2級建築士
設計製図試験 超解決!!
[皆さまの疑問にお答えします!!]

2021年度2級建築士設計製図試験当日に放映したエスキス超速報の際、皆さまからチャットに投稿された多くの疑問点や質問について、MAXしいな講師・濱崎Z講師が日建学院の見解をお答えします!

皆さまの気になるポイント・疑問をわかりやすく解説し「超解決」いたします!是非ご視聴ください!

YouTubeバナー

※19:30~配信開始までしばらくお待ちください。

設計製図試験 課題検証

2021年
2級建築士 設計製図課題

歯科診療所併用住宅
〔鉄筋コンクリート造〕

課題検証

今年度は副題のない課題であり、「歯科診療所」「住宅」「鉄筋コンクリート」の要素から読み取れる、診療所と住宅の関係、快適な居住空間、各要求室についての配置・動線計画、断面計画、構造計画について対策をしてきました。課題文を正確に読み取り、課題の意図を把握し、プランニングを進めることができたでしょうか。課題のポイントを整理してみましょう。


設計条件

地方都市の市街地に、歯科診療所併用住宅を計画

  • ①診療所部分と住宅部分とは、出入口を明確に分離し、屋内の1階部分で直接行き来
  • ②診療所部分の各要求室について、適切な配置計画及び動線計画

敷地条件

  • ・南側一面接道 11m(東西方向)×20m(南北方向)
  • ・敷地には、南側から北側に向かって緩やかな上り勾配がある。
  • ・建築物の計画に当たっては、盛土・切土により敷地全体を平坦にしてはならない。
  • ・この課題においては、道路境界線の部分をG.L.とし、±0mmとする。

構造、階数、建築物の高さ等

  • ・鉄筋コンクリート造3階建て
  • ・建築物の最高の高さは10m以下、かつ、軒の高さは9m以下
  • ・建築物の外壁面及び柱面は、隣地境界線から500mm以上

延べ面積

  • 「240m2以上、300m2以下」

人員構成等

  • ・診療所部分:院長(歯科医師)、従業員3名(歯科衛生士2名、事務員1名)
  • ・住宅部分:夫婦(夫が診療所の院長)、子供1人(中学生)

要求室等

【診療所部分】
待合室(A)
  洗面コーナー、ソファー(計4席以上)
受付・事務室
  受付カウンター
診察室
  歯科診療台設置スペース(2,100mm×2,100mm)2台分、消毒コーナー
X線室
  心々1,500mm×1,500mm以上
技工室
  作業机、心々1,500mm×1,500mm以上
休憩室
  テーブル、椅子、ロッカー
院長室兼応接室
  机、テーブル、椅子
倉庫
 
従業員用便所
  従業員・院長も使用
患者用便所
 
【住宅部分(1階)】
玄関ホール
  下足入れ
【住宅部分(2階)】
夫婦寝室
  ベッド(計2台)、ウォークインクロゼット(3m2以上)
子ども室
  それぞれにベッド、机、収納
納戸(B)
 
洗面コーナー
 
便所(B)
 
バルコニー
  設置場所適宜
【住宅部分(2階又は3階)】
住宅部分(2階又は3階)
  夫用、机、椅子
書斎(B)
  妻用、机、椅子
  • 注1:各要求室において、床面積・広さの指定がない場合、床面積は適宜
  • 注2:診療所部分は、全て下足
  • 注3:住宅部分の竪穴部分は所定の防火設備を用いて区画(外壁の開口部で延焼のおそれのある部分には所定の防火設備)

スロープ、外構

屋外スロープ
  地内の通路に高低差が生じる場合、勾配1/15以下
駐車スペース
  2台分(患者用1台分、住宅用1台分)
駐輪スペース
  5台分(患者用3台分、住宅用2台分)
塀・植栽等
 

総評

敷地は11m×20m、南側一面接道で、南北に500mmの高低差がありました。また、道路境界線の部分をG.L.±0mmと指定され、断面計画において、高さ制限(軒の高さ)違反とならないように工夫が必要な課題でした。

