HOME > 今注目の資格 > [国家資格]工事担任者 試験・資格ガイド

今月の資格

試験・資格ガイド [国家資格] 工事担任者

工事担任者とは

「工事担任者」資格は、電気通信回線と端末設備等を接続するために必要とされる国家資格です。
「工事担任者」は、アナログ電話回線やデジタルデータ回線などに、様々な端末設備等を接続する工事を行い、あるいは監督をする役割を担っています。
「工事担任者」資格には、「接続点におけるデジタル信号の入出力速度」に応じて、光ファイバやADSL 等のデジタル回線への接続工事を行うDD 種と、「端末設備等に収容される回線の数」に応じて、アナログ電話回線やISDN 回線への接続工事を行うAI種があります。
さらに、すべての接続工事が可能なAI・DD 総合種があります。

将来性とメリット

現在、情報通信ネットワークの構築を行うさまざまな企業が「工事担任者」資格の取得を積極的
に進めています。
「工事担任者」資格の取得を推奨する企業は、より満足度の高いサービスをお客様に提供するた
めの努力を続ける企業として高く評価されています。

【他の資格所有者への免除について】
電気通信主任技術者資格や無線従事者資格の保有者が改正後の試験を受ける場合、一定の試験科目について免除を受けることができます。

受験者が保有する資格 免除科目
電気通信主任技術者 基礎・科目
無線従事者資格 第1級総合無線通信士 基礎
第2級総合無線通信士
第1級海上無線通信士
第2級海上無線通信士
第1級陸上無線技術士
第2級陸上無線技術士
第3級総合無線通信士 基礎
(AI第3種又はDD第3種の試験を受験する場合に限る)

試験概要

受験資格

誰でも受験できます。

試験科目

  • 電気通信技術の基礎
  • 端末設備の接続のための技術及び理論
  • 端末設備の接続に関する法規

試験手数料

8,700円

申込受付期間

春試験:2月上旬から1ヶ月間
秋試験:8月上旬から1ヶ月間

試験実施

東京、横浜、市川、さいたま、小山、甲府、札幌、旭川、仙台、秋田、郡山、 盛岡、長野、新潟、金沢、富山、名古屋、静岡、津、大阪、神戸、京都、広島、 岡山、米子、周南、松山、高松、徳島、熊本、福岡、宮崎、大村、鹿児島及 び那覇(35地区)

試験種別及び試験時間

試験種別 記号 集合
時刻
開始
時刻
終了時刻
AI・DD
総合種
N 9:15 9:30 1科目受験者
(技術以外)
2科目受験者
(技術は含まず)
3科目受験者
10:10

10:50

12:10
1科目受験者
(技術のみ)
2科目受験者
(技術を含む)
10:50

11:30

AI第一種 G 9:15 9:30 1科目受験者 2科目受験者 3科目受験者
AI第三種 J 10:10

10:50

11:30
DD第二種 L
AI第二種 H 12:25 12:40 1科目受験者 2科目受験者 3科目受験者
DD第三種 M 13:20 14:00 14:40
DD第一種 K 15:15 15:30 1科目受験者 2科目受験者 3科目受験者
16:10 16:50 17:30

試験時間は1科目につき。
AI・DD総合種の「端末設備の接続のための技術及び理論」のみ80分。

合格基準

各科目の満点は100点で、合格点は60点以上。

合格発表

合格発表試験結果は、試験日の3週間後の月曜日に発表。

合格率

資格の種類 受験者数 合格者数(合格率)
AI第一種 1,398 469(33.5%)
AI第二種 564 141(25.0%)
AI第三種 2,151 867(40.3%)
DD第一種 6,798 1,082(15.9%)
DD第二種 578 106(18.3%)
DD第三種 9,949 3,980(40.0%)
AI・DD総合種 5,202 962(18.5%)
合計 26,640 7,607(28.6%)

試験実施機関

電気通信国家試験センター
〒170-8585 東京都豊島区巣鴨2丁目11番1号 巣鴨室町ビル6階
TEL:03-5907-6556

過去問にチャレンジ

ページTOP▲