HOME > 講座一覧 > 構造計算関連講座 TOP > 受講生インタビュー(建築構造計算)

構造計算関連講座

受講生インタビュー(建築構造計算)

ガイダンス動画の視聴に必要な環境

ネットワーク
接続

インターネットに接続できる環境が必要(ADSLもしくは同等以上の環境)体験学習は、500kbps以上(継続的に)の速度対応となっています。

ソフトウェア

必須ソフト:Windows Media Player 9.0以上

Windows Media Playerご使用されているパソコンにプレイヤーソフトウェアの Windows Media Playerがインストールされている必要があります。ご使用の環境に適したプレイヤーをダウンロード、インストールし、セットアップしてご覧ください。

ダウンロードはこちら

受講生の声

「基本設計の段階で構造計算を踏まえた計画ができるようになった」

静岡県 33歳男性 意匠設計

施主の構造に関する疑問・心配への正しい説明、現場監理において構造設計に修正が出た場合の正しい判断、構造設計者との円滑な協議等の必要性から受講。

構造設計に必要な情報や仕様が良く理解できたことで基本設計の段階で構造計算をふまえた計画ができ、構造図を書く場合にも「何故」必要な配筋なのか理解して書けると思う。

「知識があれば納得して仕事ができる」

佐賀県 29歳男性 現場管理

職種上、配筋検査を行っており、構造図を見てどのような計算方法でこのような数値になっているのかと疑問に思い受講を決意。

普段行わない手計算で構造計算一連の流れを経験できたことがとても勉強になり、仮定断面から計算し、主筋の本数、あばら筋のピッチ等の算定方法がわかった。講義内容が丁寧でとてもわかりやすかったです。

「責任ある仕事をするには知識も必要」

東京都 33歳女性 設備設計

工務店を経営していく立場としてニュース等で知識を持たれたお施主様の質問やニーズにこたえる必要性を感じ受講。テキストだけでは理解しきれない内容も映像講義を見ながら確認することができわかりやすい。

練習課題は全て簡単な例をとって進めるが、複雑な建築物でもやり方や考え方は同じであるという点が勉強になりました。

「一度は挫折した構造計算が理解できた」

石川県 30歳男性 営業

構造の知識をつけたいとの思いから色々な参考書で独習を試みましたが、中々理解できず挫折。

講座は構造設計の基礎理論から始まり、固定モーメント法、D値法、柱・梁の断面算定、ブレースの検定、保有水平耐力など、順序良く進められており、とても解り易く満足のいく内容でした。

教材も見やすく左ページは解説で右ページは計算書という形式は受講後の実務にも十分役立つものでした。

「自己流の知識がスッキリまとまった」

新潟県 45歳女性 構造設計

一級の資格が有ると言う事は総てに責任のある仕事をしなければと文献を集めたり自己流で努力していましたが、機会があればきちんと学び直したいと思っていました。

公式や計算の流れの意味を丁寧に教えてくれることでパズルの足りないピースが見つかるようにスッキリ。

講師の補足するちょっとした一言も「そーか!」という感じで細切れの知識がまとまっていきました。

「構造計算は必ず通る道」

神奈川県 47歳男性 現場管理

業務で耐震補強工事を手掛けており構造計算を理解しておく必要を感じ、スキルアップの為にも通るべき道と思っていた。

1級建築士の構造の学習では何の為の計算式かおぼろげであったが、使い方としてようやく実感できた。テキストが手書き風で、映像のホワイトボードも勿論手書きであり、さっぱりとまとめているのが分かり易い。

「知識を深め業務に役立てたい」

宮崎県 34歳男性 鉄骨製作管理

構造計算の知識を深め業務(躯体施工)に役立てたいと思い、また、自分の1級建築士としてのスキルアップのために受講。

構造計算の手順が理解でき、構造形式(RC、S造等)によっての計算方法の違いについても把握できた。講義の始めに前回の復習が入るので、講義に連続性があり集中して学習を行なうことができました。

「計算手順を理解したかった」

新潟県 27歳男性 総合

1級建築士を保有しているが、構造計算について(実務的に)計算手順など分からない点が多く理解したいと思ったことと、構造計算ソフトを利用するにしても、それを確認する知識が必要と感じたことから受講。

複雑な計算もテキストに従い順序通りに解けば求められるということがわかった。ホワイトボ-ドに書き込みながらの説明は分かりやすかった。

「スキルアップした今後の自分が楽しみ」

沖縄県 45歳女性 確認審査

「必ず、構造計算が理解できるようになります」と聞き受講することに決めました。講座は、構造力学の基礎を解ったものとして進みますが、テキストに沿って丁寧な解説があり解かりやすい内容でした。

カリキュラムは、各種構造を網羅し、現在第一線で活躍されている講師によるリアルタイムな情報であることに信頼がおけます。

受講することでスキルアップができ、今後が楽しみです。

「実務に使える知識が欲しかった」

神奈川県 42歳男性 現場管理

一級建築士を取得してから数年経ちますが、実務では試験とは違いイレギュラーが多く勉強の必要性を感じていた。

見開きで右に計算書、左に解説とテキストが見やすく構成されていた事、文字・イラストが大きい事、基本例と上級編と2部構成で、確認した事を応用できた事がわかりやすく、構造計算の基礎から再確認できました。

「構造計算を基礎から学び直せた」

福井県 59歳男性 構造設計

構造計算の基礎から再度学びたいという気持ちから受講。忘れていたところや、実務上簡単に省略していたところを再度見直すことができた。

講師の説明は非常にわかりやすく、また、参考図書も非常にわかりやすく書いてあるので、自宅での学習の際にも非常に参考になりました。

「建築に関わる上で構造の知識は必要」

山口県 36歳男性 意匠設計

耐震強度偽装事件に始まり、世間の耐震強度への関心が深まる中、建築に携わっていく上で必要な知識だと感じ建築構造計算コースを受講する事にしました。

実務では、意匠設計を行い、構造計算に関しては不安がありましたが、1回目の講義を受講して不安は無くなり、構造計算への興味が更に湧いてきました。

講師の説明もとてもわかりやすく、構造計算書の作成の手順も基本的な考え方もとても理解できています。

無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

無料資料請求

日建学院コールセンター 0120-241-229

解答速報

  • 解答速報

合格実績

  • 平成22年度1級建築士設計製図試験 合格占有率 50.1% No.1

法定講習・継続学習

  • 建築士の皆様へ 建築士定期講習
  • 宅建事業に従事する皆様へ 宅建登録講習
  • 宅建試験に合格した皆様へ 宅建実務講習
  • 資格者証取得・更新予定の皆様へ 監理技術者講習
  • 技術者教育に取り組む皆様へ [CPDS認定]土木施工監理 継続学習講座

人材募集

  • 講師ができる方へ 公共職業訓練講師 緊急大募集!

法人のお客様

  • 人材育成ご担当者様へ 「公認スクール」のご案内

メルマガ

  • NIKKENNEWS

ページTOP▲