日建学院では「学科試験は高得点を目指す」カリキュラム構成としています。それはなぜか…。建築士の試験は学科試験・設計製図試験の2つの試験に合格しなければならず、かつこの2つの試験は繋がっているからです。

つまり、学科試験の出題傾向がその年の設計製図試験対策のヒントとなっています。 ということは、その年の学科試験における高い理解度(高得点での合格)が、そのまま、その年の設計製図対策において非常に有利になってくるということです。

特に学科試験の「建築法規」は、構造や施工の科目にも大きなベースとなる部分になります。日建学院では、 「建築法規」を早期からマスターすることによって、高得点での学科試験合格、および効率の良いストレート合格を目指します。

近年の本試験から見る建築法規の位置付け

国の指針によって、近年の建築業界全体では設計や工法などの自由度が増してきています。これは建築基準法も例外ではなく、法改正を踏まえて自由度を増した法文構成に年々移行してきています。つまり、近年の建築士試験では、法文を素直に読み取るだけではなく、様々な条件設定を踏まえた法文の読み取りが必要となり、さらには「そもそもの法の趣旨(なぜその法が設定されているか)」も理解しておく必要があります。
近年の建築士本試験から見る建築法規の学習POINT・試験対策は下記のようになります。

建築法規学習のPOINT

  • [原則][除外][例外]などの法文構成を理解することで、狙われる出題ポイントが見えてくる。
  • 読みづらい法文だからこそ、本試験での出題傾向が強い。

令和4年度学科試験の建築法規対策

問題の長文化による読解力対策
→条件設定などが複雑化され問題文が長文になっている。細かい条件設定を正確に読み取り、問われている問題に対して正確な解答をする必要がある。
複合的な融合問題対策
→複合的な融合問題が増加し、法令集のどこを引けばよいのかの瞬間的な判断が難しくなっている。限られた時間で冷静に正確に解答を導き出す、判断力が問われる。

日建学院では、このような傾向を踏まえ、建築法規対策を早期に実施することで、高得点での学科試験合格、および効率の良いストレート合格を目指せると判断しています。

建築法規の重要性

建築士学科試験に合格するためには、全科目『満点』をとる必要はありません。しかし、「建築法規」だけは『満点』を目指す必要があります!その理由は2つあります。

1つ目は、「建築基準法関係法令集」が本試験の際に持ち込みできるからです。「法令集」を持ち込めるとなれば、受験生全員が『満点』をとれるハズですが、一般的に受験生の平均点は7割前後です。その理由は、「慣れ」と「制限時間」にあります。法令集は日常生活では使用する機会がほとんどありません。大学や専門学校等の授業でも法令集を使用する機会は少なく、「引き慣れていない」受験生が多いのが現状です。また、現行の「建築法規」の試験時間は、制限時間1時間45分となりました。本試験で解答を導くのに1問あたり3分が目安となりますが、常日頃から引き慣れていない状態で本試験に臨むと制限時間内に全問を引くことができません

2つ目は、学科試験の「建築法規」の学習内容が設計製図試験(二次試験)の際に多く問われることです。設計製図試験は減点方式で、作図と法規的チェックがあります。法規的チェック項目は非常に多くあり、そのミスは「減点」が大きいものやミスの積み重ねにより致命的になることもあります。しかしながら…設計製図試験において、建築法規を確認できる「法令集」の持ち込みは禁止です。

つまり、「建築法規」で満点がとれる状態になれば、「法令集」に頼らなくても法規的チェックができるようになり、「減点」の少ない設計製図答案で合格する確率が高くなります。したがって「建築法規」の『満点』を目指すことで、学科試験が合格しやすくなるとともに、設計製図試験までのストレート合格のカギとなる最重要科目となります。

建築法規は「満点」を目指そう!
設計製図試験までのストレート合格のカギだ!!

得点源の元となる建築法規のベースアップ

学科試験の科目である「構造」や「施工」の試験問題出典元は「建築基準法」になります。つまり、建築法規を学習することで構造と施工のベースを身に着けることができます。言い換えると…学科試験で高得点を取る為には「建築法規の武装」が必須となります。その為には早期から学習に取り組み、法文の丸暗記ではなく「建築基準法」を体系的に理解して把握することが必要となります。

また、建築法規30問中25問を占めるのは「建築基準法+建築士法」の部分になります。この部分を早期に理解・把握することで、建築法規だけでなく構造や施工も含めた学科試験で高得点を取る基礎部分を固めることができます。

学科試験を高得点で突破するために、日建学院では「法規スタートアップ講座」を組み込み、早期の時点では法令集の線引きよりも、法体系や仕組みを理解することを先行して学習いたします。

構造も施工も「建築基準法」がベースになる!
建築法規で「武装」しよう!!

