HOME > 講座一覧 > 1級建築施工管理技士TOP > 合格への道 > 2021年度 1級建築施工管理技士 一次検定 合格発表

2021年度 1級建築施工管理技士 一次検定 合格発表

2021年度 1級建築施工管理技士 一次検定当学院実績 合格者数1112名

  • ※上記合格率には通信講座・WEB講座及び模擬試験のみの受験生は一切含まれておりません。
  • ※日建学院の合格実績には、模擬試験のみの受験生、教材購入者、無料の役務提供者、過去受講生は一切含んでおりません。
  • ※2021年7月20日18時時点での速報値です。
  • ※全国合格者数8,025名

試験結果

受験者数 合格者数 合格率
2021年度 22,277人 8,025人 36.0%
2020年度 22,742人 11,619人 51.1%
対比 -465人 -3,594人 -15.1ポイント

2021年6月13日(日)に実施されました1級建築施工管理技士、「一次検定」の合格率が発表されました。
2020年と比較し、受検者数はマイナス465人の22,277人、合格者数はマイナス3,594人の8,025人、合格率はマイナス15.1ポイントの36.0%という結果となりました。

合格基準点

 合格基準は、「全体得点が60 問中36 問以上正解、施工管理法(応用能力:6 問中3 問以上正解)」の結果となりました。
 「試験の実施状況等を踏まえ、変更する可能性がある。」とあり、施工管理法(応用能力:6 問中4 問以上正解)より、施工管理法(応用能力:6 問中3 問以上正解)」となりました。

総評

 合格された方は、おめでとうございます。新たな国家資格となる「1級建築施工管理技士補」が初めて誕生しました。ここで得た知識を生かし、次なるステップへ臨んでいただければと思います。
 合格者の属性をみると、女性技術者の合格比率が6.6%と過去最大となっており、建築施工管理における女性の進出・活躍が、着実に進んでいるようです。

 二次検定は、2021年10月17日(日)に実施される予定です。過去5年の平均合格率が40.1%と約2.5人に1人しか合格できない難関試験となります。

 記述式の解答では、自分なりの答えを文章で簡単明瞭にまとめる力が求められます。このことを踏まえて、施工経験記述だけではなく、施工経験記述以外の問題の受験対策も大変重要となります。早めの二次検定の準備をお願いします。


一次検定の詳細については、下記をご確認ください。

2020年度 1級建築施工管理技士
二次検定 合格実績

2020年 当学院講座受講生
合格者数

1,276名

合格者の6人1人以上日建学院生でした!

  • ※日建学院の合格実績には、模擬試験のみの受験生、教材購入者、無料の役務提供者、過去受講生は一切含んでおりません。
  • ※2021年6月7日18時時点での速報値です。
  • ※全国合格者数6,898名。

2021年度 1級建築施工管理技士
二次検定 対策講座

  開講日 学習期間・
回数
受講料 概要

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座
  • 一般教育訓練給付金適用
  • 人材開発支援助成金適用

二次本科速修コース

2021年6月下旬
学習期間
約4ヵ月
講座回数
17回
  • 通常 230,000
    (税込 253,000 円)

開く

2ステップ+映像講義と講師による直接指導

品質、工程、環境、施工の合理化など経験記述で出題される項目を確実に習得すると共に、経験記述の範囲は講師による直接添削指導を行います。

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座・Web講座

二次コース

2021年8月下旬~2021年10月中旬
学習期間
約2ヵ月
講座回数
12回
  • 通常 150,000
    (税込 165,000 円)

開く

映像講義で経験記述のコツをマスター

躯体工事、仕上工事、施工管理法、法規、施工経験記述と、試験範囲を網羅した内容で二次試験対策を学びます。

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)