HOME > 講座一覧 > 測量士補 TOP > 試験のポイント

測量士補

試験のポイント

出題傾向と学習方法

科目 試験の内容 出題数
測量に関する法規 測量法など測量に関する関係法令 合計で
28問
出題
される
多角測量 基準点測量の作業順序、光波測距儀の測定誤差、座標値の計算、偏心補正、トータルステーションなど
GNSS測量 GNSS測量の原理、GNSS測量による基準点測量など
水準測量 観測作業の留意点、標尺の補正、レベルの点検と調整、水準測量の誤差と消去法など
地形測量 現地測量、数値地形図データ、GIS識別コードなど
写真測量 撮影高度と縮尺、比高による写真像のずれ、デジタルステレオ図化機、航空レーザ測量など
地図編集 地図投影法、地形図図式規、読図と地図記号、コンピュータによる地図編集システムなど
応用測量 路線測量(作業工程・曲線設置)、河川測量、用地測量(作業内容・面積計算)など

<学習方法>

測量士補試験は、5肢択一式マークシート方式で28問出題され、出題内容は上の表のようになっています。計算問題も多く出題されていますので、 文章問題も含め過去の出題例を繰り返し解いて、理解を深めるなどの万全の受験対策が必要です。

無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

おすすめコンテンツ

  • 土地家屋調査士 測量士・測量士補から土地家屋調査士を目指す方々へ

    測量士・測量士補取得者は、土地家屋調査士の筆記試験午前の部が免除となります。このチャンスを活かしましょう!

  • 技術者教育に取り組む皆様へ [CPDS認定]土木施工監理 継続学習講座

ページTOP▲