HOME > 講座一覧 > 建築施工管理技士 TOP > 2級建築施工管理技士 学科+実地コース

建築施工管理技士

[2級建築施工管理技士]
学科+実地コース

  • 初学者
  • 受験経験者対象
  • 助成金適応
  • 個別
  • 通学

講義ダイジェスト

学科と実地のセットコース

※建設教育訓練助成金制度対象コース

学科+実地の双方を学習し、2級試験のストレート合格を目指します。重要ポイントを整理して学科試験合格の知識を習得する学科講義と記述式問題を重点に短期間で試験突破のポイントを学ぶ実地講義を交互に学習していきます。

講座概要

対象者 初学者・受験経験者
標準(推奨)
スケジュール

標準開講日:基礎講義9月中旬、本講義9月下旬
・推奨学習期間:約1.5ヶ月

受講形態 通信+通学(教室)…教室によっては実施しない場合があります。 通信+通学(個別)
≫受講形態についてはコチラ
受講料 通学 157,500円
(消費税込み・教材費等は全て含まれます)
個別
割引特典 ※各種特典割引がありますのでお問合わせ下さい。
お申込み方法 日建学院各校窓口にてお申し込みください。
≫お申し込み方法
≫全国学校案内はコチラ
※本コースは公認校では取り扱っておりません。
助成金について 助成金の利用には条件がありますので、詳しくは各校までお問い合わせください。
≫全国学校案内はコチラ

カリキュラム・講義内容

  • 基礎講義(早期入学者特典)[全5回]

    日常では接することが少なく、苦手意識のある「構造力学」と「ネットワーク」の基本となる解説、例題等を通して、基礎から順にステップアップしながら学習を進めて行きます。
    ■講義回数
    構造力学:3回 ネットワーク:2回

    9月

    通信添削

  • 学科講義[全12回+公開模擬試験]

    重要ポイントを押さえて、学科試験の合格を目指す

    全編カラー印刷による講義使用パネルを挿入したオリジナルビジュアルテキストを使用し本試験に最も直結するポイントを学習します。全12回の講義+模擬試験で重要ポイントを整理し、小テストで成果の確認を行うことで、難関の学科試験合格を目指します。
    ■講義回数
    建築施工(躯体)共通:3回 建築施工(仕上げ):2回
    施工管理法:2回 法規:2回 建築学:3回

    10月

  • 実地講義[全7回+公開模擬試験]

    記述式問題に重点を置いた実地試験対策

    2級建築施工管理技士資格取得の為に、必ず合格しなければならない実地試験。 年々難易度の高い問題になってきている「記述式問題」対策を第一に、過去の本試験問題を徹底分析。誰にでも解りやすく整理した教材と全7回の講義+模擬試験で重要ポイントを整理し、短期間で試験のツボを押さえて難関試験突破を目指します。
    ■講義回数
    経験記述について:1回 施工(躯体工事+仕上げ工事)・法規:1回 施工管理法:1回 経験記述:3回 記述式問題解説:1回

  • 学科実地本試験

使用教材

  • [学科]
  • ■ 基礎講義テキスト
  • ■ テキスト(全編カラー印刷による講義使用パネルを挿入したオリジナルビジュアルテキスト)
  • ■ 問題集
  • ■ 模擬試験
教材
  • 教材[実地]
  • ■ テキスト
  • ■ 演習問題・解答
  • ■ 添削問題
  • ■ 模擬試験
無料資料請求

講座のお問い合わせ、受講に関するご相談は日建学院各校までご連絡ください

全国学校案内

無料資料請求

日建学院コールセンター 0120-241-229

日建学院情報

  • 平成22年度1級建築士設計製図試験 合格占有率 50.1% No.1
  • 日本全国祝賀会 合格者ムービー

プレゼント

  • 合格アイテムプレゼント

    実地試験問題解答参考例

購入

  • Webマート
  • 受験対策本 建築施工管理技士

法定講習・継続学習

  • 資格者証取得・更新予定の皆様へ 監理技術者講習
  • 技術者教育に取り組む皆様へ [CPDS認定]土木施工監理 継続学習講座
  • 建築士の皆様へ 建築士定期講習

ページTOP▲