HOME > 講座一覧 > 構造設計一級建築士TOP > 合格への道 > 2019年 構造設計1級建築士講習 修了考査 総評

2020年 構造設計1級建築士講習 修了考査 総評

総評

2020年修了考査の特徴

法適合、構造設計とも設計の基礎理論や基礎知識が理解できているかが中心になっている。特に新規問題と思われるものはなく、過去問題とほぼ類似なものや同一の問題が多くなっている。
本年度の状況を見ると設計基礎知識の再認識や講習テキストの見直等の他に、過去問題の検討が重要なものとなる。

過去の修了考査問題との比較

1.「法適合確認」2020年度の特徴

問題1:RC造建物モデル化(2017年 法適合 問題4 と類似)
  • 壁エレメント法 鉛直荷重問題点
  • 軸方向変位の検討
問題2:RC造 2次設計
  • 梁の部材種別
  • 増分解析によるN,M変遷
問題3:S造骨組 塑性極限解析(2019年 法適合 問題4 と類似)
  • 収束条件検討
  • 保有水平耐力計算
問題4:S造建物設計(2019年 法適合 問題5 と類似)
  • 完全溶込溶接の脆性破壊
  • 保有耐力横補剛
  • 屋根面ブレース検討
問題5:木造建物 設計(2016年 法適合 問題1 と同一)
  • 壁量計算、4分割法
  • 地震力計算
全体的な特徴
  • 過去問題と類似、同一のものが多い。
  • 設計の基礎理論、基礎知識の再認識必要
  • 講習テキストの記載内容確認必要

2.「構造設計 記述」2020年度の特徴

問題1:RC造 せん断検討(2014年 構造 問題1 と同一)
  • 耐力壁 せん断変形
  • スラブ せん断応力度 せん断変形
問題2:S造K型ブレース(2017年 法適合 問題3 と類似)
  • 塑性極限解析
  • 収束条件、保有耐力計算
問題3:基礎、地盤問題(2017年 構造 問題3 と同一)
  • 場所打コンクリート杭耐力
  • 2層地盤耐力、圧密沈下検討
全体的な特徴
  • 過去問題と同一、類似のものが多い。
  • 設計の基礎理論理解が要求されている。

3.「構造設計 4枝択一」2020年度の特徴

  • 例年と同様に広い範囲からの出題
  • 過去問題と類似の問題文(例参照)、4択問題対策講義がきわめて有効になる。
  • 計算問題が1問
  • 計算問題としては比較的易しい

類似問題文例

類似問題文例

修了考査の傾向

(1)
全般的
① 基礎知識の理解や基礎設計能力が問われている
② 木造、鋼構造、RC造設計の基礎知識が要求されている
③ 二次(塑性)設計に対する基礎知識が必要
④ 構造設計者としての考察が要求されている
(2)
法適合
① RC造、S造、木造は必ず出題されている
② 基準等における式誘導方法が問われている
③ 設計における基礎知識や設計者の考え方を問う問題になっている
④ 限界耐力計算等の基礎知識に対する理解度が問われている
(3)
構造設計
(記述)
① RC造とS造はほぼ毎年出題されている
② RC造の断面計算、S造の許容応力度について出題されることが多い
③ 地盤や基礎に関する問題も見られる
④ 設計基礎知識に関連した問題もある
(4)
構造設計
(4枝択一)
① 構造設計に関するほとんどの分野から出題されている
② 過去問題の文章が表現を変え再度出題されている場合も多い
③ 構造力学や弾塑性解析の基礎式に関連する計算問題もある

修了考査の対策

(1)
全般的
① 基礎知識を再認識する
② 解析式の導き方や設計詳細知識の概略理解にも注意を払う
③ 日常の業務で基本構造計画検討時 考察、略算を習慣づける
④ 講習テキストの見直必要(設計との関連を理解する)
⑤ 過去問題の検討が必要
(2)
法適合
① 日常の業務で基本構造計画時、問題点把握と対策、 設計ルート等を熟慮する
② 修了考査直前には自分の設計物件を整理する
③ 修了考査直前には文字式の展開を練習しておく
④ 試験時間の配分に注意する
(3)
構造設計
(記述)
① 木造、RC造、S造について下記のキーワードを中心に知識を再整理
  • 木造 :必要壁量、4分割法、柱引抜力、床倍率
  • RC造:部材種別、柱梁接合部、せん断設計法、耐力壁スリット
  • S造 :角形鋼管設計法、保有耐力横補剛、ブレース設計法、部材種別
② RC造、S造の許容応力度設定方法や断面算定法再認識
(4)
構造設計
(4枝択一)
① 過去問題の文章を吟味し知識を再整理する
② 過去の計算問題を復習しておく
③ 計算問題の解答は最後に

プレゼント

2020年 構造設計一級建築士 修了考査問題・解答解説集

ご希望の方は下記ボタンよりお申込みください。

プレゼントお申込み

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)