設計条件についての日建学院の課題対応状況としては、

  • ①出入口を明確に分離。屋内の1階部分で直接行き来 ⇒ 各課題において要求
  • ②診療所部分の各要求室について、適切な配置計画及び動線計画 ⇒ 早期対策課題1、演習課題4、特訓課題2、ステップアップ課題1、ステップアップ課題3の5課題において要求
  • ③敷地11m×20m⇒演習課題3、特訓課題2、直前対策課題1の3課題において要求し、さらに直前対策課題1は、南側1面接道の本試験と同じ敷地形状・接道条件でした。
  • ④「盛土・切土により敷地全体を平坦にしてはならない。」との条件については、敷地全体を平坦にすると条件違反です。 ⇒ 敷地内に一部でも地盤面の傾斜がそのままの部分があれば条件違反にならないと読み取れます。敷地内の利用していない部分を傾斜したまま残していれば、建築物やスロープは、敷地が平坦な場合と同じように計画することが出来ました。
  • ⑤仮に、南北の高低差に対応するために床高を上げる場合は、屋外スロープ、天井高、最高の高さや軒の高さに注意が必要です。 ⇒ 直前対策課題2において、天井高指定・床高指定し、大きなスロープ断面構成の理解を要求。
  • ⑥竪穴区画及び延焼のおそれのある部分の防火設備 ⇒ 各課題において要求
  • ⑦部分詳細図の切断位置「バルコニーの出入口」⇒ 演習課題1参考図、演習課題3答案例基礎テキストで対応。
等、問題文を冷静に読み取り、課題や講義で学習した内容を身に付けておけば、十分対応できる内容でした。

全体として、要求室の数や床面積指定が少なく、屋内の平面計画はさほど難しくない課題でした。ただし、問題文の「敷地の高低差」「盛土・切土」「G.L」について読み取りが難しい部分がありました。

1階の床高をいつもよりも高く計画した受験生は、屋外スロープ・屋内の段差調整・軒の高さが9mを超えないための階高調整など、断面計画で難しい部分がありました。さらに、立面図・断面図・部分詳細図を正確に作図できたか否かが重要なポイントとなると思われます。



ポイント説明会(参加無料)のご案内

本年度本試験課題を徹底検証します。課題のポイント・プランニングの検討・減点箇所など気になる不安を解説します。

実施日 9月15日(水)19:00~
※各校により実施日が異なる場合があります。
場所 日建学院 直営校
全国学校案内
費用 無料
お申込み 各校によって開催日時・時間が違う場合がございますので、日建学院 直営校にお問い合わせいただきお申込みしてください。
内容 ●試験課題のポイント ●プランニングの検討
●課題から考えられる減点箇所
●受講生の解答状況 ●答案例について

あなたの図面は合格点? プラン無料添削

「ポイント説明会」当日、合格判定予想を実施!!

あなたのプランをトータルチェックします

復元プランをお持ちいただき、「ポイント説明会」にお越しいただければ、トータルプランチェックを行います。プラン記入未完成の方もぜひ、ご利用下さい。

「ポイント説明会」に来られない方も安心!

トータルプランチェックは随時受付しております。無料添削を希望される方は、お近くの日建学院 直営校にお問い合わせください。

  1. STEP1

    エスキスプランを記入

  2. STEP2

    説明会に参加される方 → 当日にご持参ください。

    説明会に参加できない方 → 地域担当の日建学院スタッフにお渡しください。

  3. STEP3

    あなたのプランをトータル採点チェック

  4. STEP4

    説明会に参加される方 → 添削後、エスキス用紙を返却いたします。

    説明会に参加できない方 → 日建学院より返却の連絡をいたします。

参考答案例プレゼント

2級建築士 設計製図本試験 参考答案例(一式図)[2021年]無料プレゼント

本年の「本試験課題」参考答案例(一式図)を無料進呈いたします。

2級設計製図本試験「答案プラン例」無料ダウンロード

2級設計製図本試験「答案プラン例」(PDF)を無料ダウンロードできます。(「お申込み」より)
※PDFダウンロードは、9月13日(月)13:00より開始予定です。

お申込み

  • ※参考答案例(一式図)の発送は、10月上旬頃となりますので予めご了承ください。
  • ※答案プラン例、参考答案例(一式図)は日建学院講師作成の参考解答例であり、試験実施機関とは一切関係がありません。