1級建築士
設計製図本試験課題
エスキス超速報!!

建築士の設計製図試験は、大枠での採点基準は公表されるものの、細かい採点などは未公表の為、何が適切で何が不適切なのか分かりづらい部分があります。日建学院では、このような不明確な部分をより明確にするために、1級建築士設計製図本試験日当日にYouTubeのLIVE配信で「当年度の課題における合格プラン例」を解説します!

■主な配信内容(予定)

  • ・問題分の読み取りポイントの解説
  • ・ここだけは落としてはいけなかったポイント
  • ・今年度の減点ポイント
  • ・受講生の解答状況
  • ・ゾーニングの考え方
  • ・参考プラン例について
  • など

リアルタイム配信YouTube

1級建築士製図試験の夜は…
『エスキス超速報!!』

設計製図試験 総評

2021年
1級建築士 設計製図課題

集 合 住 宅

総評

今年度の試験課題は、「集合住宅」でした。試験課題発表時にテーマとともに下記の(注)、「建築物の計画に当たっての留意事項」及び「注意事項」が示されました。その内容は、以下の通りでした。

(注)建築基準法令等に適合した建築物の計画(採光、建蔽率、容積率、高さの制限、延焼のおそれのある部分、防火区画、避難施設 等)とする。

建築物の計画に当たっての留意事項
  • ①敷地の周辺環境に配慮して計画する。
  • バリアフリー、省エネルギー、セキュリティ等に配慮して計画する。
  • ③各要求室を適切にゾーニングし、明快な動線計画とする。
  • ④建築物全体が、構造耐力上、安全であるとともに、経済性に配慮して計画する。
  • 構造種別に応じた架構形式及びスパン割りを適切に計画するとともに、適切な断面寸法の部材を計画する。
  • 空気調和設備、給排水衛生設備、電気設備、昇降機設備等を適切に計画する。
「注意事項」
  • 「試験問題」及び上記の「建築物の計画に当たっての留意事項」を十分に理解したうえで、「設計製図の試験」に臨むようにしてください。
    なお、建築基準法令や要求図書、主要な要求室等の計画等の設計与条件に対して解答内容が不十分な場合には、「設計条件・要求図面等に対する重大な不適合」等と判断されます。

7月の課題テーマ「集合住宅」発表時には、建築物の「階数」が明示されませんでした。本試験では、5階建て(3~5階は基準階)の出題でした。また、今年度の本試験課題では、例年とは異なった指定もあり、読み取りに時間が掛かった可能性もあります。

 

出題の形式(初めての出題)等

①床面積の合計(〇〇〇m2以上、〇〇〇m2以下)の指定がなく、容積率300%(5,040m2)が上限とする課題と捉えることもできます。ただし、計画では、3,500m2程度が最大となることから、計画においては、特に検討の必要が無い設定でした。

②要求室の特記事項で室数が「〇室以上」という指定でした。住戸A・Bは、基準階(3階~5階)に設置階指定があり、住戸数については、それぞれ「3戸以上」「2戸以上」という要求でした。また、住戸Cについては、1階又は2階に「計10戸以上」の要求でした。

※計画をすすめる場合、住戸数は、最低の戸数で計画を進め、余裕があれば住戸数を増やすことが想定されます。また、住戸A・Bを東西方向にI型で計画した場合、住戸Bの出入口付近に、無駄な空間ができるため、その部分に光庭等を設ける等の対処が必要と思われます。

※実務設計では、容積率や高さ制限等から住戸数を決定することも多く、今年度の課題は、実務に近い課題と捉えることもできます。その視点から考えた場合、住戸数をより多く計画することで、収益性を考慮した提案とすることも考えられます。(天空率の緩和等が加えられたこともその意図ではないかと考えられます)。ただし、試験課題文には、そこまでの要求は無く、実際にその点を考慮して、計画した受験者も少なかったと考えられます。

 

本年度の設計製図試験課題の概要とポイント

試験課題発表時に示された建築基準法令への適合について

①居室の採光
住戸の居室の法的採光の確保については、「計画の要点等」記述及び平面図・断面図等を用いて確認させる出題でした。正確に算定確認ができる能力をチェックした問題と考えられます。

