• FAQ
  • 受講生専用
  • サイトマップ

HOME > 講座一覧 > 1級管工事施工管理技士TOP > 合格への道 > 平成30年度 1級管工事施工管理技士 実地試験 解答試案・総評

平成30年度 1級管工事施工管理技士 実地試験 解答試案・総評

実地解答試案

本年度(平成30年)試験の気になる解答試案進呈!

【1級管工事施工管理技士 実地試験】

実地試験の解答試案を無料進呈いたします。自己採点の目安にぜひご活用ください。
ご希望の方は下記ボタンよりお申込みください。

解答試案のご請求

30年度 実地試験総評

本年度の実地試験の出題形式は、例年と同様で、必須問題2問と選択問題4問の合計6問が出題されました。

出題概要

問題の概要は、次表のとおり。

問題 解答区分 出題
問題1 必須 施工・要領図 図中に示す施工要領の改善策等
問題2 1問を選択 施工・記述 中央式の空気調和設備を施工する場合の留意事項
問題3 施工・記述 中央式の強制循環式給湯設備を施工する場合の留意事項
問題4 1問を選択 工程管理 ネットワーク工程表の検討・計算
問題5 法規 労働安全衛生法関連(穴埋め)
問題6 必須 経験記述 ①工程管理
②「総合的な試運転調整又は完成に伴う自主検査」

【問題1】ポンプ2台の並列運転の問題は、平成24年度に類題が出題されています。
【問題2】記述すべき留意事項が4項目指定されました。
【問題3】記述すべき留意事項が4項目指定されました。
【問題4】最早開始時刻による山積み図の作成は、平成24年度に出類されています。
【問題5】汚水槽の内部における作業に関しては、平成28年度に出類されています。
【問題6】工程管理は平成24年度~平成27年度に出題され、「総合的な試運転調整又は完成に伴う自主検査」は平成23年度、26年度、28年度に出題されています。

合格発表

合格発表日は、平成31年2月22日です。

合格基準

合格基準は、「得点が60%以上の者を合格とするが、試験の実施状況を踏まえ、変更する可能性があります。」と事前に公表されています。

合格率の推移
年度(平成) 25 26 27 28 29
合格率(%) 67.8 60.3 50.1 61.0 63.2

監理技術者資格者証の取得・更新予定の皆様へ

監理技術者講習

日程 こちらのページでご確認ください。 株式会社日建学院
講習内容 専用スタジオで収録した、イラストや図を多用した講義により解り易く解説。最新の技術や異なる分野の技術動向など、映像講義ならではの充実した講習内容。
受講料 9,000円(インターネットからの申込みの場合)
9,500円(郵送で申込みの場合)
※いずれも消費税、テキスト代等を全て含みます
対象者 工事現場毎に専任が必要な監理技術者の方(5年毎に受講)

受験対策講座

コース名 概要

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座
  • 教育訓練給付金適用

学科短期集中コース

3ヶ月間で出題傾向・重要ポイントの学習、弱点補強を行います。

標準開講日:本講義5月中旬

通常250,000円+税

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座

実地試験対策コース

実地試験対策に特化した徹底集中講座

標準開講日:本講義11月上旬

通常60,000円+税

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)