HOME > 講座一覧 > 給水装置工事主任技術者TOP > 合格への道 > 試験のポイント

試験のポイント

ポイント

科目 試験の内容 出題数
公衆衛生概論 水道水の汚染による公衆衛生問題等に関する知識 3問
<学習方法>
水道法の目的を初めに覚えてください。
生活に欠かせない水道水を毎日安全に飲めるのかを考えてみるとスムーズに覚えることができます。
水道行政 水道行政に関する知識
給水装置工事に必要な法令、
供給規程(給水条例)に関する知識
6問
<学習方法>
給水装置工事主任技術者の役割・職務のイメージを初めにつかんでください。水道法の知識も工事のフローのように覚えやすくなります。
給水装置工事法 構造・材質基準に適合した給水装置工事の施工を行うことができる知識 10問
<学習方法>
水道水を衛生的に又安全に飲料してもらうには、分岐工事の始まりから家庭内の給水栓まで色々なルールがあります。流れに沿って整理すると覚えやすいはずです。
給水装置の構造及び性能 給水管及び給水用具が具備すべき性能の基準に関する知識 10問
<学習方法>
安全な水を確保するためには、給水管や給水用具に性能基準があり、この科目は暗記が勝負です。数値を暗記してしまえば簡単に試験で得点できるはずです。
給水装置計画論 給水装置系統の計画策定に必要な知識及び技術に関する知識 6問
計算練習が第1の科目です。でも練習しているうちにどんな問題も計算できることにすぐ気がつきます。給水方式の仕組みは記憶してしまいましょう。
給水装置工事事務論 工事従事者を指導、監督するために必要な知識 5問
水道行政とペアで学習すると学習効果が倍増します。主任技術者の職務を中心に整理して覚えてしまいましょう。
給水装置の概要 給水管及び給水用具に関する一般的な知識
給水装置の工事方法に関する一般的な知識
10問
給水用具と給水管にわけて学習してみてください。それぞれの特徴が整理できて覚えやすいはずです。
給水装置施工管理法 給水装置工事の工程管理、品質管理、安全管理に関する知識、建設業法及び労働安全衛生法に関する知識 10問
工事を受注して依頼された給水装置を工期内に安全に完成する、あなたの施工管理の経験が生かされる科目です。工事の流れとラップして学習してみるとスムーズに覚えられます。

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)