HOME > 講座一覧 > 管理業務主任者TOP > 合格への道 > 資格・試験ガイド

資格・試験ガイド

資格概要

管理業務主任者とは?

マンション管理のマネジメントを担う管理のプロ

管理業務主任者資格は、マンションの管理の適正化の推進に関する法律で定められた国家資格です。
管理業務主任者の主な業務内容は、マンション管理業者の従業員として、日常の管理の業務の円滑な遂行、区分所有者等に対する重要事項の説明、交付書面への記名押印等を行うことで、非常に重要な役割を担っています。
生活の場として一戸建てと並ぶことになったマンションは、管理面の充実は資産価値として当然に必要なこととなっています。マンション管理に関するプロとして、管理業務主任者のニーズは、今後ますます高まっていくでしょう。

資格取得のメリット

  • マンション管理業には欠かせない資格

    マンション管理業者は、30管理組合につき1人以上の割合で、専任の管理業務主任者を設置する必要があります。マンション人気の高まる現在、管理業務主任者はなくてはならない人材となっているのです。

  • 就職、転職に有利

    有資格者しか行えない独占業務があるため、業界では常に有資格者が必要とされています。また、社員に対しても資格取得を奨励し「資格手当」を出す業者もあるほど、管理業務主任者は必要不可欠な資格となっています。

  • ステップアップに役立つ

    管理業務主任者の知識は、建築士や宅地建物取引士の資格取得の基礎となる内容も含みます。マンション管理士試験の合格者は試験では一部免除などの優遇措置もあります。

試験概要

受験資格

年齢、性別、学歴等による制限はなく、誰でも受験できます。

試験内容

  1. 管理事務の委託契約に関すること。
  2. 管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること。
  3. 建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること。
  4. マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること。
  5. (1)~(4)に掲げるもののほか、管理事務の実施に関すること。

※マンションの管理の適正化の推進に関する法律に基づくマンション管理士試験の合格者は、申請により管理業務主任者試験の一部免除を受けられます。この場合「マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること」が免除となります。

試験形式

4肢択一マークシート方式で、出題は全部で50問です。

実施概要

受験申込案内書配布期間 2021年8月2日(月)~9月30日(木)
受験受付期間 2021年9月1日(水)~9月30日(木)
試験地 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県、沖縄県、計8地域
※但し、やむを得ない事情があるときは、当該都道府県に隣接し又は近接する府県
試験日 2021年12月5日(日)
合格発表 2022年1月21日(金)
受験料 8,900円(非課税)
実施機関 一般社団法人マンション管理業協会
【試験のお問い合わせ先】
試験研修部/TEL:03-3500-2720

試験データ

年度 受験者数 合格者数 合格率
R2年度 15,667 3,739 23.9%
R元年度 15,591 3,617 23.2%
H30年度 16,249 3,531 21.7%
H29年度 16,950 3,679 21.7%
H28年度 16,952 3,816 22.5%

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)