HOME > 日建 Report > 合格者の声 > 大澤 政俊 さん

日建学院で合格しました! 合格者インタビュー

大澤 政俊 さん

1級建築士 合格

大澤 政俊さん

20代 札幌校

「法改正後、最年少20歳で1級建築士合格」

Q.法改正による「最年少1級建築士合格」は意識しましたか?

最年少で1級建築士を取れれば儲けものだし、「最年少合格」というタイトルが獲れるかなと思っていました。あと同じ勉強を来年もしたくないというのがモチベーションでした(笑)

Q.1級建築士を目指すようになったきっかけは?

まず建築業界に入ろうと思ったのが、小学生の時に祖母から将来何の職業につきたいの?と聞かれて、ものづくりが好きだったので、その中でも住宅系の設計をやってみたいなと思ったことがきっかけでした。建築士は、中学生の時に担任の先生と進路について話したときに、先生から「建設業に携わるなら建築士はないとだめだよね」「2級建築士と1級建築士、どっちの資格を持っている人に仕事を頼みたい?」と言われたときに「そしたら1級建築士は必要だな」と思って目指しました。

Q.独学は考えましたか?

通っていた専門学校が日建学院さんと提携校だったので、そこで契約して、独学はやめました。あと、1級建築士試験合格率が10%というのと、2次試験は独学ではほぼ受からないというのを聞いていたので、独学は無かったですね。

Q.独学していたら?

絶対受からないですね(笑) まず過去問集を探すことも大変ですし、テキストを探す時間もかかってしまいます。Webサイトで2次試験について調べてみても、エスキスや製図の指導を聞けるところがあまりないので、そういう面でも独学は選ばないですね。

Q.日建学院の良い所はどんなところですか?

僕の場合、周りに1級建築士を受けている人がいなかったので、分からないことあったらすぐ聞けて良かったです。あとコロナ禍で通学できない中で、映像講義があったのが助けになったのでそれが良かったです。

Q.製図の講師はどうでしたか?

宿題を提出して、製図の先生とプランについて話していた時間が1番有意義でした。「ここがだめだった」とか、「じゃあこうした方がいいですか」「それは欲張りすぎだ」といった話をたくさんできたので、それが嬉しかったです。

Q.合格したからこそ言える失敗談はありますか?

専門学校2年のときに、テキストをもらってやっていたのですが、教科書を一切見ないで問題集ばっかり解いていたんですよね。そしたらもう全然分からなくて(笑)最初にテキストを読んで、それから問題集を解いた方が有効的に使えたかなと思います(笑)

Q.今後やってみたいことは?

1級建築士があれば現場の所長になれるという資格でもあるので、ゆくゆくは現場を任されれば嬉しいかなと思っています。

1級建築士 TOPへ

日建学院コールセンター

フリーコール 0120-243-229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年始年末を除く)