• FAQ
  • 受講生専用
  • サイトマップ

HOME > 講座一覧 > 2級FP/AFP > 重点コース[2018年5月試験向け]

初学者対象

  • 通学講座
  • Web講座

2級FP/AFP重点コース[2018年5月試験向け]

開講日(配信日) 2017年11月14日(火)~2018年5月本試験日

重要項目を中心に身につけたい方へ

多岐にわたるAFP試験の出題項目のうち、最重要項目を中心に学習します。

講座概要

対象者 初学者・学習経験者
受講形態 通学(個別型)講座・Web講座
学習期間・回数 約3ヵ月・28回
開講日(配信日) 2017年11月14日(火)~ 2018年5月本試験日
教材配付日 コース開講日(配信日)の約1ヶ月前より順次発送します。
本講座実施校 日建学院 直営校、認定校、公認スクール
認定研修対応入学期限 2017年12月20日(水)
※認定研修対応入学は終了いたしました。
早期入学者特典 本講義開始前に「入門講義」を受講いただけます。「入門講義」とは、金融の用語や特徴等について楽しく学べる講義です。本格的な学習を始める前に、ご活用ください。
●講義の一部
「入門講義カリキュラム」全4回/講義105分
※配信時期については、以下のとおり。
第1回 金融商品(その1)
第2回 金融商品(その2)
第3回 金融商品の選び方、組み合わせ方
第4回 規制緩和とセーフティーネット
※入門講義は、早期入学者特典無料講義です。この講義単体でのお申込みはできません。また、この講義を受講しない場合でも学費の割引はありません。
お申込み受付 【インターネットからお申込み】
 2018年4月17日(火)まで
受講料
  • 通常 100,000円 +消費税
  • 教材費は受講料に含まれています。
  • 特典割引をご利用される場合は、各校窓口にてお申込みください。

お申込み

各校受付よりお申込み

全国学校案内

カリキュラム・講義内容

入門講座(※早期入学者特典)[全4回]

9月中旬~11月中旬

●まずは、金融商品の基礎知識をつける
銀行、証券会社、保険会社など金融機関が取扱う幅広い金融商品の特徴について学習します。
■講義/4回

重点講座[全28回]

11月中旬~3月上旬

●合格に必要な知識を身につける
入門講座や自宅学習で得た知識をベースに、本格的な学習のスタートです。本試験で問われる重要ポイントを科目ごとに分かりやすく講義します。また、課題に基づいて作成した提案書を期日までに提出することで認定研修を修了することができます。
※実務経験を満たしていない方は、3級FPに合格しているか、認定研修を修了していないと2級FP技能検定試験を受検できませんのでご注意ください。
<提案書提出>準備万端で、ラクラク作成!!
講義の第16回では、提案書の作成指導を行います。 どなたでも合格レベルの提案書が作成できるよう指導しますので、安心してください。
■講義・テスト/22回
■中間試験/6回

本試験( 5月第4日曜日 )

※カリキュラム・講義内容は変更する場合がございます。

使用教材

出題傾向を徹底分析、わかりやすい「 オリジナル教材」

日建学院の教材は、試験を熟知した講師陣が試験の出題内容を分析し、見やすさや使いやすさに配慮して編集しています。重要項目をわかりやすく解説していますので、復習でさらに理解度を高めることができます。

  • AFPテキスト
  • 金融なんでも百科
  • 過去問題集(学科編・実技編)
  • 提案書作成課題、基本書式
  • 学科項目別演習問題
  • FP実技テキスト
  • 模擬試験
  • 宿題

AFPテキスト

FP試験で学ぶ6科目について、必要なポイントをまとめた受検対策用テキストです。合格までフル活用しましょう。

金融なんでも百科

消費者が利用できる主な金融商品について、その考え方や選び方などのポイントが簡潔に記述された入門用の冊子です。

過去問題集(学科編・実技編)

近時出題された過去問を科目別・項目別に収録した問題集です。試験合格のためには、過去問を繰り返し演習することが大切です。

提案書作成課題、基本書式

AFP認定研修を修了するために提出していただく課題です。どなたでも作成しやすいように、書式を用意しています。

学科項目別演習問題

試験直前期に使う教材です。1科目ごとに25問、厳選された重要問題が収録されています。

FP実技テキスト

実技試験対策として、試験に必ず出る項目・よく出る項目を図表や事例を数多く示し、簡潔にまとめたテキスト。講師が、解き方や表の見方をわかりやすく講義します。講義に続き、練習問題演習とその解説講義も行います。

模擬試験

学科・実技ともに本試験とほぼ同じ形式、レベルの問題で構成されています。本試験に対応する力を鍛えるためにも不可欠です。

宿題

重点講座の予習の段階で使う教材です。AFPテキストを参照しながら問題を解いて、その上で講義を視聴しましょう。

日建学院コールセンター

フリーコール 0120-243-229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年始年末を除く)