HOME > 講座一覧 > 2級管工事施工管理技士TOP > 合格への道 > 2020年度 2級管工事施工管理技士 後期学科・実地試験 合格発表

2020年度 2級管工事施工管理技士 後期学科・実地試験 合格発表

試験結果

  令和2年度
学科試験 実地試験
出席者数 9,535人 12,678人
合格者数 6,064人 5,514人
合格率 63.6% 43.5%

※2021年3月3日9時[一般財団法人 全国建設研修センター 公表値]による。

学科試験

 学科試験の全国合格率は63.6%。合格基準は必要解答数40問中24問以上の正解(60%正解以上)と、事前公表通りの結果でした。合格率は前年(69.3%)から5.7ポイント減少しました。過去5年間の平均合格率が61.4%であることから、比較的易しめな試験内容であったと判断します。

実地試験

 実地試験の全国合格率は43.5%。合格基準は「得点が60%以上」と、事前公表通りの結果となりました。合格率は前年(44.1%)から0.6ポイントの減少とほぼ横ばいで、過去5年間の平均合格率も43.1%であることから、試験難易度もほぼ例年並みであったと判断します。
 なお、昨年度過去最高を記録した女性の合格者割合8.5%が、本年度は7.9%と若干減少しました。


 難関試験を突破された合格者の皆様はおめでとうございます。現場の主任技術者として建設業界への寄与を大いに期待します。
 学科試験のみ合格者(2,623人)は次年度の学科試験が免除され、実地試験からの受験となります。残念ながら合格を逃した方は、なるべく早期のリスタートを心がけましょう。

 今年度の後期学科試験、実地試験の実施詳細については、下記をご確認ください。

※試験結果に関する詳細は、下記試験元のホームページにてご確認ください。
一般財団法人 全国建設研修センター

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)