HOME > 講座一覧 > 2級建築士TOP > 合格への道 > メルマガ 2級建築士・一問一答 > バックナンバー

メルマガ 2級建築士・一問一答バックナンバー

「2級建築士・一問一答」 2020/06/01

■□■□■□■□■□■□■□■
 日建学院の
  【2級建築士・一問一答】

    2020年6月1日
■□■□■□■□■□■□■□■

※「2級建築士・一問一答」に登録頂いた方に配信しています。
※「改題」の付記がないものは、出題年度のまま掲載しています。
※正解はメール末尾に記載してあります。

☆2020年学科試験(7月5日予定)まで残り 34日!

※当初の予定通りの日程に試験を行うか、又は同日の試験実施を中止し試験実施を延期するかについては、試験機関より 6月上旬までに発表される予定です。その際、試験実施に関する情報については、受験要領の対応方針に基づき、試験機関ホームページに掲載される予定ですので、必ずご確認ください。

▼公益財団法人 建築技術教育普及センター
https://www.jaeic.or.jp/

◆問題1(平成26年度 計画16)
 建築物の各部の寸法及び床面積に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • (1) 飲食店において、立位で食事をするためのカウンターの高さを、床面から1,000mm とした。
  • (2) 診療所において、病室のベッド1床当たりの左右に設けるあき寸法を、ベッドの端から750mm とした。
  • (3) 病院において、患者4人収容の一般病室の内法面積を、20m2とした。
  • (4) 一般的な事務所において、12人が執務する事務室の床面積を、120m2とした。
  • (5) 図書館の便所において、隣り合うストール型小便器の心々間隔を、800mm とした。

◆問題2(平成25年度 施工03)
 建築工事に関する報告書・届等とその提出先との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

  • (1) 産業廃棄物管理票交付等状況報告書 ―――――― 建築主事
  • (2) 建築工事届 ――――――――――――――――― 都道府県知事
  • (3) 特定建設作業実施届出書 ――――――――――― 市町村長
  • (4) 道路占用許可申請書 ――――――――――――― 道路管理者
  • (5) 安全管理者選任報告書 ―――――――――――― 労働基準監督署長

◆問題3(平成24年度 構造25)
 建築材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • (1) アルミニウムペイントは、熱線を反射し、素地材料の温度上昇を防ぐので、鉄板屋根や設備配管などの塗装に用いられる。
  • (2) 発泡プラスチック系断熱材は、樹脂の中に微細な独立空気泡を閉じ込めることによって断熱効果を発揮するものであり、一般に、繊維系断熱材に比べて断熱性に劣る。
  • (3) しっくいは、消石灰にすさ・のり・砂などを混ぜて水で練ったもので、空気に接して固まる気硬性の材料である。
  • (4) 合わせガラスは、破損による飛散を防ぐことができる。
  • (5) Low - Eガラスは、ガラスの表面に特殊な金属膜をコーティングした低放射率ガラスのことである。

◆正解
問題1 … (3)
問題2 … (1)
問題3 … (2)

※実際のメルマガでは、解答の解説も紹介しています。

メルマガ 2級建築士・一問一答 お申込み

お申込み
解除もこちらから

メルマガ 2級建築士・一問一答 TOP

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)