②建蔽率
1,680m2×0.7=1,176m2以下(※特に障害にはなりませんでした。)

③容積率
1.680×3.0=5,040m2以下(床面積の上限)

③高さの制限
東側道路(幅員8m)及び西側道路(幅員4m)からの道路高さの制限がかかります。

⑤延焼のおそれのある部分
延焼ラインは、1階(北側・南側・西側)、2階及び基準階(北側・東側・南側・西側)

⑥防火区画(異種用途区画、面積区画・竪穴区画)
※異種用途区画:ピロティ等に150m2を超える駐車場を計画した場合で、駐車場に面して(初出題)  開口部や建物への出入口を計画した場合に区画が必要となります。また、1階の住宅部門からテナント部門への出入口等を計画した場合も同様です。

⑦避難施設
※地上に通ずる2以上の直通階段の計画が必要です。
※居室の最も遠い位置から2の直通階段に至る歩行経路、その1に至る歩行距離(有窓居室:60m以内、無窓居室:40m以内)及び重複区間の長さ(有窓居室:30m以内、無窓居室:20m以内)の記入が必要です。
※「敷地内の避難上必要な通路」を設ける場合は、有効幅員1.5m以上の通路の計画が必要です。

 

課題概要とポイントについて

Ⅰ.設計条件

・各住戸の居室について、「通風」・「採光」・「遮音等」、よりよい住環境を考慮。

・住宅部門の住戸A・Bは、在宅勤務を考慮した計画。

・住宅部門の入居者同士が交流できる共用室を設置。

・テナント部門と住宅部門の動線とプライバシーに配慮した計画。

上記の計画については、記述で回答が求められました。

 

1.敷地及び周辺条件

(1)敷地周辺は、鉄道駅から近く、近隣には戸建て住宅や店舗付き集合住宅が建ち並ぶ住宅地といえます。また、東側道路は、駅へつながるメイン道路として、テナント部門等を配置することが適切です。

※敷地の西側は4m道路、東側は8m道路に面しており、道路斜線(斜線勾配1.25)による制限がかかります。

 

アプローチの検討(例)

北側:戸建て住宅及び店舗付き集合住宅がある。…入居者・テナント利用者アブローチ

東側:8m道路を挟み店舗付き集合住宅がある。

南側:店舗付き集合住宅がある。

西側:4m道路を挟み戸建て住宅がある。…サービス、駐車場等のサブアブローチ

 

(3)第一種住居地域及び準防火地域
建蔽率の限度は70%(1,176m2以下)、容積率の限度は300%(5040m2以下)。

 

(5)支持地盤となるN値=30程度の砂礫層は、東西方向に傾斜(西側GL-1,000~東側GL-5,000)。 5階建ての建築物においては、基礎底をGL-2,000~-2,500程度の直接基礎(ベタ基礎)が適切と考えられます。その場合は、GL-5,000 ~ -2,000程度までを地盤改良することが適切です。

 

2.建築物

(1)構造種別

※鉄筋コンクリート造を指定。

(2)床面積の合計の指定が無いことから最大は、容積率の上限(5,040m2)。

※「ピロティ等を屋内的用途に供するもの(駐車場・設備スペース等)については、床面積に算入する。」指定。

(5)要求室

●住宅部門
・住戸A・B・Cの計画〔住戸数については、前項出題の形式等の②を参照ください。〕
・共用室(主として住戸Cの入居者が使用する指定)。

※屋上庭園に直接行き来できる計画が求められています。屋上ということから2階からの行き来が適切と考えた場合、2階に住戸Cを計画することが読み取れます。

・エントランスホール…メールコーナー

※住戸数分のメールボックス・宅配ボックスを設置し、セキュリティについては、オートロック等を計画する必要があります。

・管理人室…受付カウンターを入退の確認ができる位置に計画する必要があります。
・ゴミ保管庫…管理人が所定の位置に運ぶことから、道路に面した回収に配慮する必要はありません。
・駐輪場…入居者用として屋内に25台分のスペースを設ける必要があります。

