• FAQ
  • 受講生専用
  • サイトマップ

HOME > 講座一覧 > 構造設計一級建築士TOP > 資格・試験ガイド

資格・試験ガイド

資格概要

構造設計1級建築士とは?

平成18年12月改正建築士法により、構造設計一級建築士制度が創設され、一定規模以上の建築物の構造設計については、構造設計一級建築士が自ら設計を行うか、構造設計一級建築士に構造関係規定への適合性の確認を受けることが義務付けられています。この一定規模以上の建築物とは、「極めて高度な構造設計が義務付けられている高さ60mを超える建築物」、「高さが13mまたは軒の高さが9mを超える木造建築物」、「鉄骨造で4階建て以上の建築物」、「鉄筋コンクリート造で高さが20mを超える建造物」などです。

また、構造設計一級建築士証を申請するには原則として、一級建築士として5年以上構造設計の業務に従事した後、国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行う講習課程を修了することが必要です。

資格取得のメリット

この資格は、構造設計に携わる方々にとって必備の資格です。構造建築士の資格を取得すれば、商業施設やスタジアムなど、大型施設の建築に携わることが可能です。また、一級建築士の中でも構造設計一級建築士の資格を保有している人は少ないため、企業からの需要も高く、就職や転職で優遇されることがあります。

『日建学院で資格を取ろう!』 ~構造設計一級建築士~

02:08

試験概要

受講資格

「一級建築士」として5年以上の構造設計の業務経験を有する者。ただし、業務経験には構造設計の業務のほか、次の業務内容も含まれます。

  1. 構造に関する工事監理の業務
  2. 建築確認の構造に関する審査及びその補助業務
  3. 構造計算適合性判定及びその補助業務

※なお、構造に関する工事監理の補助業務及び構造設計の補助業務については、平成25年9月まで携わっていたものは業務経験として認められますが、平成25年10月以降に携わったものは業務経験として認められません。

講習・修了考査内容

講義[2日間]

構造設計総論、構造関係法令及び法適合確認、構造設計の基礎、耐震診断・耐震補強、構造設計各論

修了考査[1日、4枝択一式及び記述式]
  • 構造関係規定に関する科目[法適合確認]
  • 建築物の構造に関する科目[構造設計]
実施概要
受講申込書配布期間 平成29年5月22日(月)~6月23日(金)
受講申込書受付期間 平成29年5月29日(月)~6月23日(金)
講義実施期間 平成29年9月5日(火)~9月29日(金) ※連続する2日間
修了考査 平成29年10月22日(日)
修了発表 平成29年12月20日(水)
受講手数料
  1. 申込区分Ⅰ 54,000円
  2. 申込区分Ⅱ 43,200円
  3. 申込区分Ⅲ 48,600円
実施機関 公益財団法人 建築技術教育普及センター
【試験のお問い合わせ先】
センター本部/TEL:03-6261-3310

平成28年度講習修了判定の結果について

年度 受講区分 受講者数 修了者数 修了率
28年度 申込区分I
(全科目受講者)
627 131 20.9%
申込区分II
(法適合確認のみの受講者)
143 45 31.5%
申込区分III
(構造設計のみの受講者)
58 23 39.7%
合計 828 199 24.0%

日建学院コールセンター

フリーコール 0120-243-229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)