HOME > 講座一覧 > 2級建築士TOP > 合格への道 > メルマガ 2級建築士・一問一答 > バックナンバー

メルマガ 2級建築士・一問一答バックナンバー

「2級建築士・一問一答」 2020/05/18

■□■□■□■□■□■□■□■
 日建学院の
  【2級建築士・一問一答】

    2020年5月18日
■□■□■□■□■□■□■□■

※「2級建築士・一問一答」に登録頂いた方に配信しています。
※「改題」の付記がないものは、出題年度のまま掲載しています。
※正解はメール末尾に記載してあります。

☆2020年学科試験(7月5日予定)まで残り 48日!

※当初の予定通りの日程に試験を行うか、又は同日の試験実施を中止し試験実施を延期するかについては、試験機関より 6月上旬までに発表される予定です。その際、試験実施に関する情報については、受験要領の対応方針に基づき、試験機関ホームページに掲載される予定ですので、必ずご確認ください。

▼公益財団法人 建築技術教育普及センター
https://www.jaeic.or.jp/

◆問題1(平成24年度 施工25)
 建築工事の請負契約書に、建設業法上、記載を要しない事項は、次のうちどれか。

  • (1) 主任技術者又は監理技術者の氏名及び資格
  • (2) 契約に関する紛争の解決方法
  • (3) 天災その他不可抗力による損害の負担
  • (4) 工事完成後における請負代金の支払の時期及び方法
  • (5) 注文者が工事の完成を確認するための検査の時期及び方法

◆問題2(平成25年度 計画12)
 集合住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • (1) 階段室型や集中型は、一般に、各住戸のプライバシーが確保しやすい。
  • (2) 片廊下型やツインコリドール型は、一般に、共用廊下の面積が大きくなりやすい。
  • (3) 階段室型や集中型は、一般に、階段又はエレベーターから各住戸への動線を短くできる。
  • (4) 中廊下型やツインコリドール型は、一般に、住棟を南北軸に配置することが多い。
  • (5) 集中型やスキップフロア型は、一般に、各住戸の居住性を均質にしやすい。

◆問題3(平成26年度 構造25)
 建築材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • (1) ロックウールは、吸水しても断熱性能が低下しないので、湿度の高い場所においても断熱材として用いられる。
  • (2) 花こう岩は、耐久性に優れているので、外装材として用いられる。
  • (3) ステンレスシートは、屋根や庇の防水層に用いられる。
  • (4) テラコッタは、大型のタイルの一種であり、装飾用の外装材として用いられる。
  • (5) テラゾブロックは、壁や床などの内装材として用いられる。

◆正解
問題1 … (1)
問題2 … (5)
問題3 … (1)

※実際のメルマガでは、解答の解説も紹介しています。

メルマガ 2級建築士・一問一答 お申込み

お申込み
解除もこちらから

メルマガ 2級建築士・一問一答 TOP

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)