一流講師による講義で体系的に法規をマスター

日建学院の講義は、各分野で経験豊富な一流講師陣による「映像講義」。基礎的な部分や記憶に残さなければならない部分は、生講師による講義よりも、一流の講師陣による映像講義の方が高い合格実績が出る、という結果から導き出された答えです。

多くの講習機関では講師を選ぶことはできず、実際に受講してみなければ、講師の実力はわかりません。また、講師によって講義レベルに差異が発生することも多々あります。

日建学院では、「より合格に近づくために」「講師によるレベル差を無くすために」一流講師による映像講義で講義を展開します。一流講師の講義が全国どこでも受講できるのは日建学院だけです。

映像講義

1級建築士学科法規スタートアップ講座 受講の流れ

週1回×8回

理論講義

建築法規の基本を身につけることができ、試験に必要な知識のインプットと整理のために、日建の一流講師がわかりやすく解説する講義です。

理解度テスト

講義の終了時にテストを実施することにより、講義でインプットされた知識の確認と、確かなアウトプット力を身につけ、一層の学力アップを図ります。

矢印

令和3年度1級建築士学科本試験検証講座

理論講義と理解度テストで基礎力を身につけたら、過去問題にチャレンジ!実際の令和3年度の本試験問題(建築法規)を解きながら、近年の傾向と対策を身に着けます。

法規スタートアップ講座カリキュラム

← scroll →

講義 講義内容 講義時間 テスト
法規1 建築基準法の概要
総則(用語の定義等)
120分 理解度確認
テスト1
法規2 総則
一般構造
120分 理解度確認
テスト2
法規3 構造強度
防火規定(特殊建築物の制限)
120分 理解度確認
テスト3
法規4 防火規定
(防火地域・準防火地域内の制限・検証法等)
120分 理解度確認
テスト4
法規5 避難規定
建築設備
120分 理解度確認
テスト5
法規6 都市計画区域等の制限
(道路・壁面線・容積率・建ぺい率等)
120分 理解度確認
テスト6
本試験
検証講義
令和3年度学科試験(建築法規) 120分 -
法規7 都市計画区域等の制限
(高さの制限・建築協定・雑則等)
120分 理解度確認
テスト7
法規8 建築士法
職業倫理
120分 理解度確認
テスト8

← scroll →

使用教材

・2021 年度版法規受験テキスト

・理解度確認テスト問題用紙・解答

・建築基準法関係法令集

・1級建築士主要法令[条文]アンダーライン集

・令和3年一級建築士本試験解答解説集(建築法規)

  • 使用教材
  • 使用教材
  • 使用教材
  • 使用教材

1級建築士 学科試験対策講座一覧

  開講日 学習期間・
回数
受講料 概要

今始める方におすすめ!

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座・Web講座
  • 一般教育訓練給付金適用

学科スーパー本科コース

標準開校日:2021年11月中旬 ※Web講座配信開始:2021年2月上旬
学習期間
約10ヵ月
講座回数
187回
  • 通常 790,000
    (税込 869,000 円)

開く

学科合格に的を絞った究極の「プレミアム」コース誕生

日建学院が提供出来るほぼ全ての学習ツールが一つになった、学科試験合格の為に拘った究極の学習コース。 基礎から応用力の習得まで、どの様な状況になっても、貴方を合格までサポートします。

※当講座を受講し、学科試験に合格された場合は、特別学費200,000円(税込220,000円)で同年度の1級建築士設計製図本科コースを受講できます。

今始める方におすすめ!

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座
  • 一般教育訓練給付金適用

学科本科コース

標準開校日:2021年11月中旬
学習期間
約8ヵ月
講座回数
107回
  • 通常 700,000
    (税込 770,000 円)

開く

基礎から直前対策まで効率よく学ぶ学科のスタンダードプラン

受験年度の前年11月からスタートし、基礎~試験全範囲を効率よく学んでいくスタンダードコース。通学を基本に試験直前まで多様な学習プログラムで合格力を身につけます。

今始める方におすすめ!

初学者・学習経験者

  • Web講座

学科本科Webコース

2021年11月中旬~2022年学科本試験日
学習期間
約8ヵ月
講座回数
107回
  • 通常 700,000
    (税込 770,000 円)

開く

効率よく学ぶ学科のスタンダードプランをWebで学ぶ

受験年度の前年11月からスタートし、基礎~試験全範囲を効率よく学んでいくスタンダードコース。Web学習を基本に試験直前まで多様な学習プログラムで合格力を身につけます。

今始める方におすすめ!

初学者・学習経験者対象

  • Web講座

学科理論Webコース

2021年7月中旬~ 2022年学科本試験日
学習期間
約6ヵ月
講座回数
83回
  • 通常 300,000
    (税込 330,000 円)

開く

いつでもどこでも何度でも、合格させる映像講義で自分学習

どうしても通学不可能な方、通学しないで学習を進めたい方へWebを利用して自宅で受講できるシステムです。Web講義なので、いつでもどこでも、また繰り返し受講する事が可能です。

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)