• FAQ
  • 受講生専用
  • サイトマップ

HOME > 講座一覧 > 第三種電気主任技術者TOP

第三種電気主任技術者

電気保安で社会を見守る
ニーズの高い電気技術者資格

第三種電気主任技術者とは

電気主任技術者は、発電所や変電所、ビル、工場、などの受電設備や配線など、電気設備の保安監督という仕事に従事できます。電気主任技術者は社会的評価が高い資格と言えるでしょう。

電気設備を設けている事業主は、工事・保守や運転などの保安の監督者として、電気主任技術者を選任しなければならないことが法令で義務づけられています。

資格取得のメリット

この資格は企業からのニーズが高く、就職や転職に有利になること。また、職場からの評価に繋がるだけでなく、ビルのメンテナンスや工場勤務、電気工事業者等、仕事の幅も広がります。
また、一般用電気工作物の工事に独占的に従事できるため、活躍の場は広く、電気主任技術者への途も開けています。

  • 電験(電験3 種)を先に取得すると、第一種、第二種電気工事士資格のうち筆記試験が免除になります。
  • 電験三種を持っていると、実務経験により第一種電気工事士免許を取得することができます。

講座の特長

Point1過去問題480題を
わかりやすく徹底解説!

  • 講座では、電気工学科の講師陣が最近の過去問題を年度ごとに4科目別に1問ずつ。わかりやすく解説しています。
  • 出題範囲が広く独学では難しい内容も、優れた講師陣によるポイントを絞ったこの講義なら効率的な学習ができます。
  • 過去問題と解答解説はプリントアウトできるので、改めて問題集等を購入する必要はありません。

Point2試験のポイントが
わかる理解しやすい「映像講義」

「資格を目指す人たちを応援したい」と、資格講座を開講してから40年余。様々な研究・分析、試行錯誤を重ねてきた日建学院の映像講義は、長年にわたって蓄積されてきた試験攻略のノウハウやポイントが詰まった「合格のための講義」です。

日建学院の映像講義のクオリティの高さと教材の完成度は、多くの企業、法人、大学等からも高い評価を受け、国土交通省登録の法定講習をはじめ、様々な講義への制作協力もしています。

合格するためのポイントを効果的に学べる。

映像講義は、全て一流講師陣をはじめとするプロ集団が制作。試験のポイントがわかりやすく、要点を掴みやすい講義です。

理解度・想起度が高い図表や動画を使用。

視覚と聴覚を同時に刺激する映像講義。理解度・想起度・記憶度を抜群に高める学習方法として、高い評価と厚い信頼を得ています。講義の流れに合わせて図表などを用いて解説するため、高い理解度が得られます。

日建学院コールセンター

フリーコール 0120-243-229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)