HOME > 講座一覧 > 1級建築士TOP > 合格への道 > 2019年(令和元年)1級建築士 学科試験合格発表

2019年(令和元年)1級建築士 学科試験合格発表

日建学院の合格実績詳細はYouTubeにて発表!!

試験結果

受験者数 合格者数 合格率
25,132人 5,729人 22.8%

合格基準点

学科I
(計画)
学科II
(環境・設備)
学科III
(法規)
学科IV
(構造)
学科V
(施工)
総得点
基準点 11点 11点 16点 16点 13点 97点
  • ※各科目及び総得点の合格基準点すべてに達している者を合格とする。
  • ※なお、合格基準点について、各科目は過半の得点、総得点は概ね90 点程度を基本的な水準として想定していたが、総じて難易度が低かったことから、総得点について、上記合格基準点としている。

総評

合格基準点は、昨年より6点上がり、97点。合格率は22.8%

7月28日(日)に実施された1級建築士学科試験の合格者が発表された。
受験者25,132名、合格者5,729名、合格率は22.8%で昨年より4.5%上がった。
合格基準点は、計画、環境・設備が11/20点、法規、構造が16/30点、施工13/25点、総合97/125点。

  計画(点) 環境設備(点) 法規(点) 構造(点) 施工(点) 総得点(点) 合格率
計画(点)
R元年 11/20 11/20 16/30 16/30 13/25 97/125 22.8%
H30年 11/20 11/20 16/30 16/30 13/25 91/125 18.3%

《試験傾向と難易度分析》標準的な問題の正誤が合否を分けた!

出題傾向は、実務に携わる上での啓蒙的な出題や社会的な重要性の高い分野からの出題となっており、昨年から大きな変りはない。
正答率Aランク(70%以上)の設問が前年より、3問増え48%出題され、正答率Bランク(50%~70%)の設問が、前年より16問増え42%出題された。
容易なAランクの問題、標準的なBランクの問題で確実に得点できたかにより、合否が分かれた。

受験者数、合格者数

  R元年 H30年 H29年 H28年 H27年 H26年
受験者数
(人)
25,132
(746減)
25,878 26,923 26,096 25,804 25,395
合格者数
(人)
5,729
(987増)
4,742 4,946 4,213 4,806 4,653
合格率
(%)
22.8 18.3 18.4 16.1 18.6 18.3

受験者の数は、前年に比べると、746名(2.8%)減少した。また、合格者数は、987名(20.8%)増加した。

《今後の学習方針》標準問題(正答率Bランク50~70%)への対策が合否を分ける!
「学習の質」が問われる試験!

標準問題対策としては、過去の出題内容を単に暗記するのではなく、正しく理解し、その周辺情報まで一歩掘り下げた発展的な学習が求められる。つまり、学習の量だけでなく「学習の質」が問われる試験になっている。

重要なのは、発展的な学習の方向づけだ。無作為に学習範囲を広げても、それは非効率であるだけでなく、出題傾向から逸脱してしまうことにもなりかねない。

専門技術者としての「資格者責任」、「契約者責任」、「社会的責任」が問われる建築士の位置付けから、出題内容は多岐にわたる。実務において求められる内容の啓蒙的な内容が大きな柱になり、各科目横断的に反映されていることに注目しなければならない。

だからこそ、5科目の内容を横断的に整理した効果的な発展学習が必要であり、そのためには、学習の方向付けを明確にすることが重要だ。その「学習の質」が合否を分けることになる。

試験の特徴

試験の方向性、つまり、発展学習の方向付けを示すテーマとは、主に、次の5つに集約することができる。今年の出題問題から、少し具体的な例を示した。

これらを意識した発展的な学習の有無が、今後の試験の合否を大きく分けることになる。

①設計・工事監理に係る啓蒙的な出題
計画
「業務委託契約約款:NO.18」「マネジメント:NO.20」
法規
「建築士法全般:NO.21、22 、23、28」
施工
「監理業務:NO.1」「工事請負契約約款:NO.25」
②社会的重要性の高い「改修・活用・再生」
計画
「都市の再生、まちづくり:NO.10、11」
施工
「改修工事:NO.22、23」
③構造の安全性・品質
法規
「構造計算:NO.11、12,13」
構造
「荷重・外力:NO.7、8」「免震・制震・耐震設計:NO.24、25、26」
施工
「品質管理・試験:NO.7、10、11、14、15、17、18、19、21」「耐震改修工事:NO.22」
④最新の法令・基準
法規
「改正建築基準法:NO.6、14、15、19」
④その他・時事的
環境・設備
「防火・防災、防災設備:NO.5、18」
構造

