

民法:効率的に学習を進めるため、土地家屋調査士の業務上必要と思われる事項に絞って掲載。
調査士法:出題頻度の高い項目の解説と条文集を掲載。

本講義サブノート 理論編(上)(下)

本講義理論編で使用する教材です。択一の重要論点に関しては講義内で図解を用いての説明もしていますので、講義前の予習、受講後の確認などに活用してください。

本講義サブノート
書式編(書式基礎力完成編・書式実践編)

書式基礎力完成編では、書式で身につけなければならない各論点を段階的に学習できる当学院オリジナル問題で構成。本試験時に役立つマーカーテクニックも同時に習得できるよう工夫しています。書式実践編は、過去本試験から押さえておくべき問題をピックアップし掲載。過去本試験問題も掲載しています。各問題ごとに座標算出のツールボックスを挿入。「閃き力」も養成します。

本試験択一項目別 問題集(上)(下)

自宅学習用教材です。過去本試験問題を項目ごとにまとめて編集。項目ごとの重要論点や出題ポイントの把握にも役立ちます。 また、各肢についての正誤の判断根拠や根拠条文、解答を導くための考え方の解説も掲載していますので、リズムよく数多くの問題をこなすことができます。

模擬試験問題・解答解説

本試験と同形式(択一問題20問、書式問題2問)のオリジナル問題と、その解答解説。本番をシミュレーションができるよう、中間試験、統一模擬試験、答練講義の模擬試験は、本試験に準じています。

その他

土地家屋調査士のための民法・調査士法、製図用三角定規、分度器、各種宿題、解答解説集、練習用紙など。使いやすさ、理解しやすさを追求した、さまざまな教材が揃っています。

※教材写真は過年度のものです。

Point3相乗効果を最大限に
引き出す学習サイクル

講義で得た知識を問題演習で徹底的にたたきこむ!

  • STEP.1

    映像学習

    映像講義を視聴して合格に必要な知識を
    インプットします。

  • STEP.2

    テスト

    講義の理解度を確認するテストで、
    間違ったところをしっかり見直し。

  • STEP.3

    宿題・復習

    宿題や過去問題を解いて学んだ知識を
    アウトプットします。

  • STEP.1
    戻る

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)