HOME > 今注目の資格 > [国家資格]1級管工事施工管理技士 試験・資格ガイド

今月の資格

試験・資格ガイド [国家資格] 1級管工事施工管理技士

1級管工事施工管理技士とは

冷暖房設備工事、給排水配管工事、ガス配管工事など、建設工事の中でも大きな比重を占める配管設備工事。管工事施工管理技士はそうした工事の全般を取り扱う専門家です。現場での作業はもとより、施工計画の作成や安全管理などを行います。

将来性とメリット

管工事では、給排水管や各種ダクトなど、その内部を通る物質の性質を把握したうえで適切な工事を行うことのできる有資格者が必要不可欠です。下請契約の請負代金の額が一定額以上となる管工事においては、1級の有資格者等を置く必要があり、入札の際にも会社に所属する有資格者の人数が影響することから、建設業界では評価の高い資格となっています。

試験概要

受験資格

<学歴>

学歴または資格 実務経験年数
指定学科 指定学科以外
大学卒業後 3年以上 4年6ヶ月以上
短期大学または
高等専門学校卒業後
5年以上 7年6ヶ月以上
高等学校卒業後 10年以上 11年6ヶ月以上
その他(最終学歴を問わず) 15年以上

<2級管工事施工管理技術検定合格者>

学歴または資格 実務経験年数
指定学科 指定学科以外
2級合格後の実務経験
(最終学歴を問わず)
5年以上
2級合格後
5年未満の方
高等学校
卒業後
9年以上 10年6ヶ月以上
その他
(最終学歴を
問わず)
14年以上

<専任の主任技術者の経験が1年(365日)以上ある者>

学歴または資格 実務経験年数
指定学科 指定学科以外
2級合格後の実務経験
(最終学歴を問わず)
3年以上
2級合格後
3年未満の方
短期大学または
高等学校卒業後
- 7年以上
高等学校卒業後 7年以上 8年6ヶ月以上
その他
(最終学歴を
問わず)
12年以上
2級管工事の
資格のない方
高等学校卒業後 8年以上 11年以上※1
その他
(最終学歴を
問わず)
13年以上
  1. ※1:職業能力開発促進法による1級又は2級配管技能検定合格者の方は、※1については9年6ヶ月以上となります。
■職業能力開発促進法第44条による技能検定合格者
  • ※一級の配管に合格した方
  • ※管工事施工に関し、指導監督的実務経験1年以上を含む10年以上の実務経験を有する方
■実務経験

管工事の施工に関する技術上の職務経験を合計した年数をいいます。

  • ※実務経験年数のうち、1年以上の指導監督的実務経験年数が必要です。
  • ※専任の主任技術者経験者にあたっては、実務経験年数のうち、専任の主任技術者としての経験年数です。
■指定学科

土木工学、都市工学、衛生工学、電気工学、機械工学又は建築学に関する学科をいいます。

■実地試験

1次試験の合格者(前年度含む)または、技術士法による第2次試験のうち該当部門に合格した方で、1級学科試験の資格を有する方が受験できます。

※詳細は(財)全国建設研修センターにてご確認ください。

試験内容

【学科】
一般基礎、電気・建築、空気設備・衛生設備、建築設備一般、施工管理、関連法規

【実地】
施工全般、法規・工程管理、経験記述

受験手数料

【学科試験】8,500円 【実地試験】8,500円

申込受付期間

(例年)4月中旬~5月下旬

受験地

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄

試験日・試験形式・試験時間

【試験日】
学科試験:(例年)9月第一日曜日
実地試験:(例年)12月第一日曜日

【試験形式】
学科: 四肢択一方式で、出題合計数73問、必要解答数60問です。
実地: すべて記述式で、解答を簡単明瞭にまとめます。経験記述1問、記述式5問中3問(必須1問、選択2問)

【試験時間】
学科: (例年)受験に関する注意:9時45分~10時 試験時間:10時~15時30分
    10時~12時30分(一般基礎・空気調和設備・給排水衛生設備・電気・建築)
    13時30分~15時30分(建築設備一般・施工管理・法規)
実地: (例年)13時~16時

合格発表

学科:(例年)10月中旬
実地:(例年)翌年2月下旬

試験実施機関

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-30 サウスヒル永田町ビル
TEL:03-3581-0138
(財)全国建設研修センター

過去問にチャレンジ

ページTOP▲