「免震・制振:NO.24、25、26」

新規項目

計画 「スマートシティ」「アーヘンの宮廷礼拝堂」「サン・カルロ・アッレ・クァットロ・フォンターネ聖堂」「特定天井」「セキュリティレベル」「不審者の侵入防止」「ゲーテッド・コミュニティ」「越屋根」「落着きを取り戻すことのできる小規模な空間」「EVの階数ボタン等の点字表示」「救助を待つための一時待避スペース」「インナーシティ問題」「ブラウンフィールド」「二地域居住」「能楽堂」「シェークスピア劇場」「住田町役場」「群馬県農業技術センター」「海の博物館展示棟」「出雲ドーム」「療養病床の病床数/室」「療養病床の廊下の幅」「ニューヨーク近代美術館」「ロサンゼルス現代美術館」「フォートワース現代美術館」「アスペン美術館」「ECI方式」「コミッショニング」
環境・設備 「カラレーション」「ペリメータレス化」「空調機のウォーミングアップ制御」「セントラルダクト方式」「ブラインドの自動制御」「微気候」「バスタブ曲線」
法規 「小規模な特殊建築物に係る防火区画(異種用途区画)の廃止」「立体道路制度に係る地区計画による建築制限の緩和」「戸建て住宅に係る接道義務緩和の手続きの合理化」「用途地域における田園住居地域の創設」「老人ホーム等の容積率制限の合理化(共用の廊下・階段)」
構造 「あばら筋比の規定の目的」「長方形孔周辺の配筋」「杭の有効重量」「緊張材定着部の設計」「質量・剛性の偏在等によるねじれ変形」「建築物の設計グレード」「複雑な解析モデル」
施工 「品質管理:アースオーガーの駆動用電動機の積分電流値」「土工事:まき出し厚さ」「鉄骨工事:りん酸塩処理」「鉄骨工事:柱の長さの管理許容差」「鉄骨工事:レーザ孔あけ」「木工事:ねこ土台」「防水工事:軽歩行用仕上塗材」「左官工事:発泡合成樹脂板」「タイル工事:セラミックタイル」「試験機器:タッピングマシン」

徹底検証ガイダンス

2019年本試験内容をいち早くチェック!

どこよりも早く今年の試験問題を日建学院が分析します。映像講義を使ってよりわかりやすく!より理解しやすい講義になっています。
何がポイントだったか?何を知っておけばよかったか?など、受験された皆様の問題解消には最適です。是非最寄りの日建学院へお越しください。

日時 2019年8月23日(金)より開催。詳しい日程は最寄りの日建学院(直営校)へお問い合わせください。
場所 日建学院 直営校
全国学校案内
お申込み 各校によって開催日時が異なる場合がございますので、日建学院 直営校にお問い合わせいただきお申込みしてください。

学科試験徹底検証ガイダンス ダイジェスト動画

03:08

学科試験徹底検証ガイダンスの一部を動画にて配信しています。

プレゼント

1級建築士設計製図早期対策課題(1)

新試験対応課題!

本年の課題から想定される設計条件・敷地条件を盛り込んだ早期対策課題。受験者は必見のアイテムです。課題文・参考解答例・記述用紙の3点セット。

1級建築士学科試験解答解説集[令和元年版(2019)]

2019年本試験概要&試験分析表つき!日建学院が長年のノウハウをフル活用し、解りやすくかつ丁寧に紹介。自信を持って提供する学科試験解答解説集です。

お申込み

お薦めの書籍「1級建築士設計製図試験課題対策集2019」

最後の追い込みにはこの1冊で!

  • ●「計画の要点」対策も万全!
  • ●厳選「4課題」付き(原寸大答案例と答案用紙4枚(A2)付き
    ※3課題は、本書オリジナルの課題
  • ●購入者特典!申込者全員に未収録「早期対策課題」とエスキス手順解説「DVD&動画視聴URL』を進呈

購入はこちら Nikken-Mall

お薦めの講座 「設計製図試験対策講座」

コース名 概要

初学者・学習経験者対象

  • 通学講座

設計製図短期コース

学科合格発表からスタートする短期集中コース

学科合格発表後、当年度課題に対し計画・応用・作図等の実力を養成する短期集中コースです。

日建学院コールセンター(フリーコール)

0120243229受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)