※住戸数を増やした場合でも、25台分で問題はありません。

●テナント部門
・学習塾、カフェ、駐輪場
・設計条件「外部から利用しやすい計画とするとともに、住宅部門との動線やプライバシーに配慮した計画」と指示されていました。この場合、内部での接続は考えなくてよいですが、接続する計画の場合は、異種用途区画が発生します。

●設備
・受水槽室(約25m2)…受水槽、給水ポンプ(ポンプ直送方式の採用:指定)
・消火ポンプ室(約15m2)…屋内消火栓設備:指定。
・電気室(10m2) …電気会社の受変電設備(借室電気室):指定。EPSの設置指定は無かった。住戸には、メーターボックス(MB・PS)指定。
・その他、設備計画に応じた機械室…空冷ヒートポンプ室外機等を設置すればよい。非常用自家発電機の指定はない。住宅用の給湯設備等も特に指定は無い。

●要求室表の下段
その他必要な室等は、適宜計画する。…倉庫、トランクルーム等を設けるとよい。

 

3.その他の施設等

(1)屋上庭園
・50m2以上、段差の無い計画(スラブを200程度下げ:防水・水勾配及び仕上げとする)

 

4.留意事項

(1)住戸の居室の採光(本年度の設計製図試験課題の概要とポイントを参照してください)。

※その他は、例年と共通です。

 

Ⅱ.要求図書

(1)②ホ.歩道の切り開き位置の記入(昨年から出題)

(4)③道路高さ制限への適合が確認できる情報(道路斜線、斜線勾配等)の図示指定。

 

令和3年1級建築士設計製図試験におけるポイントは以上となります。試験の難易度は「例年と同等」であり、作図量も平均的と考えられます。完成度は、昨年より若干高かったと想定されます。

ポイント説明会のご案内(参加無料)

本年度本試験課題を徹底検証します。課題のポイント・プランニングの検討・減点箇所など気になる不安を解説します。

開催日時 10月12日(火)19:00~
※各校により実施日が異なる場合があります。
場所 日建学院 直営校
全国学校案内
費用 無料
お申込み 各校によって開催日時・時間が違う場合がございますので、日建学院 直営校にお問い合わせいただきお申込みください。
内容 ●試験課題のポイント ●プランニングの検討
●課題から考えられる減点箇所
●受講生の解答状況 ●答案例について

あなたの図面は合格点? プラン無料添削

「ポイント説明会」当日、合格判定予想を実施!!

あなたのプランをトータルチェックします

復元プランをお持ちいただき、「ポイント説明会」にお越しいただければ、トータルプランチェックを行います。プラン記入未完成の方もぜひ、ご利用下さい。

「ポイント説明会」に来られない方も安心!

トータルプランチェックは随時受付しております。無料添削を希望される方は、お近くの日建学院 直営校にお問い合わせください。

  1. STEP1

    エスキスプランを記入

  2. STEP2

    説明会に参加される方 → 当日にご持参ください。

    説明会に参加できない方 → 地域担当の日建学院スタッフにお渡しください。

  3. STEP3

    あなたのプランをトータル採点チェック

  4. STEP4

    説明会に参加される方 → 添削後、エスキス用紙を返却いたします。

    説明会に参加できない方 → 日建学院より返却の連絡をいたします。

参考答案例プレゼント

1級建築士 設計製図本試験 参考答案例(一式図)[2021年]無料プレゼント

本年度の「本試験課題」参考答案例(一式図)を無料進呈いたします。

1級設計製図本試験「答案プラン例」無料ダウンロード

1級設計製図本試験「答案プラン例」(PDF)を無料ダウンロードできます。(「お申込み」より)

※PDFダウンロードは、10月11日(月)16:00頃より開始予定です。

お申込み

  • ※参考答案例(一式図)の発送は、11月上旬頃となりますので予めご了承ください。
  • ※答案プラン例、参考答案例(一式図)は日建学院講師作成の参考解答例であり、試験実施機関とは一切関係がありません。