HOME > 講座一覧 > 2級建築施工管理技士TOP > 合格への道 > 令和元年度 2級建築施工管理技士 後期学科試験 合格発表

令和元年度 2級建築施工管理技士 後期学科試験 合格発表

試験結果

受験者数 合格者数 合格者率
令和元年度 9,334人 2,358人 25.3%

令和2年1月24日(金)に令和元年度2級建築施工管理技術検定試験 学科のみ試験(後期)の合格率が発表されました。

全国受験合格率は25.3%の厳しい結果となりました。前期(令和元年度学科試験)の合格率33.3%よりマイナス8.0ポイントでした。
合格基準は、40問中23問以上正解で合格となり、40問中24問以上正解より1問下げられました。

合格者の属性は、大学生の割合が6.7%、専門学校生の割合が34.6%、高校生の割合が35.2%となり、高校生の合格者の割合が一番大きく関心の高さが伺えます。

年齢別については21才未満の割合が69.1%、21~24才の割合が16.8%と24歳以下の割合が全体のおよそ8割を占めています。

技術者の入り口となる「学科のみ試験」の受験者数は増加傾向にあり、学科試験の年2回化が受験者に浸透してきた結果であると思われます。学生であれば就職活動でアピールポイントになり、大きなメリットが考えられます。この好機を活かして、受験を検討することをおすすめします。

後期学科試験の詳細については、下記をご確認ください。

なお、学科・実地試験及び実地試験のみの合格発表は、令和2年1月31日(金)となります。

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)