HOME > 講座一覧 > 2級建築士TOP > 合格への道 > メルマガ 2級建築士・一問一答 > バックナンバー

メルマガ 2級建築士・一問一答バックナンバー

「2級建築士・一問一答」 2020/03/02

■□■□■□■□■□■□■□■
 日建学院の
  【2級建築士・一問一答】

    2020年3月2日
■□■□■□■□■□■□■□■

※「2級建築士・一問一答」に登録頂いた方に配信しています。
※「改題」の付記がないものは、出題年度のまま掲載しています。
※正解はメール末尾に記載してあります。

☆2020年学科試験(7月5日予定)まで残り 125日!

◆問題1(平成24年度 計画08)
 光と色彩に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • (1) 輝度は、光を発散する面をある方向から見たときの明るさを示す測光量である。
  • (2) 光の三原色は、赤、黄、青である。
  • (3) 演色性は、物体色の見え方についての光源の性質である。
  • (4) 純色は、ある色相の中で最も彩度の高い色である。
  • (5) 無彩色は、明度のみを有する色である。

◆問題2(平成26年度 施工24)
 建築積算の用語に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • (1) 所要数量は、定尺寸法による切り無駄及び施工上やむを得ない損耗を含まない数量である。
  • (2) 計画数量は、設計図書に表示されていない施工計画に基づいた数量である。
  • (3) 複合単価は、材料費や労務費など、2種類以上の費用を合わせたものの単価である。
  • (4) 工事原価は、純工事費と現場管理費を合わせたものである。
  • (5) 設計数量は、設計図書に表示されている個数や設計寸法から求めた正味の数量である。

◆問題3(平成25年度 構造20)
 建築材料として使用される木材及び木質系材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • (1) 加圧式防腐処理木材は、現場で切断加工した場合、加工した面を再処理して使用する。
  • (2) 単板積層材(LVL)は、単板の繊維方向を互いにほぼ平行にして積層接着したものである。
  • (3) 木材の繊維方向の基準強度の大小関係は、一般に、圧縮>引張>曲げである。
  • (4) 板目材は、乾燥すると、木表側に凹に変形する。
  • (5) インシュレーションボード、MDF及びハードボードは、繊維板(ファイバーボード)の一種である。

◆正解
問題1 … (2)
問題2 … (1)
問題3 … (3)

※実際のメルマガでは、解答の解説も紹介しています。

メルマガ 2級建築士・一問一答 お申込み

お申込み
解除もこちらから

メルマガ 2級建築士・一問一答 TOP

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)