HOME > 講座一覧 > 土木施工管理技士 TOP > 1級土木施工管理技士 学科短期集中コース

土木施工管理技士

[1級土木施工管理技士]
学科短期集中コース

基礎から徹底マスター、特典教材も充実の万全対策

自宅学習テキストや、わかりやすいマンガテキスト(特典)で基礎固め。通学では基礎講義→合格講座 →直前講座→公開模試の流れで着実に合格力を積み重ねる。技術者必携の難関国家資格に一発 合格するために必要なことがフルスペックで揃った濃密なカリキュラムです。

合格を勝ち取るために完成された短期集中学習システムです。
充実のカリキュラムと教材で万全の対策。

講座概要

対象者 初学者 受験経験者
標準(推奨)
スケジュール
標準開講日:3月中旬
推奨学習期間:約4ヶ月間
本講座実施校 日建学院 直営校、認定校
≫全国学校案内
受講形態 通学(教室・個別)
≫受講形態について
受講料 250,000円 +消費税(教材費を含む)
教育訓練
給付制度の
ご利用について
当講座は教育訓練給付制度の対象講座です。
対象校は日建学院 直営校のみとなります。また入学時に配布する教育訓練給付金ご利用ガイドも併せてご確認ください。

※教育訓練給付制度を実施していない校もございます。事前にお問い合わせください。また認定校は提携校のため、教育訓練給付制度を実施していません。
お申込み方法 日建学院 各校窓口またはインターネットにてお申し込みください。
≫お申し込み方法
≫全国学校案内
インターネット受付   電子パンフレット

オプション講義

コース名 概要

自宅サポート講義
「学科サポート」

問題解説講義をブロードバンドで提供するオンライン学習システム。
インターネット学習なので、いつでも、どこでも、自分のペースで受講できます。
別途5,000円 +消費税

※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。

詳細

カリキュラム・講義内容

  • 基本自宅学習[全5回]

    自宅学習で基本知識を身につける

    全5回で構成されている自宅学習は、各回につき、下記のように学習を進めます。通学に向けての基礎力養成を目的としています。
    ■講義内容
    第1回:土工 第2回:コンクリート工 第3回:基礎工 第4回:法規 第5回:施工管理

    【自宅学習の進め方】
    STEP.1
    自宅学習用テキスト
    テキストを読んだ後に、チャレンジ問題を解きます。チャレンジ問題の解答・解説を確認して、正しい内容を理解します。
    STEP.2
    基本問題集
    繰り返し問題集を解くことにより、テキスト学習で理解した内容を覚えます。
    STEP.3
    添削問題
    テキストと問題集で養った知識で添削問題を解き、日建学院ホームページより解答します。
    STEP.4
    学習範囲の復習
    採点結果を確認。正解できなかった問題を中心に復習します。

    入学時~通学講座開始まで

    基礎講義[全5回](通学)

    基本知識を身につける

    全5回で構成されている基礎講義は、各回につき、下記のように学習を進めます。合格に向けての基礎力養成を目的としています。

    ■講義内容
    第1回:土工 第2回:コンクリート工 第3回:基礎工 第4回:法規 第5回:施工管理

    3月中旬

  • 合格講座[全16回](通学)

    合格力を養成する

    学科試験合格に必要な知識を習得することを目的としています。

    ■講義内容
    土木一般:4回 法規:4回 施工管理:4回 共通工学:1回 専門土木:3回

    4月

  • 直前講座[全7回](通学)

    総仕上げ講義+公開模擬試験+直前講義で万全の態勢づくり

    合格講座で得た「知識」を、本試験で発揮できる「確実な実力」に高めます。

    ■講義内容
    総仕上げ講義:4回 公開模擬試験:1回 直前講義(総仕上げ模擬):2回

    6月

  • 学科本試験

使用教材

出題傾向を徹底分析、わかりやすい 「オリジナルテキスト」

日建学院のテキストは、試験を熟知した講師陣が試験の出題内容を分析し、見やすさや使いやすさに配慮して編集しています。重要項目をわかりやすく解説していますので、復習でさらに理解度を高めることができます。

理解しやすい・丁寧な解説

  1. 各章の始めにまとめた「学習の要点」でポイントを把握
  2. 図や写真が多く理解しやすい
  3. 「解法解説」と「関連アドバイス」が丁寧で見やすい
    用語 重要な用語には、必ず解説と表や図解を掲載
    関連項目 他の章に関連する内容がある時は参照を記載して、融合問題に対応
    ポイント欄 重要事項の要点を抜粋
    注意欄 間違えやすい部分には先回りして解説を掲載
  4. 図解で分かりやすく表現
    解答解説では適宜図を入れて解説し、理解度を高める
  5. 2色刷りで、添付のシートをのせると解答部分がかくせる
    解答を見ずに問題を解く際に活用

テキスト

受験対策テキスト受験対策テキスト

試験に合格することを第一の目標に過去の試験問題を徹底的に分析し、最も効率よく理解・記憶ができるように編集したテキストです。

受験対策問題集受験対策問題集

問題集は、問題と解答解説で一頁の構成になっているため、頁をめくることなく解答のチェックができ、各問題がその場で理解できます。
また、出題科目ごとにまとめてありますので、弱点部分の補強にも大変便利な構成になっています。

お役立ちコンテンツ

  • 過去問にチャレンジ

    過去問に挑戦! Web上で自動採点ができます。

ページTOP▲