HOME > 講座一覧 > 給水装置工事主任技術者TOP > 合格への道 > 資格・試験ガイド

資格・試験ガイド

資格概要

給水装置工事主任技術者とは?

生活の重要なライフラインを扱う、給水装置工事のプロになる。

給水装置工事主任技術者は、給水装置工事に関する技術上の管理、工事従事者の指導監督、給水装置が構造・材質基準に適合しているかの確認及び、水道事業者との給水装置に関する一定の事項に係る連絡調整を業務として行います。

※「給水装置工事主任技術者試験」は、給水装置工事主任技術者として必要な知識及び技能について問うもので、学科試験1、2の分類で実施されます。この試験に合格し、厚生労働大臣より免状の交付を受けた者が「給水装置工事主任技術者」と称することができます。

資格取得のメリット

水道業界に新規参入可能!

「給水装置工事主任技術者」の国家資格を取得し、一定の基準を満たしていれば指定給水装置工事事業者として新規参入することができます。

営業所における専任技術者!

一般建設業の許可基準のうち管工事業において、給水装置工事主任技術者(免状の交付後、管工事に関して1年以上の実務の経験を有する者)は営業所ごとに置かなければならない専任技術者になることが認められています。

経営審査事項の加点評価!

管工事業において、給水装置工事主任技術者は、一人に付き1点の技術評価で加点対象となりました。(平成13年1月4日以降の経営審査に適用)

『日建学院で資格を取ろう!』 ~給水装置工事主任技術者~

02:24

試験概要

受験資格

  • 給水装置工事に関して3年以上の実務経験を有する者
  • 1・2級管工事施工管理技士に合格した者は、試験科目のうち「給水装置の概要」及び「給水装置施工管理法」(学科試験2)の免除を受けることができます。

※受験資格に関する詳細は、公益社団法人 給水工事技術振興財団にて必ずご確認下さい。

試験内容

公衆衛生概論、水道行政、給水装置工事法、給水装置の構造及び性能、給水装置計画論、給水装置工事事務論、給水装置の概要、給水装置施工管理法

試験形式

4肢択一マークシート方式で、60問出題されます。

実施概要

申込受付期間
書面申込
2021年5月24日(月)~7月2日(金)
ネット申込
2021年5月24日(月)10:00~7月2日(金)17:00
試験日 2021年10月24日(日)
合格発表 2021年11月30日(火)
受験料 16,800円
実施機関 公益財団法人 給水工事技術振興財団
【試験のお問い合わせ先】
TEL:03-6911-2711

試験データ

年度 受験者数 合格者数 合格率
R2年度 11,238 4,889 43.5%
R元年度 13,001 5,960 45.8%
H30年度 13,434 5,066 37.7%
H29年度 14,650 6,406 43.7%
H28年度 14,459 4,875 33.7%

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)