1級舗装施工管理技術者[一般試験] 採点結果をメールでお知らせ WEB採点サービス

WEB採点サービスは
終了しました

[実地試験] ご希望の方全員にもれなく差し上げます! 解答試案プレゼント

日建学院では、ご希望の方に2021年度 1級舗装施工管理技術者応用試験の
「日建学院オリジナル解答試案」を差し上げています。自己採点の目安にぜひご活用ください。

プレゼントお申込み

    ※7月下旬頃の発送予定です。
  • 解答試案は当学院が独自に行うものであり、試験実施機関である一般社団法人 日本道路建設業協会とは一切関係がありません。合否判定は合格発表をご確認ください。

総評

 一般試験は4肢択一のマークシート方式で60問出題され全問必須解答、応用試験は5問出題され経験記述1問を必須解答、記述式問題4問のうち2問を選択解答する、例年通りの出題形式でした(下表参照)。

 〈一般試験〉
新傾向の問題、過去問のアレンジ問題など、一部で難易度の高い問題が見られましたが、全体的には過去問主体の出題内容でしたので、難易度は"一昨年と同等レベル"と評価します。

 〈応用試験〉
経験記述問題(問題1)は、例年と同じ問い方・記述量で出題されましたので、あらかじめ論文を作成し記述練習を重ねた受験者ならば、難なく対処できたのではないでしょうか。
記述問題(問題2~4)は例年、やや難易度高めの設定となっていますが、本年度の問題も例年と同等レベルの難易度高めの出題内容でした。現場施工の経験則だけで解けそうな平易な問題は少なく、正確な知識を備えなければ解けない問題が大勢を占めていましたので、苦戦された受験者が多いのではないかと思います。

種別 出題形式 解答方法
一般試験
(午前)
9:30~12:30
4肢択一式:60問 全問必須解答(マークシート方式)
応用試験
(午後)
13:30~16:30
記述式:5問 経験記述1題(必須解答)
経験した舗装工事について、工事名・工事内容・立場・留意した施工管理項目の課題(200字)・現場で実施した対策(300字)・得られた結果(100字)を記述する。
記述式問題4問(うち2問を選択解答)

 合格発表日は、2021年10月27日(水)。合格基準は一般試験、応用試験共に得点が60%以上とされていますが、試験の実施状況を踏まえ変更される可能性もあります。

 受験者の皆様が試験に合格されることを心からお祈りいたします。

2022年度試験対策

  概要

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座

短期集中コース

基礎から学んで一発合格を目指すための短期集中コース

一般試験・応用試験の出題傾向、重要ポイントを学習し、短期間で合格力を養成します。

1級舗装施工管理技術者 コース一覧

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)