HOME > 講座一覧 > 2級管工事施工管理技士 > 実地試験対策コース

今始める方に
おすすめ!

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座

2級管工事施工管理技士実地試験対策コース

開講日 2019年10月中旬

実地試験対策に特化した徹底集中講座

約1ヶ月間、全6回で構成される実地試験対策に特化した集中講座です。実地試験対策コースでは記述式問題や経験記述の過去問題を徹底分析し、解りやすい教材と理解しやすい講義内容で重要ポイントを学習し、実地試験合格を強力にサポートします。

講座概要

対象者 初学者・学習経験者
受講形態 通学(教室型・個別型)講座
学習期間・回数 約1ヵ月・6回
標準開講日 2019年10月中旬
教材配付日 2019年10月中旬より
本講座実施校 日建学院 直営校、認定校
受講料
  • 通常 30,000円 +消費税
  • 教材費は受講料に含まれています。
  • 特典割引をご利用される場合は、各校窓口にてお申込みください。

お申込み

インターネットからお申込み

通学講座申込み

カリキュラム・講義内容

実地試験対策講座[全6回]

10月中旬

実試験対策+模擬試験+実地重要問題解説で万全の態勢づくり
過去問題を徹底分析し解りやすく整理した教材を用い、全6回の講義を(模擬試験を含む)において重要ポイントを学習し、試験のツボを押さえて難関突破を目指します。
●実地試験対策[全4回]
実地試験は、学科試験の4肢択一とは違いすべて記述で解答する方式です。記述で解答するには、解答に必要な知識とそれを文章にする力の両方が必要になってきます。この知識プラス文章力を習得にするための講義です。
●模擬試験[全1回]
模擬試験は、全国一斉に行われる本試験と同じ形式の模擬テストです。"あなたの実力がどれぐらいなのか"が解ります。この結果に基づき教材で弱点を補強してください。
●実地重要問題解説[全1回]
実地の記述式問題において重要度の高い問題を厳選した重要問題要点解説講義です。本試験前の実地試験対策の最終確認として役立ててください。

本試験( 11月第3日曜日 )

※カリキュラム・講義内容は変更する場合がございます。

使用教材

出題傾向を徹底分析、わかりやすい「 オリジナルテキスト」

日建学院のテキストは、試験を熟知した講師陣が試験の出題内容を分析し、見やすさや使いやすさに配慮して編集しています。重要項目をわかりやすく解説していますので、復習でさらに理解度を高めることができます。

  • 実地テキスト
  • 宿題
  • 実地対策テスト

実地試験対策テキスト

実地試験で出題される経験記述の「記入上のポイント」、記述式問題における施工要領図の考え方や施工上の留意事項などの記述ポイントを網羅。書いて覚えることを目的としたテキストです。

宿題

自宅で行う予習用の教材です。実地試験に必要なポイントを事前に記述練習することを目的としています。

実地対策テスト

宿題や講義で学んだ記述ポイントの定着度合いを測るアウトプット教材です。必要なポイントをしっかり覚えたうえで簡潔な解答が記述できているかを確認します。

日建学院コールセンター

フリーコール 0120-243-229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年始年末を除く)